影の皇妃|44話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは「影の皇妃」43話のおさらいです。

エレナはラファエルから頼まれ、絵を描くことになります。

彼女が描き上げたのは、一度目の人生で失った我が子イアンの姿でした。

 

エレナは自分の人生を振り返り、技術は凡庸でも魂のこもった絵を完成させます。

ラファエルはエレナの絵を見て、自分に足りなかった気持ちを思い出すきっかけを掴むのでした。

 

ラファエルが描く絵は、これからどんな進化を遂げるのでしょうか。

そしてイアンの存在が、エレナのこれからの計画に関わって来るのでしょうか⁉

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

それでは「影の皇妃」44話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「影の皇妃」44話ネタバレあらすじ

次なる計画に移りだすエレナ。

エレナは侍女のメイを遣いに出し、芸術の巨匠たちを助け“L”の名を認知させました。

これからも定期的に助力をし、借りを作ることで未来に投資をする計画です。

 

エレナは彼らと円滑に交流をするために、外部の助っ人がほしいと考えていました。

そこで、学術院に在籍しているある男に会いに行くことを決めたのです。

 

双方が利益を得られることが、より信頼できる関係を作るためには大事なのよ。

エレナはそんなことを考えながら、その男との初めての出会いを思い出しました。

 

彼女が一度目の人生でその男に出会った時、とても強い衝撃を受けました。

男はエレナが建築家のランドルと会合をする時に、仲介人として現れたのです。

 

「芸術家の彼らに代わって、作品作りに集中できるよう助けるのが私の仕事です。」

男の名はカリフ。彼のアート仲介人という職業はその時代にしてはとても先駆的なものでした。

 

ただ……。今の彼はそんな素振りをみせないほど、女のヒモになるだけの最低な男だけど。

学術院在学中のカリフはまだ働く気がなく、自分の顔を武器に高貴な家の令嬢を口説いて回っていました。

 

エレナの新たな計画は、一早く彼との接点を作りビジネスパートナーになることです。

彼女はルシアに変装すると、学術院にいるカリフの元へ向かうのでした。

スポンサー

カリフに声をかけるエレナ。

カリフは学術院の中庭で、令嬢の膝枕に寝転がっています。

あんな姿だけ見ていても、誠実で信頼のできる男だとは到底言えないわね。

 

しかし、エレナがそんな彼を味方にしたい理由は、“信頼”にありました

彼は没落貴族の出身であり、裕福な家門に婿入りすることを望みます。

 

その望みは叶い結婚をしますが、妻の領地はそこから2年で破産してしまいます。

そこでカリフは何とか生きるために芸術界に足を踏み入れ、巨万の富を手にするのです。

 

また、自分の才能が認められ自由を手にするも、妻をひたむきに愛し続けます。

エレナはカリフのそんな人間性を知っているからこそ、繋がりを持ちたかったのです。

 

当たり前なことに思えても、全てを手に入れたうえで彼女を愛し続けるのは難しいものよ。

ただ、それはあくまで未来のカリフの話です。

 

「花が美しく見えるのは、君という素敵な花が傍にいるからなんだろうね。」

エレナは令嬢に甘い言葉をかけるカリフを見て、心底呆れていました。

 

一旦引き返そうかと悩むエレナでしたが、令嬢は授業の時間が迫りその場を後にします。

「君はいつまでそこにいるの?僕に会いに来たんだよね。」

 

カリフはエレナの存在に気づいており、声をかけました。

エレナは少し動揺しますが、気を取り直すと彼の方向へ歩いていきました。

 

「名札の色からして君は新入生かな。僕に告白でもしにきたのかい?」

「いいえ、違います。……私、先輩と取引がしたくて来たのです。」

 

カリフはエレナの怪しい台詞に、顔をこわばらせるのでした。

エレナはカリフに、事業を一緒に行わないかと勧誘をする。

「取引と言っても、先輩と共にある事業をおこしたいだけなのです。」

カリフは初対面で取引を持ち掛けるエレナにたじろぎながらも、丁寧に断ります。

 

「僕には事業をおこすお金なんてないよ。他をあたってくれないか。」

エレナはカリフを知ったうえで誘っているとして、芸術界の話題をだします。

 

「私個人に資産がありまして、それを芸術事業に投資がしたいのです。」

するとカリフは、「美術商になるために一番必要なものは、お金でなく人脈だ」と返しました。

 

有名な画家や彫刻家は、お金だけで動くことはありません。

また、買う側の貴族やコレクターも、誰かれ構わず会う人達ではないのです。

 

「付き合いや取引のある美術商じゃないと請け負ってくれるわけがない。君には無理だよ。」

 

エレナはカリフの芸術事業への知識に感心します。

そして、誠実さや経営感覚も含め、事業の適任者は彼だとより一層強く思うのです。

 

「私、人脈ならあるんです。聞いたら驚くくらいの人脈が。」

カリフはエレナを馬鹿にした様子で、そこら辺の使用人や貴族では話にならないと挑発します。

 

「決まっているじゃないですか。記念すべき一番目の客は、大公家ですよ。」

自信ありげなエレナの言葉に、カリフは大きく目を見開くのです。

 

ここまでが「影の皇妃」44話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「影の皇妃」44話の感想や見どころ

「影の皇妃」44話の見どころは、新しく登場する未来の美術商カリフです。

エレナは権力を広く持つために、芸術界に造詣の深いカリフに近づきます。

 

彼の才能はまだ花開いてはいませんが、エレナの話を少し聞いただけで警告をするなど、知識や面倒見の良さはあるようです。

大公家と言うビッグネームを出したエレナは、ここからどのようにカリフを落とすのでしょうか⁉

 

「影の皇妃」45話もとても楽しみです‼

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「影の皇妃」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー