影の皇妃|45話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは「影の皇妃」44話のおさらいです。

 

ルシアに変装したエレナは学術院にいる先輩のカリフへ、取引を持ちかけました。

カリフは芸術への造詣が深く、未来の美術商として活躍する才能を持っているのです。

 

エレナはカリフとビジネスパートナーになり、大公家と商談をしないかと誘います。

大公家というビッグネームに驚くカリフでしたが、その顔は険しさを残したままです。

 

果してエレナはカリフを口説き落とし、彼に取り入ることができるのでしょうか⁉

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

それでは「影の皇妃」45話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「影の皇妃」45話ネタバレあらすじ

カリフに大公家との商談を提案するエレナ。

「私、人脈ならあるんです。ベロニカ公女殿下とは以前から親交がありまして……。」

国を治める大公家という名に、カリフは驚きのけぞりました。

 

彼はエレナがベロニカ公女の替え玉であることはもちろん知りません

しかも今はルシアに変装していますから、ただの新入生の言うことがとても信じられなかったのです。

 

「ベロニカ公女は私が仲介した美術商とだけ話がしたいと言っています。」

「冗談はやめてくれ‼誰がそんな嘘を信じるとでも?」

 

話を聞こうとしないカリフに、エレナはあるものを見せました。

彼女の手には、とても豪華な鷲の紋章が刻まれたブローチが握られています。

 

「このブローチはベロニカ公女から頂いた品物です。」

ブローチを手に取ったカリフは、その職人魂が感じられる高尚なデザインに目を見張ります。

 

これは確かに、大公家の人間でない限り手に入れることができない貴重品だ。

口をポカンと開けているカリフに、エレナは得意げな表情でこう言うのでした。

 

「これで信じていただけました?……私と、取引したくありませんか?」

スポンサー

エレナはカリフに大公家との取引の詳細を語る。

エレナとカリフは場所を変え、学術院の図書館にやって来ます。

そこで、大公家との商談の内容を詳しく話すことにしたのです。

 

エレナは中堅画家の作品を安く買い、ベロニカ公女に売りつけるようカリフに言いました。

カリフは大公家相手に、そんな詐欺行為を働いていいのかと疑問に思います。

 

「いいえ。まだ芸術界に注目されていないだけで、下手なものではありませんから。」

 

エレナは芸術の価値は有力者からの支援や入札された価格で決まるのだと話します。

ベロニカ公女が集めた作品だというだけで、売れない画家も一瞬にして世間が注目するのです。

 

「画家の評判が上がれば相対的に作品の価値もあがります。公女にとっても悪い話でないのです。」

カリフはエレナの話に納得し、何も言い返すことができませんでした。

 

さらにエレナの目的は、これをきっかけに“大公家が独占する金を巻き上げること”でした。

芸術作品と言うのは、時の経過と共に価格があがります。

 

しかし、いずれこの帝国には革新的な芸術家たちが現れ今の芸術が衰退するのです。

エレナはそれを踏まえたうえで、価値の下がる芸術品を高額で買い取ってもらおうとしています。

 

そうすれば高値で買った芸術品は廃れ、大公家は大きな損害を被るでしょう。

こうしてエレナの目的は秘密に進行しながら、カリフの協力を得ることができました。

 

「少し気になったんだけど、この書類の“L”という文字はなんなの?」

共同事業を始めるための書類に、エレナの名前はなくLという文字だけが書かれてありました。

 

エレナは素性を隠しているため、家族にばれないよう偽名を使っていると誤魔化します。

「そういうことは教えてくれよ。仮にも“共同事業者”なんだから。」

 

カリフはそう言って笑うと、画家と会う約束があるといってその場を去ったのです。

皇太子と再会するエレナ。

エレナはカリフの人柄を評価しており、ある程度信用はできると感じていました。

今はまだ未熟な若者ですが、経験を積ませていずれは全てを任せるつもりです。

 

聡明な人だから、私の助力がなくとも十分活躍できるはずよ。

彼女は広い図書館の本棚から、「神聖フェリシア帝国」という題名の本を見つけます。

 

フェリシア大国は、大陸全域を支配していた古代最大の帝国です。

エレナは大陸の歴史を知ることで、これからの未来に備える知識をつけようと考えたのです。

 

今後起こる芸術の進化によって、人々を新しい思想と学問に目覚めさせるの。

エレナは横暴を働く大公家のような特権階級に対抗できる人材を求めていました。

 

彼らと戦うために、自らの手で人々を導き、革命を起こすつもりなのです。

時代の流れには逆らえないけど、それに寄り添い私のものにすればいい。

 

「……新時代の女性として独立し、大公家を破滅の道へと導くのよ。」

決意を固めたエレナは、大量の本を積んで机へ向かいます。

 

すると本を机に下ろしたエレナに、誰かが声をかけました。

「また君か、久しぶりだね。」

 

エレナは振り向いて相手を見ると、驚愕しました。

机の向こうには自身のトラウマにもなっている皇太子が,座ってこちらを見ていたのです。

 

ここまでが「影の皇妃」45話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「影の皇妃」45話の感想や見どころ

「影の皇妃」45話の見どころは、大公家を破滅させるための計画をすすめるエレナです。

彼女はカリフを説得し、美術商として関わりをもってもらう約束を交わしました。

 

新しい時代にむけて着々と準備をしていくエレナは、とてもしたたかな人間だと思いました。

そして、やってきた図書館で皇太子と遭遇してしまいます。

 

エレナは彼にトラウマがあり、以前会った時には過呼吸を起こしていました。

思わぬ接触に、エレナはどう対応していくのでしょうか⁉

 

「影の皇妃」46話もとても楽しみです‼

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「影の皇妃」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー