影の皇妃|46話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは「影の皇妃」45話のおさらいです。

 

ルシアに変装したエレナは将来凄腕の美術商となるカリフと手を組み、大公家と取引をしてくれないかと頼みます。

いずれ価値がなくなる美術品を売ることで、大公家の資産を奪うことが目的でした。

 

なんとか話をつけた彼女は、学術院の図書室で皇太子に出会います。

エレナは以前皇太子にトラウマがあり、以前会ったときは目眩を起こして倒れるほどでした。

 

果たしてエレナは、トラウマを乗り越えて皇太子とまともに会話することができるのでしょうか⁉️

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

それでは「影の皇妃」46話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「影の皇妃」46話ネタバレあらすじ

皇太子に緊張するエレナ。

皇太子は以前のことを気にする様子もなく、体調は治ったのか心配しました。

 

エレナは彼の気遣いに驚きます。

なぜなら、前の人生で彼はそのような優しさを一度も見せることがなかったからです。

 

エレナは「心配をかけて申し訳ございません。」と皇太子に謝りました。

そしてすぐさま去ろうとするエレナに、彼はこんなことを尋ねたのです。

 

「持っている本は歴史ものばかりのようだけど、歴史に興味があるのかい?」

聞かれたエレナは、自分が変装しているルシアとして、考古学部に在籍していることを伝えました。

 

皇太子はさらに、その本が過去に世界を支配していた神聖帝国のものであることに気づきます。

そして、その本を選んだ理由をエレナに聞きました。

 

エレナは気になっただけだと言い淀みますが、皇太子の視線がそれを許しません。

根負けした彼女は急いで頭を働かせ、神聖帝国の本をとった理由を語るのです。

 

「かつて隆盛を極めていたといわれる、神聖帝国の人々の営みに大変興味があったのです。」

エレナの優等生のような回答に、皇太子は「そうか。」と一言返事をするだけでした。

スポンサー

皇太子が読んでいた書物の内容。

エレナはほっと一息ついた後に、今度は皇太子が読んでいる本の内容を確認しました。

 

“支配者は人を従わせるために、時として恐れられることも必要である。”

彼の読んでいるページには、こんな内容が書かれてあります。

 

これは“君主論”と呼ばれる書物の一節です。

エレナは皇太子が前の人生からずっと、絶対権力を持つ君主に憧れていたことを思い出します。

 

今の皇族は、昔と比べて権威を失いつつありました。

大公家を中心とした4大名家が勢力を伸ばし、絶大な権力で皇室を圧倒したのです。

 

貴族の弱体化を狙った先代の皇帝は退位に追い込まれ、現皇帝であるリチャードが後を継ぎました。

そして彼は今貴族の顔色を伺わざるを得ない、屈辱的な立場にあります。

 

エレナの前にいる皇太子は現在、身内からの皇室再興への期待を一心に背負っています。

それゆえに誰よりも力のある君主になりたいと願っていました。

 

殿下は私にも計り知れない負担や孤独を抱えて、ずっと一人で戦ってきたんでしょう。

 

エレナは彼の人生に同情しながらも、許すことができませんでした。

彼女の頭には、蔑ろにされた我が子イアンの姿が浮かんでいたのです。

 

考えてはダメ。早くここを立ち去りましょう。

気持ちを切り替えたエレナは、席を変えようと椅子から立ち上がりました。

 

「どこに行くんだ。わざわざ場所を変える必要はないだろう。」

しかし皇太子は、もう邪魔はしないといいながら、エレナに座るよう命じたのです。

 

エレナが皇太子の迷惑になってしまうと謙遜しますが、彼は不機嫌そうにこちらをみています。

……そうよ。これから何度も会うかもしれないし、今のうちに慣れないと。

 

エレナは気まずい沈黙に耐えながら、腰を下ろします。

こうして二人は、何を話すでもなく緊張感を持ちながら読書を続けるのでした。

 

しばらく時間が経ち、図書室には夕日が差し込み暖かい光が机を照らしています。

 

エレナが本を読み終わると、逃げるように部屋を出ていきます。

皇太子は去っていくエレナを一目見ますが、止めることはありません。

 

彼はエレナが座っていた席を、感情のない目で見ていました。

ラファエルのアトリエを訪れるセリシア。

「お疲れ様、ラファエル。」

場面は代わり、後々皇后であるセリシアがラファエルの書斎を訪れていました。

 

セリシアは揚々と挨拶をしますが、ラファエルは考え込んだ様子で座っています。

彼女が声をかけたところで、ようやく存在に気がつきました。

 

「いつの間に来たんだセリシア。」

「どうしたの黙っちゃって……。あ、まだ見てたのね。」

 

ラファエルの正面には、エレナが描いたイアンの肖像画があったのです。

 

「……ああ。ずっと見ていたよ。」

ラファエルは愛おしそうな顔をしながら、キャンバスで笑うイアンいつまでも見つめているのでした。

 

ここまでが「影の皇妃」46話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「影の皇妃」46話の感想や見どころ

「影の皇妃」46話の見どころは、勇気を出して皇太子と話をするエレナです。

 

エレナは過去の記憶から皇太子のことを苦手としていましたが、彼はまだそんな様子を見せません。

エレナの体調を気遣っていることからも、無口ですが優しい面が見えています。

 

ベロニカ令嬢として生きるエレナと接することで、彼が豹変してしまうことがあるのでしょうか?

エレナと皇太子の確執が気になりますが、全てが判明するのは先の話になりそうです。

 

「影の皇妃」47話もとても楽しみです‼

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「影の皇妃」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー