影の皇妃|50話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは「影の皇妃」49話のおさらいです。

 

エレナはラファエルのアトリエに行き、彼がまだスランプ状態にあることを問題視します。

そして彼に絵の先生になってもらうことで、自分の問題に向き合ってもらう作戦を企てました。

 

二人が約束を交わした後、アトリエには皇太子が突然来訪します。

皇太子はエレナが描いたイアンの絵を見て、なぜか懐かしい気分になるのでした。

 

イアンは一度目の人生で、エレナと皇太子の間にできた息子です。

彼女の絵を見たことで、皇太子に何か心境の変化があるのでしょうか?

 

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

それでは「影の皇妃」50話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「影の皇妃」50話ネタバレあらすじ

エレナに絵を送りつけられたリブ。

エレナはカリフから買い取った多数の絵画を、リアブリック(リブ)に送っていました。

絵と一緒に添えられた手紙には、こんな内容が書かれてありました。

 

近いうちに絵の価値は上がります。ですから、私の代わりにお金を支払ってくれませんか?”

 

手紙を読み終えたリブは、怒りに身を任せて手紙を握りしめました。

こんな勝手なことで支出が増えれば、後で大変なことになるじゃない。

 

彼女の考えとしては、学術院という閉鎖的な空間で多少のお金を使うことは仕方がないと思っています。

しかし、それが卒業した後や、今後も続いていくとなっては話が違います。

 

彼女にこのまま奔放にお金を遣わせてしまっては、抑えるのは容易でないと危機感を覚えたのです。

 

エレナだけじゃなく、全ての貴族たちを抑え込む対策を考えないと……‼

リブはこの出来事をきっかけに、貴族や皇帝までにも及ぶ作戦を考えることを決意したのです。

スポンサー

リブは大公家に美術鑑定士を呼ぶ。

リブはエレナの持ち込んだ絵を、美術鑑定士にみてもらいます。

鑑定士どれも突出したものはないが、どれも優れた作品だという評価をくだしました。

 

「まだ無名の作家達の作品ですが、画風や技法には非の打ち所がないといっていいでしょう。」

続けて、多少高額であっても、時間が立てば価値が上昇すると予想しました。

 

「その話は本当ですか?」

「ええ。これは初めて買い取ったとは思えないほど、いい作品ですよ。」

 

鑑定士はエレナの芸術的な見識は桁違いだとベタ褒めです。

リブは全ての話を聞くと、フッと鼻を鳴らしほくそ笑みました。

 

何よ、あんな女でもたまには役に立つじゃない。運が味方をしたのかしらね。

彼女はほっと胸をなでおろすと、しばらくは様子見してみようと思い立ちます。

 

エレナの才能が本物なら、なりすましているベロニカ公女の評判も必然的にあがります。

それがもしまぐれなら、その時点で即刻売買を禁止させようと考えたのです。

 

リブの手元には、家臣から渡された公女の行動が記録された手紙がありました。

あなたは私の手のうちにあるってこと、忘れないでほしいわ。

再びアトリエで皇太子に出くわすエレナ。

エレナはルシアに変装し、ラファエルに絵を教えてもらおうとアトリエに行きました。

しかしアトリエは空っぽ。誰もいないようです。

 

彼女は待つことにして、部屋の整理を始めます。

彼の支えになりたいのに、なかなか難しい。……私の計画のためにも頑張ってもらわないとね。

 

悩んでいる最中、扉が開く音がしました。

ラファエルだと思い笑顔で振り向いたエレナの顔は、次の瞬間に凍り付きます。

 

「……君はよくここに来るんだね。」

彼女が恐れている皇太子の姿がそこにはありました。

 

エレナは一瞬眉をひそめますが、気取られないように笑顔を作ります。

「セリシア先輩ならいませんよ。しばらく来てないですし……。」

 

しかし、彼の口からは驚く言葉が発せられたのです。

「何を言っているんだ?私が会いに来たのは、セリシアじゃなくて君だよ。」

 

エレナは驚き理由を聞きますが、皇太子は答えてくれません。

やかんのお湯が吹きこぼれ、エレナは慌てて紅茶の準備を始めました。

 

「殿下、今からお茶を入れますから少々お待ちください。」

皇太子をもてなすエレナは、この状況に皮肉めいたものを感じます。

 

かつて皇妃だった頃のエレナは、お茶が好きな皇太子に振り向いてもらうため作法を習いました。

社交界では好評でも、私を嫌いな皇帝は見向きもしなかったのに……。

 

こうして二度目の人生で、赤の他人としてようやく飲んでもらえたのです。

皇太子はエレナの作った紅茶を一口飲むなり、感嘆の声を漏らします。

 

「これほどまでに深みのある紅茶は初めてだ。……もっと頂けるか。」

彼はエレナをまっすぐと見つめ、一緒に飲もうと誘います。

 

エレナは皇太子の誘いに目を丸くし、緊張と驚きに息を飲むのでした。

ここまでが「影の皇妃」50話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「影の皇妃」50話の感想や見どころ

「影の皇妃」50話の見どころは、距離を縮めるエレナと皇太子です。

エレナは前に皇太子と会った時から、立て続けに褒められて動揺しっぱなしですね。

 

ルシアに変装しているとはいえ、二人の過去を思うと今のこの奇妙な関係に戸惑うのは仕方がないと思います。

彼からお茶に誘われたエレナは、どんな言葉を返すのでしょうか?

 

「影の皇妃」51話もとても楽しみです‼

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「影の皇妃」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー