影の皇妃|53話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは「影の皇妃」52話のおさらいです。

 

レンに詰められて困っていたエレナを、皇太子は身を挺して守りました。

皇太子はエレナに「どうしても君のことが気になってしまう」と、本心を打ち明けるのでした。

 

一方でレンは、校舎を周りエレナが変装しているルシアの素性を調べ始めます。

彼は新入生の話を聞き、ルシアが学校で一度も授業をうけていないことを知るのでした。

 

レンは“ルシアの正体が幽霊かもしれない”と、彼女にますます興味を深めます。

エレナは、彼の追跡から逃れることができるのでしょうか?

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

それでは「影の皇妃」53話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「影の皇妃」53話ネタバレあらすじ

エレナはカリフに“アート仲介人”として働くことを勧める。

皇太子との一件がすみ、エレナはカリフと図書館に集まっていました。

しかしエレナはどこか上の空で、皇太子のことばかりを考えてしまいます。

 

「どうしたのルシア?考え事でもしているの?」

カリフの言葉にようやく我に返ったエレナは、謝ってから話をすすめます。

 

エレナはカリフに“アート仲介人”として働かないかと提案をします。

芸術家達の経営を肩代わりすることで、創作に専念する環境をつくろうというのです。

 

「これが上手くいけば、帝国の文化を復興する先駆けとなることができるかと。」

カリフはアート仲介人という言葉と内容に、とても心が惹かれる思いをしました。

 

「いい響きじゃないか。覚えやすいし、内容も申し分ない。」

 

今までの美術商は、芸術家たちの売買の代行だけを行っていました。

彼はエレナの提案する奇抜なアイデアに、賛同を示しつつも嫉妬のような感情を覚えます。

 

「芸術家の創作活動を助けるために、僕も見識を広げて沢山の知識を身につけないとね。」

エレナは褒めながらも、悔しそうに手を握るカリフを見逃しませんでした。

 

そして、心の中でカリフに“申し訳ないことをしてしまった”と謝ります。

それもそのはず、“アート仲介人”という職業は、一度目の人生でカリフ自身が生み出した職業だったからです。

 

私が奪うような形になってごめんなさい。……でも、どうしても時間がないの。

エレナはこの仕事にはカリフの力が必要なのだと、助けを請いました。

 

そして、彼の力になれるようにとある人物を紹介することにしたのです。

スポンサー

エレナが頼りにする、建築家のランドル・レイヴの正体。

「先輩が新たな一歩を踏み出せるように、ランドル・レイヴという人物を紹介します。」

エレナの言うランドル・レイヴとは、彼女が知る中でもっとも有名な建築家です。

 

前の人生では、カリフの最初の客であり、後にかけがえのない友人となりました。

「“Lの紹介で来た”といえば受け入れてくれます。先輩に任せてもいいですか?」

 

カリフは紹介だけして終わりなのかと、呆れたような視線を向けました。

しかしエレナは、自分もこれ以上は彼のことが分からないのだと返しました。

 

「彼の才能だけは確実です。今世紀一番の建築家になれるかは、先輩の腕次第です。」

 

エレナは自分が介入しすぎることで、この世界や未来に与える影響を心配していました。

そのためお膳立てはするものの、できるだけカリフに全てを任せたかったのです。

 

エレナの激励に、カリフはしばらく頭を悩ませた後に、立ち上がります。

「……頑張ってみるよ、君がここまでしてくれたなら。」

 

決意をしたカリフの力強い言葉に、エレナも嬉しそうに笑いました。

こうして二人は、芸術界で成果を上げるための次の作戦にうつったのです。

学術院で一人歩いていたエレナを呼び止める声。

カリフと話し終えたエレナは、学術院を一人で歩いていました。

すると、向かいの道から女生徒たちが数名近づいてきます。

 

「ちょっとあなた、私達と少しお話しましょうよ。」

エレナはそうして声をかけてきた彼女たちに見覚えがありました。

 

社交界でアヴェラ令嬢の取り巻きをし、冷たい目でこちらをみていたミチェルだったのです。

……そういえば、アヴェラは皇太子に片思い中だったかしら。

 

前に皇太子と二人で歩いていた所を、彼女に見つかっていたのです。

エレナは厄介なことに巻き込まれたとため息をつきながら、重たい足で彼女たちについて行きました。

 

ミチェルは校舎の裏にある一目のつかない場所に、エレナを連れて行きます。

「新入生が殿下に話しかけられたからって、調子にのらないでよ。」

 

ミチェルとその取り巻きは、寄ってたかってエレナに罵詈雑言を浴びせます。

しかしエレナは抵抗することもなく、ミチェルの事を睨みました。

 

「新入生一人脅すのに、そんなに数が必要ですか?随分と幼稚なんですね。」

 

エレナは、そんなことをしてもアヴェラの為にはならないと落ち着き払って言いました。

それを聞いたアヴェラは、不快感をあらわにして腕を振り上げたのです。

 

「ふざけないでよ、新入生がアヴェラの名を口にするなんて!」

「手どけろよ。そいつは俺の女だから。」

 

ミチェルの手が止まり、その馴染みのある声に恐る恐る振り向きました。

そこにはレンが、壁にもたれかかりながらこちらを睨んでいたのです。

 

「聞こえないのか?俺のだから、そいつから離れてここから失せろよ。」

ここまでが「影の皇妃」53話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「影の皇妃」53話の感想や見どころ

「影の皇妃」53話の見どころは、次の作戦に決意を固めるカリフです。

本来なら学術院の卒業後にカリフがするはずだった出来事を、エレナが手を回して導きました。

 

それだけカリフの重圧はあるでしょうが、彼が成長するきっかけでもあります。

ランドル・レイブへの訪問を成功させて、アート仲介人としての第一歩を踏み出してほしいですね。

「影の皇妃」54話もとても楽しみです‼

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「影の皇妃」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー