影の皇妃|54話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは「影の皇妃」53話のおさらいです。

 

ルシアに変装したエレナは、舞踏会で一度会っていた先輩のミチェルに呼ばれます。

彼女に皇太子と二人で歩いていたところを見つかり、目をつけられてしまったのでした。

 

エレナはアヴェラ令嬢の取り巻きであるミチェルを相手にせず、啖呵を切ります。

さらにはそんなエレナに加勢をするように、レンが姿を現すでした。

 

レンは一体、なんの目的でやってきたのでしょうか?

そして、彼をみたミチェルとエレナはどんな反応を見せるのでしょうか?

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

それでは「影の皇妃」54話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「影の皇妃」54話ネタバレあらすじ

ミチェルと敵対するレン。

「聞こえないのか?そいつは俺の女だ。さっさと諦めてここを去れ。」

レンは鋭い目つきでミチェルを睨むと、そう言い放ちました。

 

ミチェルは何か言いたげな顔をして黙っていました。

しかし、痺れを切らしたレンは、さらに威圧的な態度を強めます。

 

「…分かっています。ここを去ればいいのでしょう。」

レンの雰囲気に圧されたのか、ようやく彼女は諦めて去っていきました。

 

ミチェルとその取り巻きが姿を消すと、レンが薄ら笑いを浮かべながら近づいてきます。

「敵が多くて困るな」と冗談を言いますが、エレナはクスリともしませんでした。

 

「わざわざ助けてやったのに、礼もなしか?」

「私だけでも追い払えたのに…。助けてなんて言っていません。」

 

この前の仕返しだとばかりに、エレナはレンに対して反抗しました。

何のために来たのかエレナが問うと、レンはこんなことを言います。

 

「お前に一つだけ聞きたいことがあったんだ。…お前、もしかして幽霊か何かか?」

スポンサー

レンはエレナの正体を疑う。

エレナはレンの唐突な発言に、呆気に取られます。

するとレンは、学術院で生徒たちに聞き回ったことを説明しました。

 

エレナが変装しているルシアは、持病のために学術院を休み続けていました。

そのため学術院の生徒たちは、ルシアと授業を受けるどころか、見たことすらありませんでした。

 

「在学しているはずなのに、お前の存在を証明するものがない。だから本物のルシアじゃないと思ってな。」

 

エレナはレンが学術院を周到に探し回っていたことに動揺します。

…ここで取り乱さないで。ルシアじゃないと分かっても、ベロニカであることには気づいていないわ。

 

少し間をおくと、エレナは自分の胸ポケットから学生証を取り出しました。

そこには、ルシアの名前と写真がしっかりと載っています。

 

「ふん。学生証なんていくらでも作れるもの、信用ならないな。」

レンは学生証を調べようともせず、エレナを食事に誘いました。

 

「4日後に飯でも食わないか?お前には返してもらう借りが沢山ある。」

エレナは嫌な気持ちがあっても、レンが実力行使に出かねないこともあり断れませんでした。

 

「それがレディーに対する誘い方ですか?どれだけあなたが不躾なのか、当日楽しみにしていますわ。」

こうして嫌々ながらも、二人は食事をする約束をしてしまったのです。

レンとの約束に焦るエレナ。

その夜、エレナは自分の部屋で考え込んでいました。

 

レンは私を陥れようとしているだけだ。食事を楽しむ気なんて全くない。

エレナはレンの罠に気づいていても、食事に行かなければいけない状況に焦っていました。

 

彼女がここからルシアの変装をやめれば、余計な問題は起こさずにすみます。

しかし、そうするとエレナの作戦は進めにくくなり、今まで関わってきたカリフとラファエルの成長も遅れてしまいます

 

私の計画に支障を出さないためにも、何としてでも正体がバレてはいけないのよ…。

エレナはそう奮起すると、ぎゅっと手を握りしめるのでした。

スポンサー

レンは食事の席で、ある人物を呼び出す。

場面は代わり、豪勢な食事を前にエレナとレンは対峙していました。

エレナはもちろん、ルシアの格好をして座っています。

 

学術院の外で、こいつと顔を合わせるなんてね…。

エレナの緊張は大きく、早く話を終わらせようと切り出しました。

 

「まあ待てよ。ここの飯は美味いんだから、ゆっくり食わせろって。」

「私は、先輩と食事がしたくて来たんじゃありません!」

 

耐えられないとばかりにそう言ったエレナを見て、レンは笑うとある人物を呼びだしました。

部屋の向こうから、髭を生やした男性が静かにやって来ます。

 

エレナは全く見覚えのないその人物に、頭を働かせて考え込んでしまいます。

「どうした?初対面なわけないだろうに、挨拶もしないのか?」

 

レンは黙りこくるエレナを楽しそうに見つめ、嫌味を言いました。

だめ、考えるのよ…。この人が一体誰なのかを…。

 

混乱するエレナを前に、男は静かにこちらを見つめているのでした。

ここまでが「影の皇妃」54話のネタバレあらすじです!

ピッコマ漫画「影の皇妃」54話の感想や見どころ

「影の皇妃」54話の見どころは、エレナに罠を仕掛けるレンです。

要注意人物としていたレンが、ついに動き始めました。

 

今までのエレナの躍進が嘘のように、食事の席で追い詰められてしまいます。

呼び出した男性が一体誰なのかとても気になりますね。

 

この絶体絶命の状況を、エレナはどう乗り越えていくのでしょうか⁉︎

「影の皇妃」55話もとても楽しみです‼

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「影の皇妃」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー