潰れる家門を生かしてみます|18話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「潰れる家門を生かしてみます」17話のおさらいからです。

 

テラ離れの侍従ニルスを呼び、新しい指示を出しました。

ニルスはテラの言いつけに従い、ふたたびカイル・アムール皇子をたずねて、彼の興味を煽って話を伝えたのです。

 

バーナードの弟子ピーターの話を聞かされたカイル・アムール皇子は、ニルスに他の伝達事項も伝えるように言ったのです…。

 

\全話あらすじはこちら/
「潰れる家門を生かしてみます」
あらすじリスト

 

それでは、「潰れる家門を生かしてみます」18話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」18話ネタバレあらすじ

テラの伝言

ニルスはテラにかわり、カイル・アムール皇子に時間を割いてもらった感謝を告げました。

彼は「1つを失って3つのことを得ることができた」と言います。

手に入れたものとは、自分の味方、そして今の自分についての気づき、そして最後に手本とすべき相手だと言うのです。

 

ニルスはさらに、テラの言葉を伝えました。

 

「私は見た目もこの通りで、至らぬ部分も多い未熟者ですが、どうか見守ってください」

しかし、カイル・アムール皇子は、テラの見た目には頓着していない様子です。

 

思わぬ反応に、ニルスは戸惑いましたが、カイル・アムール皇子は先を続けるように促しました。

 

「次は宮でお会いすることになるでしょう」

「その時に私の話に興味を持っていただけたなら殿下へ機会を差し上げましょう」

「機会を得ようと考えならば私にきっかり206ゴールドをお渡しください」

 

「それでは行政官試験三次面接後にお目にかかります」

 

テラの話は、これで終わりでした。

カイル・アムール皇子は、テラからのずいぶん上から目線な伝言に驚くばかり。

そして、カイル・アムール皇子はニルスに、テラへの伝言を託すことにしました。

 

それにテラと同様に「口調をそっくり真似て」という指示でした。

 

スポンサー

暗喩されていた意味

部下のニックは、カイル・アムール皇子にテラの話の意味をたずねました。

しかしカイル・アムール皇子は、「少しは自分の力で答えを見つけ出したいと思わないのか」と呆れ顔。

 

ニックは、自分の頭で考える気は、さらさらないようです。

 

カイル・アムール皇子は、あきらめて、彼に説明をすることにしました。

 

話の中の子どもたちのボスはカイル・アムール皇子を意味しています。

そして、ピーターはテラのことだとカイル・アムール皇子はわかりました。

 

話の意味は、諦めることなく自身を証明し続けてみせるということでしょう。

 

煩雑な例え話で通じ合うふたりに、ニックは呆れました。

そして最終的にはどうなるというのか、さらに続きを催促したのです。

 

カイル・アムール皇子はニックの理解力のなさに逆についていけませんでした。

 

カイル・アムール皇子はニックのためにさらに説明しました。

「自分の力を証明してみせ、自分を使う機会を俺に与えると、令嬢は言っているのだ」

「そしてその対価として206ゴールドと言う珍妙な金額を要求した」と…。

 

ニックは、そのように単純な話回りくどく言う意味が分かりませんでしたが、カイル・アムール皇子はその意味を理解していました。

テラからすると、このような暗喩を駆使できるという、自分の能力のアピールでもあるのです。

 

さらばエリオス邸

翌朝、カイル・アムール皇子はエリオス家を去りました。

潜伏チームには、今後テラに関する内容は全て報告するように、との条件つきです。

 

ニックは承知しましたが、彼はあることが気になっていました。

 

ニックはテラに、見覚えがあったのです。

カイル・アムール皇子は「お前もそう思っていたのか」と言いました。

そして、あったことはないはずなのにと訝しむニックに、よく見張って見ればわかるだろうと諫めたのです。

 

そして行政官試験の3時面接の面接官を自ら引き受けることにしました。

 

カイル・アムール皇子は驚くニックに

「証明する機会をやろうじゃないか」

「それに鼻っ柱をへし折られることを、望んでいるのならば、それにも応じてやらなければな」

と笑顔を向けたのです。

スポンサー

カイル・アムール皇子の返答

エリオス家では執事と子どもたちが話をしていました。

 

4番目の子供ローガン・エリオスは、学校の用事で参加できず、アンドレ・ピットの課題は次回から提出することになったのです。

減点対象にならないことを知った次男ジェイソン・エリオスは不公平だと憤りました。

 

同席しながら、テラは離れの侍従のニルスの伝言を思い出していました。

 

「ボスに従う子供たちは大勢いるが」

「金の斧でも銀の斧でもない、ただの木の斧を頼りに闘う子供からの機会なんぞ、この俺が欲しがるとでも」

ニルスはカイル・アムール皇子の様子を忠実に再現して鼻を鳴らしました。

 

このように伝えるようにとの厳命だったのです。

 

ニルスは怒っているテラの反応に怖がりながらも先を続けます。

「だが俺は寛大だからな」

「1ゴールドが、206ゴールドの値打ちを持ったとき、お前がくれると言う機会を、喜んで受けよう」

 

「ところで」

 

離れでの気絶は計算してのことだったのか」

 

 

テラが、そんなわけないだろうとイライラしていたところに、ロイド・エリオス伯爵アンドレ・ピットが入室しました。

 

宿題の答えは

ロイド・エリオス伯爵は子どもたちに「禁酒令を餌にワイン密輸を企てた詐欺師」アントン公爵獄中で自殺したことを告げました。

そして、アンドレ・ピットは宿題の答えを促したのです。

 

最初の答えは、次男ジェイソン・エリオスからです。

 

彼の答えは「内偵」

根拠は考えるまでもないといいました。

 

次の答えは長女クロエ・エリオスですが、彼女は最後に回答することを望んだのです。

 

そしてテラが指名されました。

テラは考えを巡らせます。

 

カイル・アムール皇子は確かに警告だと言いました。

 

それはつまり、エリオス家の中に彼と対立する者がいるということだけど、それはこの場で発表することはカイル・アムール皇子に対する裏切りになってしまいます。

テラは評価は諦め「分かりません」という回答を選びました。

 

アンドレ・ピットは何かを感じて「対面を行ったと聞いたけれど?」と彼女を促しました。

 

会ってすらもらえなかった他の子どもたちに、緊張が走ります。

しかしテラは何も調べられなかったと言い張ったのです。

 

次は末娘のアリア・エリオスの番。

 

彼女は自身の妄想から勝手に解釈し、妃となる相手を探しにきたと答えました。

根拠は、エリオス家の女性たちは1人を除いてとても美しいから…と。

 

アンドレ・ピットは受け合わず、笑って流しました。

 

そして最後に後回しにしていた長女クロエ・エリオスに回答を促します。

テラは対面もしていない彼女が、どうやって調べたのか。訝しく思ったのです。

 

 

「潰れる家門を生かしてみます」18話ネタバレあらすじはここまでです。

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」18話の感想や見どころ

「潰れる家門を生かしてみます」18話では、カイル・アムール皇子がテラに期待するような内容の伝言を残してエリオス邸を後にしました。

そして残された子どもたちは、アンドレ・ピットに宿題の回答を披露します。

 

ところが、テラはカイル・アムール皇子への忠誠心から、評価されるチャンスを棒にふります。

 

次作の「潰れる家門を生かしてみます」19話では、長女クロエの回答が明らかになります!

彼女は、どのように調べたのでしょう。

そしてそれは真実なのでしょうか!?

 

\全話あらすじはこちら/
「潰れる家門を生かしてみます」
あらすじリスト

 

 

最後に

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー