潰れる家門を生かしてみます|38話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「潰れる家門を生かしてみます」37話のおさらいからです。

 

レクトン街で暴漢におそわれたテラの一行。

やつらは、浮浪者の姿をしたカイル皇子を襲っていた男たちで、テラを見て復讐をはかったのです。

 

偶然居合わせたカイルとともに撃退しましたが、その後テラはカイルに自分のもとで働きたい理由を聞かれてしまいます。

 

\全話あらすじはこちら/
「潰れる家門を生かしてみます」
あらすじリスト

 

それでは、「潰れる家門を生かしてみます」38話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」38話ネタバレあらすじ

問い詰められて

カイルはテラに向かって、味方である者の目的まで知る必要はないが、俺の勘がおかしいと告げていると言いました。

テラは内宮勤めは自分に合わないと思っただけだと、目をそらすが、そのはすぐに感づかれてしまいます。

 

カイルはもともとテラの全ての行動はエリオスの当主になるためだと思っていましたが、そうだとしたら自分に合わなくても当主の座により簡単に近づける内宮を選ぶはずです。

 

さらに内宮より厳しい勤務が待ち受ける治安部に来るメリット…。

あえて厳しい道を選んだ合理的な理由が、カイルには思い当たりません。

 

理詰めで問い詰めるカイルに対して、テラは「すべての人間の行動は、言葉と常に一致するわけでは無い。その時々の気分によって変わる」と反論します。

 

それでも納得しないカイルに、テラは「極めて私的な理由なので、それをあえて申し上げる必要は無い」と答えました。

するとカイルの態度が一変します。

 

冷たい目でテラを見ながら「スパイたちは隠したがり、敵はもっともらしく取り繕う。これが最後のチャンスだ。俺の下で働くことにこだわる理由は?」と問いかけました。

 

テラが困っていると、空気を察したバーナードがそばに来て手助けしようとします。

カイルはバーナードに下がるようにいましたが、彼は受け入れません。

 

するとカイルは部下に命じて、バーナードを取り囲んでしまいました。

 

テラは忠実なのはいいけど無謀すぎると心配します。

そのままだと、かえって事態が悪化してしまう、カイルにだとみなされてしまうと考えたテラは、バーナードに命じて下がらせます。

 

するとカイルは、部下にリス伯爵夫妻を送るように申し付けて、テラには一緒に来るように言いました。

 

ベスはカイル王子の前で斧を構えたバーナードの無謀さを責めます。

そしてあまりにも危険だったと言って、騎士たちにも同意を求め…。

 

問い掛けられたニックは、微妙な状況に戸惑いながらも、どれだけ危険な状況でも主君を守る騎士の役目を果たしたバーナードを褒めました。

 

ほっとしたベスは思わず泣いてしまいます。

そしてバーナードの腰についたを心配しました。

 

感情豊かな2人を見て、ニックらは、関わらないほうがよさそうだなと引き気味です。

スポンサー

誤魔化しはきかない

カイルに招かれたテラはお茶を飲みながら、改めて治安部に願書を出した理由を説明します。

それには2つの理由があって、それを伝えるにはある条件があると提示しましたが…。

 

カイルは敵だとみなせば、拷問してでも真実を引き出すことができると言って、できるだけ真実だと判断できるように詳しく話すように求めます。

 

交渉に疲れてしまったテラは(皇子はこんな生き方をしていて辛くないのかしら)と心の中で思いました。

テラは反論に出て、自分は敵ではないこと、なので、拷問を受ける理由も、治安部に入った理由を無償で話をする理由もないと釈明します。

 

それを聞いたカイルは納得し、今のところでは敵ではな不純な動機があるとも思えないので、真実を話した場合には相応の対価を与えることを約束しました。

エリオスの脅威

テラの説明はこうでした。

 

2つの理由のうちの1つは、エリオス家門にとって、脅威となる存在があったため。

…この脅威とはカイル殿下その人のこと。

 

カイルは本来、皇宮で生き残ることができない方だったと切り出します。

 

あまりにも失礼な言い草に「まるで命が欲しいと思っていないように振る舞うのだな」とカイルは驚きました。

カイルは庶子であるにもかかわらず、第二皇子の座についた。

 

第一皇子のフランツが、もしその地位に就くことができない場合は、帝国の本座となる立場…。

 

カイルが嫡子であったなら、テラがこのような心配をすることもなかったが、若く優秀なのに身分のために、それを生かすことができないこれまでの人生は順調とは言えなかっただろう…。

テラはそれを恐れているといいます。

 

とんでもなく失礼な話に驚きながらも、興味をひかれたカイルは、テラに最後まで聞かせるように促しました。

 

 

「潰れる家門を生かしてみます」38話ネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」38話の感想や見どころ

「潰れる家門を生かしてみます」38話では、暴漢から助け出されたテラは治安部を志願した目的を聞かれカイルに問い詰められます。

うまく答えられないとと見なされてしまう危機的な状況のなか、テラは意を決して誤魔化さずに彼の納得のいく説明をしようと試みました。

 

しかしそれは、カイルの生い立ちに触れるデリケートなことでした…。

 

次作の「潰れる家門を生かしてみます」39話では、話し合いはどのように進むのか。

カイル皇子を納得させることはできるのでしょうか!?

 

\全話あらすじはこちら/
「潰れる家門を生かしてみます」
あらすじリスト

 

 

最後に

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー