潰れる家門を生かしてみます|39話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「潰れる家門を生かしてみます」38話のおさらいからです。

 

カイル皇子に助けられたテラは、どうして治安部を志願したのかあらためて詰問されます。

テラは誤魔化しましたが…追及は続き。

 

テラはカイルが納得できる合理的な説明をするために、彼の生い立ちに触れたのです。

 

\全話あらすじはこちら/
「潰れる家門を生かしてみます」
あらすじリスト

 

それでは、「潰れる家門を生かしてみます」39話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」39話ネタバレあらすじ

志願の理由

テラはカイルに説明します。

 

「私が殿下のもとで働くことを望んだのは、その最も危険な敵のためです」

「家門にとって脅威となる方のそばにいながら、その危険な瞬間を前もって避けたいと思ったのです」

 

エリオスの子女たちは1人を除いて皆、宮に入ることになりました。

 

しかし、筆記で落ちたジェイソンとローガンが実技を受けられるようになった時点で、既にエリオスは宮の中の問題に巻き込まれたのです。

この単純なことですら問題になり得るのに、まかり間違えば命を落としかねない問題に発展しかねません。

 

その後継争いの中心になるであろう人物が、カイルだと考えているのです。

 

テラはあえてカイルのもとで働くことによって、状況を事前に把握して対処をしようと決めた、と言いました。

 

カイルは面と向かって、庶子であるだとか、危険な存在であると言い放ったテラにびっくりしました。

しかし不思議と不快には感じていませんでした。

 

テラの言う事は全て事実に近いこと。

 

カイル自信、貴族たちが自分と手を結ぶことを嫌がっていると感じていました。

宮に入らなくても、エリオスほどの家紋であれば、どこかの時点で中立を放棄せざるをえなくなる、とも感じていたのです。

 

カイルに促され、テラは2つ目の理由について話し出します。

 

治安部は他の部署に比べ、内部の問題や不正が少ないと判断したからです。

それによって、いかに努力したかで評価されると考えたのです。

 

それは事実でした。

 

カイルにとってそれは当たり前のことだったからです。

テラからの回答が出そろいました。

 

「それで返答の対価として何を望むのだ」

 

テラはその前に、カイルに自分も聞きたいことがあると切り出します。

 

スポンサー

どうしてダーボンに?

聞きたいこととは、治安軍ではなく軍部それも紛争地帯にいかせた理由です。

 

カイルも2つの理由があると答えました。

「1つ目に、見込みがあるものは遠くへ送るのだ。行政を学ぶためには外へ出る必要がある」

 

「もう一つの理由は、お前の目標のためだ。俺は仕事をする人間を必要としている。エリオス家の当主の座を狙って宮に入る人間ではなく」

それが答えでした。

 

カイルは回答が終わったので、テラに望むものを改めて聞きます。

テラの願い

テラは7ヶ月後か8ヶ月後にある男が、テラの名前を出してカイルを訪ねてくるはずなので、その男と会ってほしいと切り出します。

しかしその男の素性は開かせないと…。

 

今の時点では訪れない可能性もある。

 

「ただし絶対に刺客ではありません」とテラは保証しました。

その男が来たときにわかるように、テラは合言葉を設定する提案をします。

 

「合言葉は燃え上がるダイナマイトにしましょう」

 

それはテラに憑依している奈緒が、もとの世界で好きなアイドルの曲の名前でした。

カイルはチンキな名前に驚きながらも、ひとまず了承してくれました。

 

席を立ちながら、カイルはテラの怪我を心配して「戻ったら氷で冷やしたほうがいい。アザがかなり残るだろうからな」と心配します。

 

別の目的で治安部に入ったことに気づいていながら受け入れて、期待しているとまで言った…。

一体何を考えているのか全然わからないと、テラは改めて思いました。

 

店を出たテラにベスが駆け寄り、彼女の顔の傷を心配しました。

 

「ダイエットだけにしておけばよかったのに、武器なんか扱うから危ないことに巻き込まれるんですよ」

小言を言われながら鏡を見ると…。

 

テラのまぶたはお岩さんのように腫れ上がっていました。

 

(私、こんな顔で皇子と話してたわけ?まるでお化けじゃない!)

(目の半分が隠れるほどなのにどうして痛くなかったの)

 

その時話し合いから解放されて緊張が解けたのか、急激な痛みが彼女を襲うのでした。

 

(もうどうして、私はこんなことばっかりなのよ〜!)

スポンサー

有能な医学博士

テラは料理店に戻り店員のジョシュ・ルーカスという男性にあることを依頼しました。

彼は「どうして僕のことをそんなに高く評価してくださるんですか」と不思議そうにしていましたが…。

 

テラは彼が将来的に医学書に載るほどの人物になって、今後の自分にとって大きく貢献をしてくれるからだと知っていたのです。

 

「ルーカスさんはとても優秀な人材です」

「雑誌に掲載された研究結果にも、興味を持っているので、ぜひ支援を受けてもっと研究を行ってください」

 

そしてテラはもう一つのお願いをします。

 

「当分の間首都を離れるのですが、その間にもし研究された薬を使うことがあれば、エリオスの名前で使っていただけますか」

「もし報告が難しければ、カイルアムール殿下にテラの名前と合言葉を言えば、会っていただけるはずです」

 

「そうしていただくのは薬が完成し、その薬が使われるような状況が起こった場合のみです」

 

高貴な方に会いに行くなんて…と震え上がるルーカスを、テラはたしなめます。

さらにテラは、バーナードを差し「あそこにいる私の騎士はお腹が弱いので、胃腸薬も一緒にお願いできれば助かるんですけど」と持ちかけました。

 

ルーカスは快諾します。

 

「ありがとうございます!それでは支援審査を受けていただく手続きを進めますね」

彼らは握手を交わしました。

 

(ーこのときの私は、ジョシュ・ルーカスが諸刃の剣となることなど想像もしていなかった…。)

 

 

「潰れる家門を生かしてみます」39話ネタバレあらすじはここまでです。

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」39話の感想や見どころ

「潰れる家門を生かしてみます」39話では、テラはカイルのもとで働く目的を説明し、きわどい内容ながらも受け入れられます。

説明をした報酬を求める前に、テラは彼に逆に質問を。

 

紛争地帯に行かせたのは、彼の期待と突き放し、両方のあらわれでした。

 

回答を得たテラは、今後たずねるに会ってもらえるようにカイルに頼みました。

それはエリオスの命運を変える人物のようです。

 

次作の「潰れる家門を生かしてみます」40話では、物語はどのように進んでいくのでしょうか!?

 

\全話あらすじはこちら/
「潰れる家門を生かしてみます」
あらすじリスト

 

 

最後に

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー