潰れる家門を生かしてみます|7話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「潰れる家門を生かしてみます」6話のおさらいからです。

 

貴族令嬢のテラ・エリオス教師のバーナード・スミスを伴い、レクトン街へ行きました。

そして、秘密情報組織『黒社会』アンドレ・ピット「潰れる家門を立て直す」という自分の夢を叶えるために弟子入り志願しました。

 

一方、謎の男性ことカイル・アムール皇子ワインの秘密取引の調査をもくろむのでした。

 

\全話あらすじはこちら/
「潰れる家門を生かしてみます」
あらすじリスト

 

それでは、「潰れる家門を生かしてみます」7話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」7話ネタバレあらすじ

わたしの師匠になって!

テラエリオス家を立て直したいという意図が解せず、アンドレ・ピットは少しイラついた様子です。

テラは、そう考えた理由を彼女に説明しました。

 

3人の皇子のうち皇帝になるのはたった1人。

新たな皇帝が即位した瞬間、残りの2人の皇子を支持していた家門は皆殺しにされるかもしれません。

 

納得していないアンドレ・ピットにたたみかけるように、テラ「私には『黒社会』が必要なんです」と懇願しました。

 

自分の視野を広げてくれる師匠になってほしいと白紙の小切手を差し出します。

言い値でいいから契約してほしいということですが、アンドレ・ピットは見くびられたように感じて不愉快そうにしています。

ここが正念場とばかりに、テラは3年後に支払うと約束しました。

スポンサー

支払いが3年後の理由

支払いが3年後なら小切手が不渡りになるかもしれない、とアンドレ・ピットは席を立ちます。

そこで、テラは3年かかる理由を説明します。

 

試験に合格して行政官から執政官に上がるまでの期間を、テラは3年と見込んでいます。

 

その後、エリオス家の正式な次期当主となったタイミングでの支払いにしたいからです。

滅亡する運命を知っている主人公にとって次期当主の座は魅力はないものの、アンドレ・ピットの心を動かす交渉材料にはなりました。

 

テラの狙い通りに、アンドレ・ピットは笑みをうかべた顔を上げ、

「行政官試験まであと1ヶ月

正式に弟子として受け入れるかどうかは試験を通過した後に決定しましょう」

テラに言い渡しました。

交渉は、成立…?

テラの交渉の結果、アンドレ・ピットは来週から毎日屋敷に来てくれることになりました。

しかし、行政官試験を通過してからという条件付きで弟子入りを許されたわけですから、まだまだ安心はできないとテラは自分に言い聞かせていました。

 

そんなとき、酒場ではアンドレ・ピットがたくらみ顔で

「まるまると太った弟子ができたわ!

その上とっても利口な…!」

と満足げに笑っていました。

 

アンドレ・ピット次期当主になるという面白い発想をするテラのことを気に入りました。

そして、さっそく彼女の実力を引き上げる方法を考え、セクシーな女店主を呼び出しました。

 

アンドレ・ピット女店主に、エリオス家の情報を調べるように、また、テラ「誰か1人つけて」、さらに白紙の小切手を弁護士に渡して公証を受けるようにと言いつけました。

スポンサー

テラに関する2通の知らせ

現当主のロイド・エリオス伯爵執事からテラたちがレクトン街に行ったことを聞きました。

 

アンドレ・ピットからテラの師匠であることの知らせがきたのです。

『黒社会』アンドレ・ピットの弟子たちはみんな才能があることで知られているのに、ロイド・エリオス伯爵はどうしてテラが選ばれたのかと合点がいきませんでした。

太っていて、運動神経が悪い娘のテラのことですから、そんなはずがないと思ったのです。

 

しかし、何かの偶然だろうと自分を納得させ、アンドレ・ピットの申し出を承認しました。

 

それとは別に、首都の弁護士事務所から急ぎの知らせが届きました。

 

内容は、やはりテラに関することだそうです。

封書を開けたロイド・エリオス伯爵はおどろき、慌てて弁護士のディランを呼ぶように執事に言いつけました。

エリオス家の命運を分ける会議

ロイド・エリオス伯爵は、テラを商談の総括責任者が集まる会議室に呼び出しました。

会議の内容は、禁酒法関連のこと。

 

禁酒法が解禁されるという噂から、先回りして酒造関連の権利を手に入れようとする動きがあります。

法務大臣のアントン公爵からの情報を裏づけにしています。

長女のクロエ・エリオスらは乗り気ですが、ロイド・エリオス伯爵は情報筋が妻の実家のフェリペ家を経由したことが気に食わないという気持ちもあり、早急に過ぎるのではと疑問を呈します。

 

小説『オシリア国物語』では、禁酒法の解禁はずっと先になるはずでした。

 

テラ憑依した主人公は、法務大臣のアントン公爵からの情報だとしても確実ではないと判断しました。

テラは、ここで損害を受けたら家門が潰れるのが3年後よりも早まってしまうと慌てました…。

 

「潰れる家門を生かしてみます」7話ネタバレあらすじはここまでです。

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」7話の感想や見どころ

「潰れる家門を生かしてみます」7話では、テラアンドレ・ピットへの弟子入りを実質承認されます。

 

その後ロイド・エリオス伯爵から呼び出しを受け、弟子入りの件かと思いきや、禁酒法の解禁についての真偽を問う内容の一族会議でした。

今までは引きこもりのデブ令嬢としてつまはじきを受けていた彼女ですが、周囲が驚くような言動を次々としています。

 

このままでは家門が本来の3年より前に潰れてしまうと危惧したテラは、「潰れる家門を生かしてみます」8話でどのように阻止するのでしょうか。

 

次作の「潰れる家門を生かしてみます」8話も見逃せません。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「潰れる家門を生かしてみます」
あらすじリスト

 

 

最後に

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー