潰れる家門を生かしてみます|70話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「潰れる家門を生かしてみます」69話のおさらいからです。

テラはカイルが時折見せる優しさに、あることを思い「まさか」と呟きます。

 

思わず声をかけてしまったカイルに対して、彼女は何を言うのでしょうか⁉

そして、エリオス家を救うためにテラが考えた秘策とは何なのでしょうか!

\全話あらすじはこちら/
「潰れる家門を生かしてみます」
あらすじリスト

 

それでは、「潰れる家門を生かしてみます」70話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」70話ネタバレあらすじ

カイルは事件の概要を整理する。

兵士と話をしていたカイルにテラは向き直ると、あることを尋ねます。

「殿下…。あの、もしかして殿下は私に好意を持っているのですか?」

 

テラの突拍子のない質問に、カイルは固まって何も答えなくなります。

そんな彼の様子を見たテラは、慌てながらも自分への好意を確かめようとするのです。

 

「いや、好きと言っても愛するというほどでなく、ちょっと私のことが気になっているというか……。」

 

カイルは何も言いません。

それどころか、突き刺さるような鋭い視線でテラのことを睨み続けてくるのです。

 

「その世迷言は、お前がまだ毒に脳をおかされているという証拠なのか?」

 

テラはカイルに冷たくあしらわれ、質問を続ける気を無くします。

気まずくなった彼女は、机に置いてあったチョコバーを手にとり、誤魔化すように食べ始めるのでした。

 

テラの帰宅後、カイルの元へは兵士が立ち寄り、事件の整理をしていました。

 

「皇宮の庭園でトリカブトを扱っていた庭師が、事件が起こった日から消息が不明とのことです。」

家臣は皇宮に仕えていた庭師が、自宅で殺害されていたことをカイルに伝えました。

 

家臣はカイルの質問に対して丁寧に答えていきました。

周辺を聞き込みすると、彼の娘夫婦がお金に困り庭師を訪ねていたことが分かったそうです

 

また、彼がトリカブトを扱う様子を見ていたのは、特産品保管所の行政官と庭師の侍従

行政官は、庭師がパーティの当日に必要以上のトリカブトを苗木にかけている姿を見たのです。

 

「もしかして、その苗木のそばに事件に使われた毒入りのドラゴンフルーツがあったということか?」

「ええ。そしてジェイソン・エリオスは、そのドラゴンフルーツとかごを運んだ張本人です。」

 

カイルは少し考えた後、ジェイソンにドラゴンフルーツの独占権を与えた書記官を探すよう命じます。

 

「奴はトゥルーズ家に長年使えた腹心だ。きっと殺さずに密航や国境越えをするはず。」

カイルがそう話すと、家臣は威勢よく返事をし、部屋を後にするのでした。

スポンサー

父親であるエリオス家当主ロイドに再開するテラ。

場面は代わり、テラはようやくエリオス家の当主である父親ロイドに会いに行きました。

ロイドはすっかりやつれており、顔も青白くなっています。

 

「テラ……本当にテラなのか?一体どうしてここに来れたんだ。」

ロイドはよろめきながらも、テラのことをしっかりと抱きしめます。

 

「お父様無事でしたか?ゆっくりとお話ししますので、どうか椅子にかけてください。」

テラはロイドを気遣いながら、彼女の周りで起こっていた経緯を話すのでした。

 

エリオス家がもうすぐ解放されることを聞くと、ロイドはホッとすると共にジェイソンへの怒りを滲ませました。

 

まさかジェイソンが私にも内密に事業をすすめたとは……。帰ったらただではおかん‼︎

そう思いながらも、「自分の教育が悪いせいだ」と口をついてしまうのです。

 

テラはその言葉を聞き、同情しながらもロイド自身に悪い面があると考えました。

ジェイソンとヴィクトリア奥様の行動を容認していたのは事実だから、自分を責めるのは当然ね……。

 

「もう終わりだ。皇宮に品を納められない商団など、貴族たちから見向きもされん。」

ロイドは、王宮をでてからエリオス家との取引はなくなってしまうと絶望しました。

 

ただ、テラは至って冷静に「諦めるのはまだ早い」とロイドのことを励まします。

「この状況を逆手に、我が商団が名乗りを上げるチャンスを作る方法があります。」

 

テラの言葉に、ロイドは身を乗り出してその方法を聞かせてほしいと言いました。

 

しかし、ここにテラの策略がありました

簡単にその作戦を伝えてしまっては、エリオス家の力関係は変わらぬまま、終わってしまいます。

 

彼女はそれを防ぐべく、教えるかわりのある条件をロイドに突きつけたのです。

「作戦を教える代わりに……、家門の危機を解決する権限を私に与えてほしいのです。」

テラの取引に激昂するロイド。

「それは、この事件に関する総指揮官をお前に与えるということか?」

テラの言葉を聞いた瞬間、ロイドは顔をしかめました。

 

テラは頷くと、問題を起こしたジェイソン達に対する処分を下す権利までほしい言い切ります。

しかしそれは、エリオス家の娘であるテラに、当主と同等の権利を与えることを意味していました。

 

ロイドは勢いよく机と叩き、激昂しました。

「この機に乗じて父親の権限を奪おうと言う魂胆か⁉︎これは脅迫だぞ‼︎」

 

彼はしばらく会わないうちに、悪知恵をつけて帰ってきたとテラのことを非難します。

しかしテラは、勇敢に立ち上がりこう反論したのです。

 

ジェイソンは数ヶ月前に給料着服事件を起こしてなお、懲りずに今回の問題を起こしました。

 

現状を変えずにこのままでは、同じことを繰り返すだけです。

そして、今ジェイソンを変えるには、ロイドの持つ当主としての力がどうしても必要なのだと。

 

「お兄様への復讐心は否定しません。ただ、それよりも家門の未来がかかる今、私の考えに対する対価がほしいのです。」

「潰れる家門を生かしてみます」70ネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」70話の感想や見どころ

「潰れる家門を生かしてみます」70話の見どころは、父親に取引を迫るテラです。

エリオス家当主の座へ着々と準備をすすめたテラは、今がチャンスとばかりにロイドに取引を迫りました。

 

ロイドには屈辱的な条件かもしれませんが、このままではエリオス家の危機は免れません。

テラの説得に対して、彼はどんな答えを出すのでしょうか⁉

 

次作の「潰れる家門を生かしてみます」71話もとても楽しみです‼

 

\全話あらすじはこちら/
「潰れる家門を生かしてみます」
あらすじリスト

 

 

最後に

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー