潰れる家門を生かしてみます|72話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「潰れる家門を生かしてみます」71話のおさらいからです。

 

カイル皇子の元に、部下が皇帝殺害未遂事件について集めた情報を話します。

そして、事件の関係者であり、逃亡していたフェリフォート男爵を捕らえたとの報告を受けるのでした。

 

カイルは、フェリフォート男爵の娘に宮から護衛をつけることを決めます。

こうすることで、宮が事件を追っていること、ここまで力が及んでいることを示す算段でした。

 

カイルの考えた作戦は上手くいくのでしょうか⁉

もしくは、これに気づいた反逆者たちが何か行動を起こすのでしょうか⁉

\全話あらすじはこちら/
「潰れる家門を生かしてみます」
あらすじリスト

 

それでは、「潰れる家門を生かしてみます」72話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」72話ネタバレあらすじ

部下からカイル皇子に伝えられた情報。

部下はカイルに、反社会組織である“スコーピオン”の話をしました。

「スコーピオンのボスであったオーランドは、今回の皇帝殺害未遂事件には関係ないと……。」

 

カイルはオーランドの関りを疑っていますが、当の本人は黙秘を続けているようでした。

部下は、彼を拷問にかけて自白させることを打診します。

 

しかしカイルは、この件でオーランドを拷問にかけることは悪手だと考えました。

もし拷問の後に、宮の高圧的な捜査で嘘の自白をさせられたと言われれば、これまでの苦労が台無しになってしまうからです。

 

「すでにヒューゴは自白しています。これ以上オーランドの発言は必要でしょうか?」

部下が全て言い切る前に、カイルは彼のことを睨んで制します。

 

「お前は別に信頼できる情報があれば、他の有力な容疑者の操作は必要がないというのか?」

カイルの言葉に、部下ははっとした顔をして頭を下げました。

 

部下の謝罪を聞いたカイルは、容疑者であるオーランドとヒューゴ、ジョンソンを隠れ家へ連れてくるように命令をしました。

部下はかしこまると、急いで部屋をでていきます。

 

一人になったカイルは、窓の外を眺めながら笑みを浮かべていました。

「面白くなってきた。……だれの裏切りが最もドラマティックになるだろう。」

スポンサー

カイルの捜査に追い詰められるトゥルーズ家。

フェリフォート男爵が捕らえられたことで、今回の事件に関わっているトゥルーズ家は気が気でありません。

トゥルーズ男爵の顔は怒りに満ちており、フェリフォート男爵についていた部下のことを責め立てました。

 

「まさかこんなことになるとは……。お前はどう責任をとってくれるんだ?」

 

男爵の睨んだ先には、腕に切り傷のようなものを作った部下がいます。

部下の傷からは血が流れおり、床にボタボタと落ちていました。

 

「申し訳ございません。第二皇子の動きは予想していたのですが、まさかあのような手段を使うとは思わず……。」

男爵は、カイルの用意した兵士たちが時間差で到着したことに驚いていました。

 

部隊は二つに分かれており、初めの集団は陽動に使われました。

彼らがフェリフォート男爵を襲うように見せかけ、別の部隊が捕らえるようにしたのです。

 

「蛇のようにずる賢いあの男が思いつきそうな作戦だ。娘のローラはどうした?」

 

男爵の質問に、部下は第二皇子側が護衛をつけていることを話しました。

ローラは宮の治安部隊がついて歩くことを嫌い、部屋から出ることすら拒んでいる様子でした。

 

「くそ、鼻につく男だ!ドラゴンフルーツ事件に気を取られておけばよかったものを!」

男爵は怒りをぶつけるように机を叩きました。

 

そして、部下に下がるように命じ、これからの動きを考えるのです。

部屋で一人思いつめるトゥルーズ男爵。

フェリフォート男爵が第二皇子に奪われた。しかし、まだ逃れる道はあるはず。

 

トゥルーズ男爵にとって、今回のカイル皇子の活躍は大きな痛手でした。

ただ、カイル皇子は皇帝殺害未遂事件に追われており、時間稼ぎは可能だと考えたのです。

 

皇帝の性格を考えても、自分の命より自分たちへの捜査を優先するとは到底思えませんでした。

男爵は自分に言い聞かせると、次なる作戦を思いつきます。

 

「次はフランツ皇子がローラ・フェリフォートを呼び出すように仕向けよう。」

自分たちのいける場所にローラを呼び出せれば、護衛の治安部騎士たちもやってくることがないと踏んだのです。

 

男爵は不敵な笑みを浮かべ、次の行動へ移ったのでした。

スポンサー

やってきた貴族たちに事件の全容を話すテラ。

テラが寝室で寝ていると、メイドのベスが慌てた様子でやってきました。

「起きてくださいお嬢様!各支局の団主たちとフェリペ家の元老が押し寄せてきたんです!」

 

どうやらヴィクトリアがフェリペ家に連絡をし、あることないことを吹き込んだようでした。

元老たちは、事件の関係者として呼ばれたテラを疑っている様子です。

 

「ヴィクトリア奥様がわざわざお膳立てしてくれるなんて、これは絶好のチャンスね!」

テラは闘志を燃やすと、ベスの用意したとびきりのドレスで彼らの元へ向かうのです。

 

テラが屋敷の広間に姿を見せると、団主や元老は思い思いに彼女を非難しました。

また、彼らを呼んだヴィクトリアまでも、自分のことは棚に上げてテラを罵ります。

 

しかしテラはものともせずに、ヴィクトリアへ近づいていきます。

「ヴィクトリア奥様、最後に聞かせてください。あなたは私と母親にした無礼を謝罪するつもりはありませんか?」

 

テラの問いかけに、ヴィクトリアは逆上して金切り声をあげました。

「見ましたか⁉この女はエリオス家正妻である私に、こんな失礼なことをいうのです!長男のジェイソンもこいつのせいで苦しむのだわ!」

 

ヴィクトリアは同情を求めるように、フェリペ家の自分の叔父に縋りました。

そんな彼女の姿を見たテラの瞳は、怒りに燃えています。

 

「あなたの気持ちは充分伝わりました。……では、奥様の発言と私の発言、どちらが正しいか確認しようではありませんか!」

「潰れる家門を生かしてみます」72ネタバレあらすじはここまでです。

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」72話の感想や見どころ

「潰れる家門を生かしてみます」72話の見どころは、ヴィクトリアの反撃に出るテラです。

テラは今回の事件を機に、ヴィクトリアとの対立関係をあらわにし勝負に挑むようです。

 

ヴィクトリアも相変わらず、同情をかえばなんとかなると思っている姿が憎らしいですね。

ここまで冷静に準備をすすめてきたテラが、彼女に一泡吹かせるのが楽しみです。

 

次作の「潰れる家門を生かしてみます」73話もとても楽しみです‼

 

\全話あらすじはこちら/
「潰れる家門を生かしてみます」
あらすじリスト

 

 

最後に

ピッコマ漫画「潰れる家門を生かしてみます」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー