レディー生存の法則|15話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「レディー生存の法則」14話のおさらいからです。

 

復活記念パーティーの2日目の朝、綺麗なルキーナを見た招待客からさまざまなプレゼントがルキーナに贈られました。

準備をしている最中、部屋に来たヒュイレンを敵情視察かと怪しむと敵ではないとヒュイレンは笑って応えます。

その様子をラフェルが影から見ていた朝、2日目のハンティング大会が幕を開きました。

 

\全話あらすじはこちら/
「レディー生存の法則」
あらすじリスト

 

それでは、「レディー生存の法則」15話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「レディー生存の法則」15話ネタバレあらすじ

ラフェルの言葉

パカッパカッ、と軽やかな馬の足音が森の中に響きます。

騎手であるレクシアードは顔を顰めて白鹿を探しながら頭を巡らせました。

それは始まる前にラフェルがレクシアードに言った言葉が離れません。

 

「もし私が優勝したら、殿下の婚約者様・・・」

「レディローデリンに勝者の印を捧げてもよろしいですか?」

 

その言葉にレクシアードはラフェルを睨みつけ、問いかけました。

 

「・・・イブに捧げると?」

「レディローデリン、ローデリン公爵令嬢の他に誰がいらっしゃいますか?」

 

レクシアードは余裕を見せるように吐き捨てます。

 

「は、勝者の印を誰に捧げるかはお前の自由だろう」

「それと何か、わざわざ俺に許可を得るほどの特別な理由でも?」

「それは殿下のご判断にお任せを」

「・・・!」

 

ラフェルは表情を変えず、その言葉に特に反論もせず去っていきました。

 

(くそ、憎たらしい奴が・・・)

(近いうちに皇族への不敬罪でろうにぶち込んでやるからな・・・!!)

 

ラフェルの処罰を考えぎり、と歯軋りをしていると目の前に池が広がります。

森の中の美しい青々とした池に、はっとレクシアードは息をのみました。

近くまで来ると馬から降りて、膝をつき休憩をします。

ハンカチを出すと池の水に浸し、顔を拭いたレクシアードの耳に物音が聞こえました。

ガサッと音がした方へ視線を移すと、そこにはラフェルがいます

 

(ウィンストン?!なぜここに奴が?)

(奴の狙いは・・・?)

 

疑問を持ったレクシアードはラフェルの狙う矛先に視線をうつしました。

すると池の上流部分に立つ飾られた大会のハンティングの目的の白鹿がいます。

 

(白鹿か!!)

(あいつに獲らせるものか!!!)

 

レクシアードは我先にと自身も弓矢を手に取りました。

狙う白鹿は角に多くの花をつけ、飾られて顔には花の模様にペイントがされています。

その鹿の首には、赤いルビーのペンダントが光っていました。

 

(弓矢の腕は俺が上だと見せてやろう!)

 

自信満々にレクシアードは弓を引き、ギギギギと音が鳴ります。

しかし、その瞬間とある案がレクシアードの頭に浮かびました。

 

(いや、待てよ?)

 

 

スポンサー

レクシアードとアリスの関係

レクシアードの弓の先はラフェルの乗っていた黒い毛の馬に向かいます。

 

(ハンティング大会に事故はつきものだ・・・)

(例えば・・・間違って他の参加者の馬を射抜いてしまった!なんてな)

 

弓を引き、ニタニタと狙うレクシアードに気づいたのかラフェルの視線が移りました。

 

(ち、気付いたか・・・勘の鋭いやつだ)

 

弓を緩め、狙いを外したレクシアードはラフェルの行動に気付きます。

 

(!!!)

 

ラフェルの弓の矛先がレクシアードに向いていました。

ギギ、と思い切り弓を射ると勢いよくレクシアードに向けて飛んできます。

声も出ずに驚くレクシアードは目を丸くし矢を見ていました。

 

「!?!?!」

「ぎゃあああああああ!!!!」

 

青空の森にレクシアードの悲鳴が響きます。

一方、勝者は誰か話す令嬢たちはドレスや装飾品の話で盛り上がっていました。

令嬢の1人がアリスの持つ扇子に気付きます。

 

「ああ!その扇子・・・!」

「かの有名なフェルセンの職人のものでは?!」

 

アリスは自身が付けている装飾品を見せては、謙遜するわけでもなく話し始めました。

 

「オーホホホ!この扇子だけではなく・・・」

「アクセサリーも全て!レックスお兄様が贈ってくれたんですう♡」

「すごくお美しいわ・・・レディミリーク!」

「本当に羨ましいわ」

 

ルキーナはその姿を紅茶を飲みながら眺めています。

アリスはその冷めた目を知らずに自慢する声音で続けました。

 

「でも時々申し訳ないと思うの・・・」

「私がお兄様の婚約者であるイブより愛されている実感があるような気がして・・・」

 

アリスの言葉にしんとする令嬢たちを眺めては、アリスはルキーナに問いかけます。

 

「あら?イブ・・・私の言葉に気分を悪くしてない?」

「・・・ええ・・・」

 

ルキーナは目を伏せて、小さな声で同意しました。

 

 

ルキーナの反撃

「え?イブ?」

 

ルキーナはしょぼんとして声を発します。

 

「気分を悪くするわけないわ・・・」

「レックスお兄様が貴方を大切にしているのは本当よ」

 

いじけるようにルキーナはそっぽを向き、続けました。

 

「時々私なんかより比べ物にならないくらい綺麗で魅力的なアリスが・・・」

「本当に羨ましくてたまらない・・・」

「ちょ、ちょっと・・・イブ?」

 

ルキーナの言葉に一緒に座っていた令嬢たちはアリスを嗜めるように話します。

 

「お言葉ですが、レディミリーク」

「今の言葉はちょっとイブ様に失礼では?」

 

嗜める令嬢たちの表情はアリスを悪者だと言わんばかりの顔で続けます。

 

「いくら幼馴染とて、第2皇子殿下の婚約者様はイブ様ですよ」

「そうですわ・・・レディミリーク、イブ様に謝ってください」

 

アリスは怪訝そうな表情で令嬢を睨みつけ問いただします。

 

「・・・待ちなさい、いつからあなたはイブをあだ名で呼ぶように?」

「え?本日・・・ハンティング大会が始まるときですが・・・?」

 

ルキーナはその瞬間を狙うように声を出しました。

 

「あ・・・みなさん、アリスを咎めないでくださいね・・・」

「アリスは私の1番の親友・・・誰よりも美しいレディですから」

 

ルキーナはアリスを庇うと令嬢たちは笑みを浮かべます。

 

「イブ様はお優しいのですね・・・」

「イブ様という親友を持ったレディミリークは本当に羨ましいですわ!」

「ふふ!そんなことはありません」

 

ルキーナは表で優しい性格を演じていますが、内心は計算された言葉を話していました。

 

(貴族の間じゃスキャンダルは日常茶飯事・・・)

(大体のことは大事にならないけれど、その分)

 

ルキーナは生前のルキーナの見ていた光景を振り返ります。

 

(高貴なる皇族が婚約者を差し置いて、幼馴染と不倫するのを容認なんてしない)

(そんなに社交会は寛大じゃないわ)

 

当時アリスはレクシアードの胸に手を当て、2人は輝く笑顔をルキーナに降り注いでいました。

 

(それでもあの2人が周囲の目を気にしないで、不倫をしていられた・・・)

(公の場で笑みを絶やさずにずっとベタベタしていられた決定的な理由・・・)

(それは、婚約者のルキーナは2人を全く疑わなかったから)

 

ルキーナは今までのルキーナの仕打ちやアリスたちの記憶をたどります。

 

(アリス・ミリーク・・・ルキーナはさぞ使い勝手がいい存在だったわね)

(パーティーではあなたを引き立たせる脇役、恋愛ではスキャンダルを防ぐ盾・・・)

 

ルキーナは現実に帰り、アリスの表情を見ました。

眉間は皺がより、目を大きく見開いて歯を食いしばり屈辱的だと顔が語ります。

 

(どうだった?都合がいいと使っていたバカに1発食らった感想は!)

 

ルキーナは手元で口を隠し、こっそりと笑いました。

 

そこに慌てた使用人のロイが走って駆けつけます。

 

「た、大変です!!!レクシアード皇子殿下が・・・!」

「負傷されました!」

 

アリスは信じられないという表情でロイを睨み、ルキーナは真顔で知らせに耳を傾けました。

 

 

 

ピッコマ漫画「レディー生存の法則」15話のネタバレあらすじはここまでで終わります。

スポンサー

ピッコマ漫画「レディー生存の法則」15話の感想や見どころ

 

「レディー生存の法則」15話のあらすじでは、ハンティング大会の前にラフェルが宣戦布告のような言葉をレクシアードに話し始まったところから、令嬢たちを前にしたアリスの自慢を反撃したルキーナの回でした!

レクシアードも大概正々堂々とした戦いではありませんが、アリスも自慢する場所ではないことを気づかないほど・・・生前のルキーナは優しすぎたのでしょうね・・・周りが見えていないと恥をかくことも多いので、アリスがこれで懲りるといいのですが・・・。

「レディー生存の法則」16話が待ち遠しいです!

 

 

\全話あらすじはこちら/
「レディー生存の法則」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「レディー生存の法則」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー