継母だけど娘が可愛すぎる|27話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「継母だけど娘が可愛すぎる」26話のおさらいからです。

 

突然現れたクロネンバーグの使節であるモイズ卿が現れ、アビゲールとセイブリアンの関係を問われます。

アビゲールは仲が良いとごまかしますが、そうすると今回の建国祭では二人の踊りが見れると、モイズ卿は喜んでしまいました。

 

アビゲールはなんとか断ろうとしますが、抗議しきれずにモイズ卿は帰ってしまいます。

 

庭を周っていたセイブリアンは、突然悪寒に襲われます。

直後に報が入り、アビゲールがセイブリアンと二人で話したいと言い出したところで「継母だけど娘が可愛すぎる」26話は終わりでした。

 

\全話あらすじはこちら/
「継母だけど娘が可愛すぎる」
あらすじリスト

 

 

それでは、「継母だけど娘が可愛すぎる」27話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「継母だけど娘が可愛すぎる」27話ネタバレあらすじ

アビゲールの相談

アビゲールはセイブリアンと二人で話したいと要求し、セイブリアンはミラードを下がらせます。

 

「二人で話したいとは何事ですか?」

「あの…それが…今回の建国祭で私と踊っていただけませんか?」

 

セイブリアンは怪訝に表情を歪め、アビゲールは申し訳なさそうにしています。

 

「お嫌いなのはわかっているのですが…ちょっと問題がおきまして」

「何があったのです?」

「クロネンバーグから使節があったのです」

 

アビゲールの返答に、セイブリアンは何かを察しました。

 

「両親は子供ができないのは殿下と不仲だからではと心配していまして。否定はしたのですが、信じてもらえませんでした」

「今回の建国祭で踊らなければ不仲説はさらに大きくなってしまうと」

 

アビゲールは肯定しますが、セイブリアンは少し疑心を抱きます。

 

去年も同じ懇願をされたのに雰囲気が違いすぎる…まなざいのせいか?

アビゲールがおどおどとした様子でいたため、セイブリアンも違和感を覚えていました。

 

セイブリアンは、去年のアビゲールの懇願は少し狂気すら感じるほどの愛情がこもっていたことを思い出し、ゾッとしてしまいました。

スポンサー

セイブリアンの理由

今回は不快さを感じない…だが、やはり無理だ。

「すみません実は…ダンスが苦手なので人前で披露するのがすごく嫌なのです」

 

セイブリアンはアビゲールから目をそらし、言い訳がましく答えました。

 

「あ…そうなんですか。では…一緒に練習しませんか? 建国祭まで時間はありますし、私も久しぶりなので練習したいのです」

アビゲールの提案にセイブリアンは動揺し、断ろうとしてもなかなか断れないでいます。

 

いつものようにきっぱり断ればいいのに…なぜか断れない。

「ダンスは…考えてみます」

 

セイブリアンは長考の末断りきれませんでした。

しかし、アビゲールはセイブリアンが嫌がっているのを察します。

 

「無理しないでくださいね。こんなお願いをして、こちらこそすみませんでした。では、失礼します」

 

がっつくこともなく去っていくアビゲールに動揺したまま、セイブリアンはその後ろ姿をただ眺めていました。

ブランシュの想い

「姫様、ここで左に進んで右に回ってください」

ブランシュとクララでダンスの稽古をしていました。

 

「そして…お辞儀を〜」

「すばらしいですブランシュ姫!」

 

ダンスが一区切りついたところでアビゲールが号泣しながら全力で拍手しました。

 

「今回の舞踏会ではブランシュ姫が一番輝くに決まってます!」

「まだまだです…」

 

アビゲールの引きたくなるくらいのテンションにもおののくこと無く、ブランシュは照れた様子で返しました。

 

「いいえ、すばらしです! ね、クララ」

「もちろんです! この王国で一番かわいいのはブランシュ姫に決まっています!」

 

いいわよその自然な相槌! クララにも私の思いが伝わったようね。でもブランシュは世界一かわいいのよ!

 

「クララ、自らの主にかわいいなどと言うことは無礼ですよ」

「あっ、ブランシュ姫申し訳ありません! 私ったら思わず……」

 

「大丈夫です。褒めてくれたんですから」

ブランシュは気にした風もなく、むしろ楽しそうに返答します。

 

ブランシュの様子にアビゲールはさらに涙を流していました。

 

「ダンス…もっと上手になりたいです。そしたら、お父様も褒めてくれますよね?」

ブランシュの発言にその場の全員が固まってしまいました。

 

「継母だけど娘が可愛すぎる」27話のネタバレあらすじはここまでとなります。

スポンサー

ピッコマ漫画「継母だけど娘が可愛すぎる」27話の感想や見どころ

「継母だけど娘が可愛すぎる」27話の見どころは、セイブリアンの感情と本心でしょうか。

 

過去のアビゲールのこともあり、セイブリアンがアビゲールに対して疑心暗鬼なのは仕方ありません。

それでも、今のアビゲールの様子に違和感を覚え、嫌とは思っていないあたりは、今のアビゲールの性格ゆえなのでしょう。

 

読者(筆者)からしても、最初のころのセイブリアンと比べるとだいぶ丸くなったように感じます。

 

そして、セイブリアンが断固ダンスを断る理由。

過去のアビゲールも関係してはいそうですが、本当にただダンスが下手だからなのでしょうか?

 

セイブリアンの過去も気になるところですね。

「継母だけど娘が可愛すぎる」28話以降もとても気になります!

 

\全話あらすじはこちら/
「継母だけど娘が可愛すぎる」
あらすじリスト

 

 

 

最後に

ピッコマ漫画「継母だけど娘が可愛すぎる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー