継母だけど娘が可愛すぎる|28話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「継母だけど娘が可愛すぎる」27話のおさらいからです。

 

アビゲールがセイブリアンと二人きりになり、舞踏会でダンスを踊って欲しいと相談しました。

しかし、事情を知ってもセイブリアンは、自分はダンスが苦手だからと断りを入れます。

 

アビゲールはその言葉を真に受け「じゃあ舞踏会まで練習しましょう」と提案したのです。

 

セイブリアンも断りきれず、考えてみるとだけ告げました。

その後、アビゲールはブランシュのダンスの稽古を見ていました。

 

ブランシュのダンスを褒めると、ブランシュが「お父様に褒めてもらえるかな?」と発言したところで「継母だけど娘が可愛すぎる」27話はおわりでした。

 

\全話あらすじはこちら/
「継母だけど娘が可愛すぎる」
あらすじリスト

 

 

それでは、「継母だけど娘が可愛すぎる」28話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「継母だけど娘が可愛すぎる」28話ネタバレあらすじ

ブランシュの願い

「ダンスがもっと上手になったら、お父様も褒めてくれますよね?」

ブランシュの発言に周囲が凍りつきました。

 

いくらしっかりしているっていってもまだ11歳。親に見てもらいたいのも当然よね。

 

アビゲールは温かな表情に戻り、ブランシュの頭を撫でます。

「もちろんです。きっと殿下も喜んでくれますよ」

 

「じゃあ、お父様は私と踊ってくれるでしょうか?」

嬉しそうに発言するブランシュの言葉に、アビゲールが言葉の返しに詰まってしまいました。

スポンサー

アビゲールのごまかし

ブランシュ…あなたの父親はダンスが下手なの。意外だと思うけど、できないことを強要はだめじゃない?

アビゲールは心の中で温かな抱擁をするかのように語ります。

 

「ブランシュ姫が大人になったら踊ってくれるんじゃないでしょうか?」

言葉が浮かばず、アビゲールはとっさに口にしていました。

 

しかし、やはり今のままでは踊ってもらえないのだと、ブランシュは落ち込んでしまいます。

 

まずい、落ち込んじゃった! セイブリアン、なんでダンスができないのよ!

アビゲールは心のなかで、セイブリアンに理不尽なつっこみを入れます。

 

「じゃ、じゃあ私と踊るのはいかがですか?」

 

アビゲールのとっさの返しに、ブランシュが一瞬困惑します。

アビゲールも、女同士で踊るのは変なのかな? と焦ってしまいます。

 

「はい喜んで! ぜひ一緒に踊りたいです!」

ブランシュは目を輝かせて喜びました。

 

アビゲールは逆に困惑しますが、クララが「いいですね! お二人が踊ったらさぞ美しいでしょう!」と勧めます。

 

「わかりました。では一緒に練習しましょうか」

周囲の期待もあり、アビゲールはまんざらでもなさそうな表情で肯定します。

 

また新たに音楽を流し始め、二人でダンスしだします。

身長差はとてもありますが、お互いに手を取り合い、優雅に踊りました。

 

嬉しそうに踊るブランシュに、アビゲールも喜びます。

 

アビゲールがダンスを好きで良かったわ

元のアビゲールは注目されることが好きだったため、ダンスの実力もずば抜けていた。

 

そのおかげで前世でダンスが苦手だった私でも、アビゲールの記憶が自然と体を動かしてくれる。

嬉しそうにお辞儀するブランシュを眺めながら、アビゲールはダンスって楽しいのね…と過去の自分を振り返ります。

 

太っていたこともあり、文化祭で踊ることになったときに、かなりいじられた記憶を思い出しました。

 

昔の私には爆弾を抱えて敵陣に突っ込むようなものだったけど、今はブランシュと踊ってるからいいや!

アビゲールは今の私はしあわせだから大丈夫、と楽しそうにダンスを続けました。

ブランシュとおそろい

「うぅ…お二人、とても美しいです! 王妃殿下は素敵だし、ブランシュ様はかわ…愛らしいです!」

二人のダンスが終わり、ノマは拍手してクララが号泣しながら褒めちぎります。

 

アビゲールも、嬉しそうに誇り、心でヴェリテにちゃんと撮ってるでしょうね! と叫びました。

 

「せっかくお二人で踊るんですから、衣装も合わせてみてはどうですか? きっと素敵だと思います!」

クララの提案にアビゲールが心から称賛しました。

 

「衣装ね…ブランシュ姫はどう思いますか?」

「良いと思います! ただ、どんな衣装がいいのかわからないので、王妃殿下に選んでほしいです」

 

ブランシュの言葉に、アビゲールが衝撃を受けました。

 

私が選んだドレスをブランシュが着て一緒に踊るってこと⁉ つまり、私がデザインしていいのね⁉

アビゲールはあまりの嬉しさにいつもの、周囲を怖がらせる笑顔を浮かべてしまいます。

 

「わがままを言ってすみません…」

ブランシュがアビゲールの様子に恐縮してしまいましたが、アビゲールもすぐに否定します。

 

「必ず姫に似合うドレスを用意するので、好きなタイプを教えて下さい!」

普通に戻ったアビゲールに、ブランシュが輝く笑顔で「はい!」と返しました。

 

もう誰も私を止められない。この聖なる戦争で我が身を捧げ必ずや勝利いたします。この建国祭でブランシュをアイドルにしてあげる!

アビゲールのテンションは最高潮でした。

 

アビゲールは自室にて、ブランシュの衣装をデザインしていました。

「ヴェリテ、ブランシュにはどれが一番似合うと思う?」

 

アビゲールのことをよく知るヴェリテは、呆れたようにため息を漏らします。

「私の意見が重要か? どうせブランシュには何でも似合う! とか言うくせに」

 

案の定、アビゲールは「当然よ!」と即答します。

 

「ケンカを売るだけならどっかいってて」

アビゲールは機嫌悪そうに、ヴェリテにしっしっ、と手を振ります。

 

ブランシュがドレスで好きなポイントは花とフリル、そしてリボン。好きな色は水色やピンクのような甘いパステルトーン。

 

「うーん…思いつく衣装はたくさんあるけど、あまり時代をサキドルデザインは良くないわよね」

アビゲールは、時代的に未来と言える前世の知識も役立ちますが、あまり時代錯誤なものも作れないと、困惑していました。

 

「あ、じゃああれを描いてみようかな!」

アビゲールが、ふとなにかに気づいたところで「継母だけど娘が可愛すぎる」28話のネタバレあらすじは終わりとなります。

スポンサー

ピッコマ漫画「継母だけど娘が可愛すぎる」28話の感想や見どころ

「継母だけど娘が可愛すぎる」28話の見どころは、ブランシュとのダンスとアビゲールの心でしょうか。

 

ブランシュとアビゲールのダンスはやはり優雅なもので、さすが王妃と姫といった印象です。

元のアビゲールの記憶から踊れるようになっているのも面白いですね。

 

そして見どころというか、もうこのお話の一番の笑いどころだと思いますが、アビゲールのテンションです。

 

ブランシュのことで、しかも自分の願いがこんなに早くかなったとはいえ、このテンションです。

アビゲールの元の人物像はあまりわかりませんが、いじめられていたという印象があまりありません。

 

彼女のくらい過去については気になりますが、知りたくない気持ちも少しありますね。

「継母だけど娘が可愛すぎる」29話ではブランシュのドレスが完成しているのでしょうか? 早くみたいですね!

 

\全話あらすじはこちら/
「継母だけど娘が可愛すぎる」
あらすじリスト

 

 

 

最後に

ピッコマ漫画「継母だけど娘が可愛すぎる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー