継母だけど娘が可愛すぎる|5話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「継母だけど娘が可愛すぎる」4話のおさらいからです。

 

クララとのやり取りから、侍女たちのアビゲールへの評価が変わります。

ブランシュのドレス試着会に参加したいアビゲールをクララが後押ししていましたね。

 

しかし、セイブリアンの方ではなにやら不穏な空気が流れていました。

 

結局ドレスの試着会に参加したアビゲールですが、その場の流れにやきもき。

最後には我慢の限界が! 扉をバンッと開いて中に入ったところで終わりでしたね。このあとはどうなるのでしょう?

 

\全話あらすじはこちら/
「継母だけど娘が可愛すぎる」
あらすじリスト

 

それでは、「継母だけど娘が可愛すぎる」5話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「継母だけど娘が可愛すぎる」5話ネタバレあらすじ

空気なんてお構いなしなアビゲール

「いいドレスはありましたか?」

 

みんなの挨拶を聞くなり、アビゲールはさっそくの本題に入りました。

ジェレミー夫人の注文を終えた、という発言でアビゲールは周囲を確認します。

 

綺麗なドレスはあるのですが、ブランシュの好みそうなドレスはやはりありません。

 

「ブランシュ姫、お気に入りのドレスはどれですか?」

「…全部好きです」

 

アビゲールの質問に、ブランシュはオロオロしながらも平静を装います。

アビゲールもそこまでは予想通りだったみたいですね。

 

やっぱり素直には言わないか…

 

アビゲールはそう思いながら、周囲に置かれた箱のいくつかに視線を向けました。

スポンサー

ブランシュの好みのドレス

アビゲールは扉の影から覗いていたときの記憶をもとに、いくつかの箱を勝手に開け始めるました。

 

「クララ、これも一緒にだして」

アビゲールはクララと2人で、ブランシュが目を輝かせていた2着のドレスを広げて見せました。

 

「この2着、とても可愛いと思うの」

 

アビゲールは、あたかも自分の好みだといわんばかりに発言します。

その後、ブランシュへと意見を促しました。

 

「ブランシュ姫はどう思いますか?」

「はい、かわいいです!」

 

一瞬呆けていたブランシュですが、驚きながらも肯定しました。

 

アビゲールは他にもブランシュが気に入っていたドレスがあったと思うのだけど、と記憶をたどります。

どうすればいいかわからないブランシュは、彼女の背後でもじもじしています。

 

どうにも思い出せないアビゲールが、きっかけにならないかとブランシュへと視線を向けました。

ブランシュは何を思ったのか、若干の戸惑いはありつつも、愛らしい笑顔を彼女に返します。

 

直後、いきなり両手を振りかぶり、壁を砕く勢いで叩きつけるアビゲール!

周囲の人物もみなドン引きです。

 

かわいい…

「ここにあるドレス、全部姫に合わせて作ってきて。私が全部買うわ」

 

ブランシュの笑顔にあてられたアビゲールが、王妃の財源にものを言わせた大人買い発言です。

しかし、ジェレミー夫人が黙っていません。

 

「姫に当てられた予算では、すべてのドレスは買えません」

「だから私が買うといったの」

 

アビゲールと夫人は両者睨みをきかせ合い、一歩も引きません。

しかし、そんな空気に耐えられなくなったのか、ブランシュがアビゲールの服を軽く引っ張りました。

 

「私は大丈夫です。私のせいで王妃殿下がドレスを買えなくなるのは嫌です」

 

ブランシュの天使発言が発せられました。

しかし、「私はもうドレスを買わないから」とアビゲールが諭します。

 

「でも…」

「それでは、一つお願いを聞いてくれますか?」

 

納得のいかないブランシュを説得するため、アビゲールが提案します。

 

「届いたドレスの中で、一番気に入った服を着て見せてください」

 

すべて買う交換条件としてのアビゲールからの提案です。

ブランシュはそれだけなのかと不安になりますが、アビゲールはそれで充分だと笑顔を返しました。

 

本当は写真を撮って残したいけど

アビゲールのそんな心の声は誰も知るよしはありません。

 

お互いに満足できたと思い、アビゲールはその話を切り上げました。

 

「ブランシュ姫、本来は靴をプレゼントするために来たんです」

「そんな! 靴まで…!」

 

アビゲールの発言に当然、ブランシュは申し訳なさを隠せません。

 

「その靴を履いた姿もみたいので、お返しに必ず見せてくださいね」

ブランシュの感激の表情を確認すると、アビゲールたちはその場をあとにしたのでした。

本当はドキドキしてたんです

思わず飛び込んだけど、心臓が爆発しそう…

部屋をあとにしたアビゲール、心臓がバックバクしています。

 

私の言葉遣いは大丈夫だった? 敵を増やしたらどうしよう…

 

アビゲールは今の中身になる前は毒殺されていたこともあり、敵を増やすのはとても驚異になり得るのです。

とはいえ考えても今更しかたない、と諦めます。

 

まあいいか、ブランシュは笑ってたし

 

自分よりブランシュ。これがアビゲール節です。

 

「王妃殿下!」

「そう、私を怖がらずにこうやって呼んでくれ…」

 

心臓バックバクのアビゲールのもとに慌てた様子のブランジュが駆け寄ってきて、「継母だけど娘が可愛すぎる」5話のネタバレあらすじは終わりとなります。

スポンサー

ピッコマ漫画「継母だけど娘が可愛すぎる」5話の感想や見どころ

「継母だけど娘が可愛すぎる」5話の見どころ、というかおすすめポイントはやはり、ブランシュの笑顔で狂うアビゲールの様相ですね!

王妃がいきなり不敵な笑みで壁を砕くってなんでしょうね。

 

しかしブランシュ、やっぱり可愛いですね。子供の可愛さと姫としての生き辛さの体現がされています。

ちなみに、多分ブランシュは何着てもかわいいと思いますよ。

 

さて、ブランシュが駆け寄ってきた理由は一体? 「継母だけど娘が可愛すぎる」6話がとても楽しみですね!

 

\全話あらすじはこちら/
「継母だけど娘が可愛すぎる」
あらすじリスト

 

 

最後に

ピッコマ漫画「継母だけど娘が可愛すぎる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー