双子兄妹のニューライフ|11話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「双子兄妹のニューライフ」10話のおさらいからです。

侍従たちの姿が見えなくなったのを見計らって、アリエンとアルヘンは外へ遊びに飛び出しました。

 

監視の目がない状況でアルヘンと遊ぶのは久しぶりで、思わずアリエンは楽しくなってはしゃいでしまいます。

ところがはしゃぎすぎて木登りの際にうっかり足を踏み外してしまいますが、赤髪の青年がアリエンを受け止めて助けてくれます。

赤髪の男性はアリエンとアルヘンのことを知っている口ぶりでしたが、正体については明かしてくれず、何も言わずそのままいなくなってしまいました。

 

その後侍従たちがアリエン達を探しにやってきましたが、なぜか状況がかみ合いません。

夜になって、アリエンとアルヘンは出会った赤髪の青年のことを思い出し、また会いに行きたいと思うのでした。

 

彼、赤髪の青年とはいったい何者なのでしょうか?

 

\全話あらすじはこちら/
「双子兄妹のニューライフ」
あらすじリスト

 

それでは、「双子兄妹のニューライフ」11話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「双子兄妹のニューライフ」11話ネタバレあらすじ

赤髪の青年のところへ

「・・あの人に会った場所にもう一度行ってみない?」

「・・・いいよ」

 

アリエンとアルヘンはあの赤髪の青年に会いに、真夜中部屋を抜け出しこっそり出かけようとします。

外には侍従や騎士が見張っているはず・・・と思いきや、扉の外には誰もいません。

そして扉の外だけでなく、廊下や皇宮の庭にも誰もおりません。

 

簡単に外出られてしまいましたが、こんなに警備がおろそかで良いのでしょうか?

 

「こっちだっけ?」

「うん、たぶん。・・・・!!!アルヘン大変誰か来る!」

 

二人は咄嗟に木の陰に隠れました。

 

スポンサー

3人の貴族

そこには3人の貴族の男性が、文句を垂れながら歩いてきました。

 

「あ~めんどくせぇ」

「こんな夜中に緊急会議かよ」

「シビオラ城の予算を大幅に上げるなんて、やっぱあの私生児たちの生活費なんだろ?」

 

シビオラ城とは、アリエン達が住んでいる場所です。

 

二人は自分たちの悪口を言っている貴族たちの話を木の陰から聞いてしまいました。

 

「皇族家の私生児なんて国の恥だろ」

「しかも平民の血が混ざってて発現も出来ないんだろ?それでも皇族かよ」

「そんな私生児なんか死んだほうがマシだよな」

 

アリエンは手をぎゅっと握りしめて怒りを抑えます。

“なんでいつもこんなこと言われなきゃいけないの?”

 

母ルラヘルに昔言われた酷い言葉と、同じ言葉を貴族から浴びせられ、当時の悲しい記憶がフラッシュバックします。

“私たちだって、好きで生まれてきたわけじゃ・・・”

 

「それはどういう意味だ?」

「ハッ!!皇太子殿下!!」

 

突然現れた第一皇子を前にして、文句を言っていた貴族らはひれ伏します。

 

「私生児は死んだほうがマシか」

「私の聞き間違いではないか確認したい。さっき貴様らが話していたことを、もう一度言ってみよ」

第一皇子に聞かれたと分かった貴族らは、しどろもどろに言い訳を並べます。

 

「もう一度聞く。先ほど貴様らは皇族を侮辱したのか?」

「殿下・・・恐れ多くも・・そんなことは決して・・・」

騎士に連れていけと命じました。

 

「連れていけ。皇族を侮辱した罪だ、厳しく問わねればならぬ」

「殿下!お許しを」

 

第1皇子ロイド

貴族が連れていかれたのち、その場に残った第一皇子は隠れていたアリエンとアルヘンの元へやってきて大丈夫かと声をかけました。

どうやら、二人が隠れていたことに最初から気づいていたようでした。

 

アリエンは気づかれていたことにびっくりしますが、いつもは何も言わないアルヘンは、皇太子に食って掛かります。

 

「私生児ってだけであんなこと言われたのに大丈夫かって?」

「そもそも皇族なんかじゃなければこんなところに来ることも、こんなふうに生まれることもなかったんだ!!」

「僕たちが何をしたっていうんだよ!!」

 

アルヘンは第1皇子に向かって、悲痛な顔で叫びます。

アルヘンの悲しい感情が、アリエンにも流れ込んできました。

アリエンとアルヘンはただ生まれてきただけにすぎず、なのにいつも私生児だからと酷い言葉を浴びせられてきました。

 

“私たちはただ生まれてきただけだ、生まれる場所を選べたならこんなところなんか選ばなかった・・うわっ”

 

それを聞いていた第1皇子の顔がみるみる険しくなっていることに、アリエン達は気が付きました。

第1皇子を前にしてやらかしたことに気づいた二人は、真っ青になるのでした。

 

 

「双子兄妹のニューライフ」11話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「双子兄妹のニューライフ」11話の感想や見どころ

「双子兄妹のニューライフ」11話で、真夜中にこっそり部屋を抜け出したアリエンとアルヘンですが、周囲に侍従も騎士も誰もおりません。

昨日赤髪の青年と会った場所に向かう途中、3人の貴族とすれ違いますが木陰に隠れてやり過ごします。

 

彼らはアリエン達の悪口を言っておりましたが、その心無い言葉に傷つくアリエンとアルヘン。

そこへ、皇太子である第1皇子が通りかかり、皇族を侮辱した罪だと言ってその貴族ら3人を捕まえます。

 

皇太子は木の陰に隠れていた、アリエンとアルヘンに大丈夫かと声をかけます。

さっきの貴族らの酷い言葉に傷ついたアルヘンとアリエンは、思わず第1皇子に向かって大丈夫なわけないだろ、と強く言い返します。

それを聞いた皇太子の顔がみるみる険しくなっていくのに気づいた二人は、皇族に対して失礼なことをしてしまったと青ざめるのでした。

 

「双子兄妹のニューライフ」12話も楽しみです!

 

\全話あらすじはこちら/
「双子兄妹のニューライフ」
あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「双子兄妹のニューライフ」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー