仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった|17話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」の16話のあらすじおさらいからです。

ブレアはクロエから夫人からもらった金貨を受け取り、魔法馬車に乗って家に戻ることになりました。

ソフ家は廃墟のように廃れて、家の中もホコリまみれでした。

帰ってきてすぐにお母さんにお金を要求されます。

部屋のものもほとんど売り飛ばされていて何もなく、ブレアは帰ってくるんじゃなかったと後悔します。

 

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

 

それでは、「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」の17話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」17話ネタバレあらすじ

お母さんに家の掃除を要求される

ブレアは部屋の扉に寄り掛かりこんなこと考えるのだって無意味だと考えていると、急に扉が開き体勢を崩しました。

後ろを見るとお母さんが立っていて

「帰ってきたんだから掃除しなさい」

といい雑巾をブレアの前に投げ捨て、早くしなさいと言われました。

ブレアはお母さんの態度に嫌気がさします。

「ずっとこの状態で平気だったんでしょ?今さら掃除する必要ある?」

(人をなんだと思ってるの?)と思うブレアは

「私、休暇で帰ってきたの。ここのメイドじゃないんだから。お金も貰えないのに働けるわけないでしょ。」

と言い、お母さんを相手にしている気力すらありませんでした。

「ゆっくりしたいから掃除は自分でして。まぁ掃除の必要性を感じているのならまだマシかもね」

と言い放ち、扉を閉めてしまいました。

お母さんはドアを開けろと叩いています。

「お母さんいいこと教えてあげる。掃除するのが面倒なら小さい家に引っ越すとうんとラクに・・・」

と呆れて言うと、少しお金を渡したからって偉そうにするなと言われてしまいます。

「雀の涙くらいしか稼いでこないくせに!あれで足りると思っているわけ!?」

とさらにブレアは怒鳴られます。

スポンサー

ブレアの怒りが爆発する

お母さんに怒鳴られると、ブレアは扉を開けて

「雀の涙くらいのお金を巻き上げているのはどっちよ?」

と言い返すと、お母さんもブレアが言い返してきたことにさらに怒りがこみ上げます。

「私の稼ぎで生活しようとしてるなんて頭おかしいんじゃないの?」

とさらに言い返しブレアは反抗し続けます。

「五体満足で働けるくせに、親が娘の金をあてにしててどうすんの?少しはお父さんもお母さんも働きなさいよ?」

「私が何かした?文句でも言った?黙って働いてきたじゃない!」

「偉そうなのはどっちよ?いつまでも私が大人しくしてると思うわけ?」

と弱音を吐くと負ける気がすると思うブレアはグッと堪えます。

(弟二人が成人すれば家とは縁を切る。あの二人が社会に出る年になればなんの躊躇いもないのに)と思いながら、お金は渡したからほっといてとブレアはその場から立ち去ります。

それからブレアはボロボロの洗面所に行き、大きくため息をつき苛立ちます。

(親も働かないのになんで私が弟のために身を粉にしないといけないいわけ?)

と頭を悩ませますが、家族とは同じ人間にはなりたくないとつぶやきながら洗面所を出ます。

春が来て弟二人が成人すれば、家族と縁を切る!と怒りを込めながら思いっきり部屋のドアを開けました。

ブレアはクロエに自分の過去を打ち明ける

ブレアは思いっきりドアを開けると

「どこに行ってたんだ?」

とうさぎのぬいぐるみが窓の側に立って、ブレアに話しかけました。

どうしたのですか?と声をかけると

「いつまで経っても呼ばれないから、自分から接続するつもりはなかったのだが・・」

と言いブレアに近づいて、抱っこしてほしいと両手を上げていました。

ブレアはぬいぐるみを持ち上げて、可愛いと癒されます。

すると、ブレアの表情を見て泣いたかどうか聞かれます。

「顔を洗ってきたんです・・・」

というと、ぬいぐるみはじっとブレアを見て言います。

「全部聞いていた。おまえがギャーギャー怒鳴っているのを」

ブレアはギクッとしますが、クロエは聞いていてスカッとしたと言いました。

ブレアはどこから聞いていましたか?と聞くと、≪今さら掃除する必要ない≫というところから全部聞いていたようです。

泣きそうな顔をしていると思ったクロエはブレアに泣くなと言います。

「とにかく私はお前が泣くのを見たくない。それと私のいないところで泣かれるのはもっと嫌だ・・・腹が立つ」

いっそ、私の傍で泣け

とさらにブレアに言いました。

するとブレアはクロエに去年の冬、17歳の出来事を話しだします。

お母さんにフェルン男爵との結婚の話をさせられます。

ソフ家が準備出来なくてもブレアをもらってくれて、家にもお金を入れてくれるということでした。

しかしフェロン男爵にはすでに5人の奥さんがいるので、ブレアは話に乗る気ではありません。

でもお母さんはブレアに選り好みできる立場ではない、男爵夫人になれるからありがたく思いなさいと言いました。

ブレアさえ我慢すれば家族全員が幸せになれるから、嫁ぐ準備をしろと命令していました。

なんで自分が・・・とブレアは悲しみます。

当たり前のようにブレアに嫌なことを押し付けるので、自分の頭がおかしい、家族の言うことが正しいと思うようになってました。

ブレアになって「ブレア」の記憶と感情を持つことで、記憶が自分と共存し始めました。

家族を愛しているのか、憎んでいるのか。

腹立たしいけど、家族が辛そうにしていると胸が痛くなっていました。

「だからお金は私が稼ぐって言ったんです。その代わり結婚は死んでも嫌だって」

「そして家を出て、ビスタ―公爵のお屋敷で働き始めました。」

クロエはその話を聞くと、

「そのまま縁を切ればよかっただろう」

と言いましたが、ブレアもそう思ったけど怖くなったと言いました。

「・・・優しすぎる。だからお前は私のことも・・・」

とクロエはつぶやきます。

「おまえには家族を養う義務などない。逃げていいんだぞ。」

「おまえもわかっているはずだ。お前の家族はおまえがいなくても平気だってことを」

ブレアはこの言葉を聞いてハッとします。

(ブレアが一番恐れていたことはこれだったかも。家族にお金のためとして必要されていることに救われていたのかも)と思います。

さらにクロエは家族のためにブレアが働くのはもったいないと言い

おまえを必要としている私のところに来るんだ

と言いました。

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」17話の感想や見どころ

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」の17話はいかがでしたか?

今回のお話ではブレアの過去、ビスタ―邸に働きにきた理由が分かりましたね!

ブレアだけ大変な目にあわせて、自分たちは幸せになろうというひどい家族でした。

「おまえを必要としている私のところに来るんだ」のクロエの言葉が、今までブレアの心の中にあった全ての苦しみを解放してくれたように感じます。

今回はクロエの名言もあり、クロエの優しい部分がみられた回でしたね!

次回「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」18話で、ブレアはどういう行動にでるのか楽しみです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

 
最新の人気コミックスを電子書籍で読むならU-NEXTがオススメ!
 
初回31日間無料でお試し利用が可能です。
 
U-NEXTは悪女系の作品も盛りだくさん!!
 
 
映画、アニメ、ドラマ、漫画、ラノベ、雑誌、小説などなど
様々なコンテンツがラインナップされており、無料で見れる作品数が業界トップクラス!
 
  1. 【鬼滅の刃】や【呪術廻戦】の最新刊が無料で読める!
  2. U-NEXTなら無料お試しで600Pもらえる!
  3. 無料お試し期間が31日間もある!
  4. 無料の見放題作品や雑誌もたくさん!
  5. 女性誌有名雑誌も読み放題!
  6. 月額1,900円で毎月1,200Pもらえる!
  7. 40%のポイントバックで実質4割引で読める!
 
 
 
【U-NEXTで読める人気作品】
  • 鬼滅の刃
  • 呪術廻戦
  • 進撃の巨人
  • キングダム
  • ワンピース
  • 彼女お借りします
  • 東京リベンジャーズ
などなど
 
無料お試しでもらえる600円分のポイントで、人気コミックの最新巻や最新映画も無料!
 

\31日以内に解約で無料/U-NEXT公式サイトはこちら

スポンサー