仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった|32話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」前回31話のあらすじからおさらいしましょう。

クロエはビスタ―公爵と収穫祭に出席することになり、ブレアも専属メイドとして同行しています。

相変わらずクロエは参加するのを面倒くさそうにしていました。

ブレアとクロエは木陰で待機していると、ブレアはがあるテントの中にいた令嬢ヒフリー・ピアセを発見します。

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

それでは、「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」32話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」32話ネタバレあらすじ

クロエはヒフリーと友達になる

ブレアはヒフリーがハイドに恋してしまうシーンは今日なのかもしれないと思っていました。

ヒフリーには魔法使いのお兄ちゃんが3人いますが、3人とも研究熱心なガリ勉系でした。

そのせいかヒフリーはジェロンの剣聖という称号に憧れますが、ジェロンが実際に戦う姿は見たことがありません。

(そんなとき偶然狩猟大会でハイドに助けられて、彼にときめいてしまう…って展開よね)

と小説の内容を思い出していると、クロエに聞いているのかと呼ばれます。

行ってくるって言ってるんだ

えっ?どこにですか?

祝辞がはじまる

とクロエは会場を指さし、クロエだけ会場に向かいました。

祝辞では簡単な挨拶を済ませて、その後皇家が所有する狩猟場に移動して狩猟大会を始めていきます。

ブレアはクロエの姿を探すと、ビスタ―公爵の隣にいました。

ん?シベロ?

シベロ・ディアン・ビスタ―という、クロエの異母兄弟もクロエの横にいました。

シベロの容姿はビスタ―公爵とは全然似てなく、性格も侯爵と違って優しく温厚ですが、侯爵夫人に見張られクロエいじめを黙って見てる1人でした。

クロエが自由になるとこれまで傍観していたことを後悔し、この上なく優しいお兄ちゃんになるのでシベロは立場逆転の展開に大きくかかわる人物のようです。

でもブレアはもうなのか…と思います。

公爵みたいにシベロはクロエに興味を示しているようなので、小説通りならクロエの力が発現してからこういう展開になるはずだとブレアは考えます。

その時クロエはその場から離れどこかに向かうようでした。

ブレアはクロエを目で追っていくと、クロエはヒフリーのところに行って会話をしていました。

クロエは頷いたりしていて、ヒフリーも可愛らしい笑顔を見せて談笑しているようです。

するとクロエはブレアのところに戻ってきたので、ご令嬢と何かあったのかブレアは聞いてみます。

あー…仲良くなった

突然の仲良くなったという言葉に、クロエの口からそんな言葉が聞けるなんてとブレアは驚きすぎて開いた口が塞がりません。

な…何がきっかけで?

と言いますがクロエはクスっと笑い、とにかくこっちに来いとクロエはブレアを呼び寄せました。

 

スポンサー

ヒフリーのテントに招待されたクロエとブレア

クロエはヒフリーのテントの中に招待され、お茶や会話を楽しんでいました。

ブレアは仲良くなったどころか、クロエがおとなしくテントの中に招待されていることに衝撃を受けていました。

ビスタ―公爵令嬢にもお目当ての騎士様がいるのですか?

いえ。ご令嬢は?

恋バナのような2人の話を聞いているブレアは、ヒフリーはなんて答えるのか予想はついていました。

私は、セ…セルディック卿…

とヒフリーは顔を赤らめて恥ずかしそうに話します。

ジェロン・セルディック卿はお強いのですぐにお戻りになるはずです。誰よりも早く

とヒフリーはキュンキュンしながら楽しそうに話しますが、それを聞くとクロエはサァーっと血の気が引いてきます。

するとクロエはブレアの方を振り返り、無言で今の話を聞いたか?と言っているような目つきで見てきます。

(それどういう顔?何が言いたいのクロエ?今日のクロエなんか変)

とブレアは思いますが、ヒフリーと一緒にいたらクロエまで災難に見舞われるんじゃと思います。

小説ではヒフリーがハイドに助けられるシーンは騎士たちがいない今のような状況だと思い出すと、キャーという悲鳴が聞こえてきます。

 

ハイドが猛獣からブレアとヒフリーを助ける

に…逃げて!

と鋭い角を持った猛獣が侵入してきました。

ブレアは‥て行ってる傍から来た猛獣を見て早く逃げなきゃと思いますがひるんでしまいました。

クロエがブレアの腕を引っ張って、ブレア早く‥と行ってくれたので一緒に逃げようとしましたが

お嬢様!お待ちください!

とブレアは猛獣が床に座り込んで動けないヒフリーのところへ突進していくのを目撃していました。

小説通りならハイドが現れ助けてくれる場面なので、今クロエと2人で逃げてもヒフリーは無事なはずです。

(しかしハイドが現れなかったら?ストーリーが変わってしまったら?このシーンが私の思っているあのシーンじゃなかったら?)

とブレアは思うとこれまで小説通りにならないことが何度かあったのでヒフリーが無事だという保証はないと思い、クロエから手を離します。

クロエの時もそうでしたが、この先どうなるのか知ってるからって今の状況から目を背けちゃいけないと考えたブレアは

お嬢様お逃げください!

とブレアはヒフリーを助けに行くことを選びました。

ブレア!!

とクロエも助けに行こうとしますが、周りにいた人に止められてしまいます。

ご令嬢!

とヒフリーにブレアは手を伸ばし助けようとしますが、猛獣はもう2人の目の前に迫ってきてます。

(一足…遅かった!)

とブレアはヒフリーをぎゅっと抱き、もうダメと思うと大きな音でガンッ!!と聞こえます。

痛くない…と思ったブレアは恐る恐る目を開けてみると、金髪の騎士が剣で猛獣の足を止めていました。

大丈夫か?

と騎士に声をかけられると、その騎士はハイドだったことが分かりました。

「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」32話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」32話の感想や見どころ

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」32話はいかがでしたか?

クロエにヒフリーという新しいお友達が出来ました。

自分から友達が出来たということに、ブレアもとても驚いていましたが本当にクロエの成長を感じましたね!

デビュタントの時に出会ったタイティとは接し方が全然違いました!

ヒフリーの気になる騎士がセルディック卿と聞くと、まだジェロンに嫉妬してたのかクロエがブレアを見る顔が面白かったです。

またヒフリーを助けるブレアの行動も勇敢でしたが、小説通りにハイドが助けに来てくれました。

ブレアの行動で小説の内容は変わっていくのでしょうか?

次回「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」33話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー