仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった|34話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」前回33話のあらすじからおさらいしましょう。

ハイドに助けられたブレアとヒフリーでしたが、ブレアは手をケガをしてしまいハイドに連れられ宮医のもとに行きます。

読唇術を持っていることを知っているブレアは、余計なことを考えてしまうので早くハイドから離れたいと思っていました。

手当が終わると、ブレアはハイドに引き止められます。

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

それでは、「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」34話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」34話ネタバレあらすじ

ハイドは読唇術でブレアの心の中を読んでいた

オーマン侯爵はハイドにブレアとどんな話をしていたのか聞いてみました。

…あの令嬢、僕の力のことを知っている

というとオーマン侯爵は驚き、ハイドの力のことは誰にも話していないので知られるはずがないと否定します。

ハイドの力を知っているのは自分と陛下、オーマン侯爵でした。

ハイドはまさかとオーマン侯爵を一瞬疑いますが

私の辞職願をお求めですか?

とオーマン侯爵はスッと紙を出し暗い表情をするので、ハイドは引いてしまいオーマン侯爵が人に話すはずがないと言いました。

(それなら…一体どうして…)

とハイドはブレアが読唇術と間違えなく自分の力のことを考えていたことを思い出します。

ソフ子爵令嬢が大公と関わる可能性は?

いまのところございません

オーマン侯爵はブレアが仕えている主はビスタ―公爵令嬢であり、そのような人ではないですがこの先が不安になり監視をつけるよう提案するとハイドは賛成します。

それより子爵令嬢が僕を見た時、何を考えていたかわかるか?

オーマン侯爵はブレアの考え事はもちろん把握出来ませんので答えられずにいると

素敵な人だってさ。それも素敵素敵素敵と3回も。それについて君はどう思う?

オーマン侯爵は少し白目になる表情で無言になり、そろそろ狩猟大会にお戻りくださいと言います。

 

スポンサー

ブレアはクロエに雪だるまを見せたくて外に誘う

秋の収穫祭が終わり、冬がやってきてあたりは雪景色に変わります。

ブレアはクロエの部屋で窓の外を見ていて、クロエをみるとベッドで読書をしていました。

クロエは収穫祭が終わってから、毎日特殊能力に関する本を読んでいました。

ブレアはクロエに雪だるまを作りに行きませんか?と誘いますが、クロエは凍え死ぬだけだと言い動きません。

(確かにここにいれば温かい。侯爵がいろんな魔法保温用品を設置させたから)

それなら一人で行ってきます。後で見に来てくださいね

と言うとクロエは本を読むのをやめて、厳しい目つきでブレアを見ながらどこに行くと言いました。

ゆ…雪だるまを作りに

とブレアはビクッと驚きます。

クロエは収穫祭から態度も少し変わり、妙にまじまじとブレアを観察したり、どこかに行こうとすると過剰に反応するようになりました。

(前まではここまでじゃなかったのに。私がこのお屋敷から追い出される夢をみたって言ったからかな?)

と考え、夢を見たのはただミーサに言われたことが頭に残っていたと思っていました。

寒いからここにいろ

と言いますがブレアはクロエに雪だるまを見たことがあるか聞きます。

私が真の雪だるまをお見せします

真の雪だるま?そんなに行きたいのなら私もいく

 

ブレアはクロエの成長に気付く

白いコートと白いファーのマフラーを身にまとったクロエを見て、ブレアはうさぎみたいで可愛いと思っていました。

クロエとブレアは転がしながら大きな雪玉を作り、ニンジンや木の枝で飾り付けをして雪だるまを完成させました。

どうですか?これが雪だるまです!

こんな不格好なのが?

と会話をしているとブレアはくしゃみを思いっきりします。

だから言っただろうとクロエに言われてしまい、風邪かなと思ったブレアはそろそろ中に入りましょうかと言いました。

クロエが来いと言うと、白いファーのマフラーをブレアの首にかけてあげました。

これじゃお嬢様が風邪引いちゃいます

と驚きますが、クロエは暑いからいいと言います。

その時、ブレアはクロエの目線が自分の高さと同じになってることに気付きます

どうかしたか?

なんだか…不思議で

といつの間にかクロエが初めて会った時よりも健康的になり背も伸び、これまでの努力が報われた奇跡みたいと思います。

お嬢様、笑ってみてください

とクロエにお願いし、幸せになったクロエを見たら自分がどんな気持ちになるのか、その時の自分は奇跡を超えて何に例えるのか考えます。

おねがいします~!ほらこんな風に

とブレアはクロエに満面の笑みをこぼし、クロエはその笑顔に目を奪われます。

私はいい、一人で笑ってろ

とクロエは赤面するとブレアから顔をそむけ、部屋に帰っていきます。

お嬢様、マフラー巻いてくださるんじゃなかったんですか!?

自分でまけ

といつものクールなクロエに戻ってしまい、ブレアはクロエの笑顔を見ることが出来ませんでした。

死ぬまでに一度は見れるかなと思うブレアでしたが、クロエの笑顔がは永遠に見ることが出来ないかもしれないと思ったのはこの日の翌朝のことでした。

スポンサー

翌朝クロエの部屋の前に人だかりが出来ていた

翌朝ブレアは夜に変な夢をみたことを思い出していました。

久しぶり見た夢にとある家が出てきて、その家の前で大泣きする夢を見ていました。

(寝ながら泣いていたかも、目が腫れてる。なんであんなに悲しかったんだろ…)

と目をこすりながらクロエの部屋に向かっていました。

クロエに心配されるといけないと思い、目を冷やしていたので遅くなってしまいました。

その時ブレアは、メイド達がクロエの部屋の前に集まり騒がしい様子なのを目にします。

「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」34話のネタバレあらすじはここまでです。

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」34話の感想や見どころ

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」34話はいかがでしたか?

ブレアの悪い予想は的中し、ハイドは読唇術でブレアの思っていることを全て読み取っていました。

誰も知らないようなハイドの力を、ビスタ―公爵令嬢のメイドが知っているという不自然な出来事にハイドもオーマン侯爵も驚きますよね…

このことでブレアは何者なのか今後詮索されることになりそうです。

外での雪だるまづくりの後のブレアとクロエのやり取りがとても尊い感じで、クロエの体や心の成長も感じられる一面でした。

しかしクロエの笑顔が永遠に見れないかもしれないと思ったのはなぜなのでしょうか?

クロエの部屋の前にメイド達が集まっていたので、クロエの身になにかあったのでしょうか?

次回「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」35話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー