仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった|42話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」前回41話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

クロエは倒れてから数日後目を覚ますと、公爵は心配そうにしていました。

急に態度が変わった公爵に違和感を持ちつつも、ブレアを探しますがすでにブレアはビスター邸を出て行っていました。

以前にブレアにあげた白うさぎのぬいぐるみを通して魔法で居場所を探そうとしますが、魔法を使おうとすると吐血してしまい使えませんでした。

ある日の夜、クロエはハサミを握りしめ公爵がいる部屋へと向かいます。

 

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

 

 

それでは、「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」42話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」42話ネタバレあらすじ

クロエは公爵の前で髪を切り、自分を跡継ぎにして欲しいと頼む

何の用だ?

と突然部屋に入ってきたクロエの様子を見ると公爵は驚きます。

 

クロエは公爵の目の前で自分の髪の毛や自分の服を切り刻みました。

今までクロエは本当の自分を隠して息を殺しながら生きてきましたが、ブレアのような大切な人が出来て考えが変わったクロエは自分に力が必要だと思っています。

 

私を公爵の跡継ぎにして欲しいです。クロエではなく、クロード・ディアン・ビスタ―を

と自分はクロードとして踏み出す準備が出来ていました。

 

スポンサー

公爵がクロードを連れてきて、クロードは勢力を高める

それから数年後に公爵が1人の青年クロードを連れてきます。

クロードの容姿はとても公爵に似ていて、公爵はクロードは親族だと周りに説明していました。

 

なぜ親族を養子に迎えたのか憶測が飛び交いますが、長男のシベロが跡継ぎと思われていたために悪い噂が出回りますが、公爵は沈黙を貫きます。

しばらくすると公爵夫人は倒れ、離れから出てこなくなりました。

 

突然現れた公爵の次男クロードは人目につくことはありませんでしたが、世間から存在が忘れ去られる頃にクロードは特殊能力を持っていることが明らかになります。

特殊能力を持っていることに社交界はざわつき、皇太子ハイドにクロードが贔屓されている噂も広まり世間の注目を集めました。

 

その後クロードは勢力を拡大し、長男のシベロに並ぶようになります。

一方で公爵夫人とシベロの立場は弱くなり、公爵ですらクロードとシベロにかすむほどになっていました。

 

クロードは遂にブレアの行方を探すことができると確信しました

ブレアの行方は首都なのか、いないのか時が経ち過ぎていたため手がかりがほとんどありませんでした。

 

クロードが仲介人を通じてやっと手に入れた住所が、数日前に届いたハイドからの手紙に書かれていた住所と同じでした。

(はじめから知っていたのだろう…)

 

常にクロードはブレアの事を考えていたので、ハイドに心を読まれていたのかと思うと腹が立ってきます。

クロードは執事に馬車を準備するよう伝えるとさらに追加でお願いをします。

 

一番高くて豪華な馬車を用意してくれ

ブレアは綺麗な物や可愛い物が好きなことは覚えていました。

さらにブレアに会うためにクロードは身だしなみを整え、ブレアの家に向かいます。

 

クロードはブレアの家の前でブレアの帰りを待つ

クロードはブレアの家に着くと、ブレアは留守にしていました。

扉を壊して侵入しようかと思いますが、さすがに数年ぶりの再会なので仕方なく帰りを待つことにします。

 

しかし帰ってくる気配はなく日が暮れそうになっていました。

どこに行ったんだよ?

 

とクロードの気分が沈んでいたその時、どっかで見たことがある馬車だ!と驚くブレアの声が聞こえてきます。

その驚く雰囲気は昔と変わらないと感じたクロードは、遅いじゃないかと言いブレアと対面しました。

 

ブレアが驚く顔を見て、昔にブレアが≪お嬢様がお坊ちゃまになる夢です≫と夢の話をしてくれたことに絶対に気付いているはずと感じ、クロードはずっとこの瞬間を待っていました。

クロードはあの時ブレアが見た夢を、自分が見せた未来を覚えていてくれたと思うと

 

「私はこの次なんと言ったんだ?」

とブレアに問います。

スポンサー

ブレアはお嬢様が男になったことに仰天する

2人はブレアの家に入ると、ブレアは震える手でお茶を用意してくれました。

あまりの出来事でブレアは震えが止まらず、お茶をクロードにこぼしてしまいます。

 

今すぐ拭くものを…

とブレアは離れようとするとクロードはブレアの腕を掴み

 

貸せ。私が注ぐ

と言われたのでブレアはパッとクロードから離れました。

 

クロードの大きな手に低い声、容姿をチラチラとブレアは恐る恐る見るので

なんだ?

とクロードが言うと、ふきんを持ってくるといいブレアは部屋から逃げていきます。

 

扉を閉めるとブレアはその場にヘナヘナと腰を下ろしました。

これは夢ではないのか、こんなことがありえるのかとブレアは仰天してしまいます。

お嬢様が男になったことに、この物語の作者は何を考えているのかと頭を抱えました。
「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」42話のネタバレあらすじはここまでです。

 

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」42話の感想や見どころ

「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」42話のネタバレあらすじはいかがでしたか?

遂にクロエがクロードに変わる瞬間について触れました。

ブレアが39話で物語ではビスター公爵子には2人の息子と1人の娘がいる話していましたが、実際には違いましたね。

突然養子に連れてきたのはクロード(元クロエ)ということになります。

クロエはブレアに会うために自分に力が欲しいと思い、クロードとなり長男のシベロに引けを取らない存在になっていました。

ブレアもクロードもお互いの存在を忘れず、クロードがブレアを大切な人としてずっと思い続けていたことに感動します。

いよいよ数年ぶりに再会し2人きりになったクロードとブレアですが、次回ではどんな話をするのでしょうか?

 

次回「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」43話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー