仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった|43話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

この記事では、「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」前回42話のネタバレあらすじから、おさらいしましょう。

クロエは公爵の目の前で髪を切り、クロエとしてではなくクロードとして自分を公爵の跡継ぎにしてほしと言い、数年後にクロードは親族として公爵に連れてこられ養子になります。

その後長男のシベロと同じようにクロードは勢力を増していき、さらには特殊能力が使えるようになりました。

そしてクロードはブレアの家で待ち伏せをして、ブレアと何年ぶりに再会します。

ブレアは家でクロードと2人きりになりますが動揺しお茶をこぼし、別の部屋に逃げ込みお嬢様が男になったことに驚きを隠せませんでした。

 

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

 

 

それでは、「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」43話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」43話ネタバレあらすじ

クロードがブレアに元クロエだということを伝えた

前に男の私を見たと言っていただろう

とクロードはブレアに、自分の名前≪クロード・ディアン・ビスタ―≫と名乗ります。

 

ブレアはお嬢様が男になる夢を見たのは覚えていましたが、これはただの夢ではなかったのかと頭を抱えます。

あの時見た夢はクロードの力が自分に見せたものだったというなら想像はつくとブレアは悩みました。

 

小説の世界ならヒロインが実はヒーローだったということはありそうと思いながら扉を開けると、ブレアの目の前にクロードの胸元が目に入ります。

クロードにどこまでふきんを取りに行ってたんだ?と言われると、ブレアは町のはずれにふきんを保管しているという訳の分からない言い訳を返しました。

 

その言葉を聞いたクロードは

本当にお前はあの頃のままだ

と目を細め優し気な笑みをこぼすので、思わずブレアはクロードを見惚れてしまいます。

 

スポンサー

クロードとなかなか目を合わすことが出来ないブレア

再び席に着いた2人ですが、ブレアはとても気まずそうにしていました。

先程淹れたお茶も冷めたと思ったので、温め直すという口実で席を離れようとしますが、クロードは必要ないとポットに手を置きます。

 

気まずいブレアは挙動不審になってしまいますが、その行動も相変わらずだと言うクロードは

なぜこちらを見ない?後ろめたいことがあるのではないか?

 

と言うとブレアはビクっと反応しました。

クロードはブレアは思っていることを話さないと気が済まない性格だから、話してみるように言います。

 

後ろめたいことはありません…

ないだと?

と言うとクロードは、ないはずがないとテーブル越しに身を乗り出してブレアに近づきました。

 

急に近づいてきたのでブレアは思わず目を背けて、自分は何もしてないと話します。

私を見捨てたんだ。なぜ一生一緒にいるという約束をしたんだ?

 

とクロードはブレアの手に自分の手を重ねると

あんな約束をしたのに一度も戻ってこなかったじゃないか

 

とブレアの手を恋人繋ぎのようにギュッと強く握りしめます。

ブレアは痛さに耐えながらクロードの話を聞きました。

 

どれほど探したか…

とクロードは手を握りしめながら顔を近づけてくるので、ブレアは手が痛いと言うとクロードは我に返り手をほどき、謝りました。

 

大丈夫か?見せて見ろ

と再びクロードはブレアの手を触るので、ブレアは黒魔法を使って直すのはやめてほしいと言います。

 

ちょっと痛かっただけだから大丈夫です

…見せてみろ

 

というと紫色に手がパァーっと輝き、あっという間にクロードはブレアに魔法をかけていました。

痛くないはずだ

 

とあっという間に痛みが消えていったので、ブレアは黒魔法は血を使う術なのではと思っていましたが

あの頃から私が成長していないと思ったか?

 

と目をそらしながら話すので、ブレアは魔法が上達したんだ!と驚きながらクロードを見つめていました。

やっと目を合わせてくれたね…

と言われたので、ブレアはまたそっぽを向いて顔を背けました。

 

意見がすれ違うブレアとクロード

クロードがこっちを向いてくれといってもブレアは抵抗するので

私が嫌いなのか?

 

とグイっと力づくで、クロードは目を合わせようとブレアのおでこに自分のおでこをコツンと当てます。

するとブレアは驚き避けようとすると、椅子ごとひっくり返りそうになるのでクロードは抑えて

 

危ないだろう

とブレアの耳元で囁くので、ブレアは顔が真っ赤になります。

 

驚かすからよ…

驚くほど私が嫌いなのか?

 

と2人はやり取りを続けますが、クロードは真剣にブレアに話しかけました。

ブレア・ソフ…私を見てほしい。どんな思いでここまできたかわからないだろう

 

と自分が男だから嫌なのかとクロードは問いますが、ブレアは心の中で嫌ではなくクロードの顔を見ると心の何かが掻き乱されると思います。

沈黙するブレアにクロードはため息をつき、顔を見たくないほど嫌いだと言っても無駄と言い

 

ここに来たことを後悔してないし、ここを離れる気はない

と勝手なことを言い出すクロードにブレアは口をあんぐり開けてぽかーんとしてしまいます。

 

お前も昔は嫌がる私に散々勝手なことをしたではないか

というと一つだけといいさらに付け加えます。

 

また私を見捨てたり逃げ出したりしたらそのときは…

というとブレアはもう!と急に立ちだし、見捨てたなんて人聞き悪い!と怒り始めました。

 

私は見捨てられたんです!冬の日に帰る家もないのに追い出されて、逃げる気があるならもっと遠くに逃げてます!

ブレアはさらに自分はなぜ逃げなくてはいけないのかと、クロードに指を指しながら怒り他の部屋に逃げ込んでしまします。

今度はクロードはポカーンとした表情で固まってしまいました。

 

「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」43話のネタバレあらすじはここまでです。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」43話の感想や見どころ

「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」43話のネタバレあらすじはいかがでしたか?

久しぶりに2人の時間を過ごすことになりましたが、クロードはブレアが約束を破って見捨てたと思っていた一方で、ブレアは見捨てられたと思っていました。

確かにクロードは目が覚めたらすでにブレアはいなかったですし、見捨てられたとしか思えなかったでしょうね。

逆にブレアが見捨てられて追い出された話をちゃんと聞けば、クロードは公爵を悪く思うでしょう。

しかしあんなイケメンになったクロードがブレアに接近するシーンはドキドキしてしまいますね♡

ブレアが目が合わせられないのはクロードに対する好意があるのでは?

次の話ではまた2人はどんな話が繰り広げられるのでしょうか?

 

次回「仕えたお嬢様がおぼっちゃまになった」44話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー