仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった|44話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」前回43話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

ブレアはクロードからなぜ一生側にいると言ったのに見捨てたんだと言われ、強く肉ロードに手を握りしめられたブレアは耐えます。

ブレアの痛くなってしまった手をクロードは魔法で治すと、昔のやり方とは違って魔法が成長したと思うブレアはふとクロードを見つめます。

クロードはブレアに自分をもっと見てほしいと言いますが、ブレアはなかなか出来ませんでした。

するとクロードはここから離れる気はない、今度また見捨てたらと話し出すので、ブレアは自分が見捨てられたと反論し他の部屋に逃げ込みます。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

 

それでは、「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」44話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」44話ネタバレあらすじ

クロードがブレアのことが諦められなかった理由を話す

クロードはブレアのいる部屋の前に来ますが、ブレアは私の勝手だと言い部屋の扉を開けてくれませんでした。

なぜあれから年を取っているのにまだ幼稚なんだ?

そっちだって!

 

とブレアの怒りは止まりませんでしたが、そっちと言われたクロードも不機嫌になります。

ではなんてお呼びすればいいのですか?

 

と言うとクロードは黙ってしばらく無言になりますが、名前で呼べばいいじゃないかと言われます。

心の中では名前で何十回も言っていましたが、ブレはそういうわけにはいかないと答えました。

 

クロードはここを開けろと部屋のドアを開けようとしますが、まだブレアは開けようとしません。

開けるなら警察を呼びます!

 

そう来たかと少々お怒りのクロードですが、

ブレアを警察に突き出してこの家を買ってしまえば終わる

と言い返しました。

 

するとそれは卑怯だ!とブレアが言うと、クロードも卑怯なのはブレアだと2人はまた言い合いになります。

いい加減にしないか

 

とため息交じりでクロードは言うと、ブレアは急に男が来て≪私がお嬢様だ≫と言われても理解が出来ないと話します。

私が男だから嫌なのか?

お嬢様はこんな人じゃない…

 

するとクロードは、だから私がお嬢様だと言っているだろう!!と怒鳴りながら部屋の扉を強く殴りました。

やってしまった…と頭を抱えるクロードですが、扉の向こうでは男のの姿でお嬢様というクロードにブレアは笑っています。

 

クロードはブレアに鋭い質問をぶつけます。

なぜここに来た理由を聞かないのか?本当の私を拒む理由を教えてほしい

 

お嬢様がお坊ちゃまになるとは嘘みたいで、自分が知るお嬢様ではないです

ブレアも心の中では確かにクロードはクロエということは分かったいるようですが、ブレアも隠れているのに理由があっても言えませんでした。

 

ずっと探してやっとここに来たんだ。おまえが私を見てくれたから

とクロードは扉に頭をつけて、諦めきれなかったと話します。

 

クロードは特殊能力が使えて昔から他に人とは違うことに気付いていました。

ブレアがメイドをして眠っているときにクロードは発現前のかすかな力を使うと、ブレアは男の自分を見たと話します。

 

その言葉を聞いてクロードは希望を見出しました。

クロエの時は生きるために呪いをかけて、望まない姿で窮屈な暮らしをしていましたが、ブレアが現れ、初めて本当の自分を見てくれた人が現れたと言います。

 

クロードとなり力が発現し、色々な人が近づきその人たちに未来を見せてやりましたが、その人たちの未来にクロードは存在しませんでした。

この説明をした後にクロードは

 

自分の居場所はどうやらお前の傍にあるみたいだ

というと、ブレアは驚き頬を赤らめます。

 

だからずっと耐えてこの日を待ちわびた。出てこないならいつでも待つ

とブレアが扉を開けてくれるまでここで待つと優しく話しました。

 

スポンサー

ブレアがクロードに腹を立てていた理由を話す

クロードの話を聞いたブレアは、自分が悪人みたいだと泣きながら腰を下ろしました。

私が悪かったです

 

と涙を流し謝りますが、実はクロードに腹を立てていたと話します。

クロードの意識が戻らないのは自分のせいだと思い、公爵の言う通りにするしかなかったと伝えました。

 

自分はクロードの本当の家族ではないので何も言えませんでしたが、追い出されたあとに何度もビスタ―邸に行きクロエが別荘に行ってからは行きませんでした。

それなら何故私に腹を立てたんだ?

 

お坊ちゃまが魔法をかけたうさぎのぬいぐるみを覚えてますか?

あれをまだ持っていたのか!?とクロードは驚いているようでした。

 

もしかしたらお坊ちゃまがぬいぐるみを通して連絡してくれると思って取っておいたんです!

と思い切ってブレアは言いました。

 

…したよ

とクロードは言いますが何者かに阻止されて、魔法が安定していなかったと話します。

 

ぬいぐるみに賭けた魔法はおまじないのように効果が薄れたと説明しました。

ブレアはこれまで期待していた自分が恥ずかしくなります。

 

ブレアはなぜもっと早く来てくれなかったのかと扉を開けて話す

まさか私から連絡がなくて腹を立てていたのか?

と言われると、ブレアは思わず手で口を押え顔が真っ赤になり恥ずかしさが頂点に達しました。

 

お坊ちゃまが意識無くなって大変なのはわかっていたけど、一回くらいは連絡しても…と腹が立ちました

と自分が勝手に誤解をして腹を手ててごめんなさいと謝ります。

 

私はこんな人間なんです

そのくらいが人間らしくていい

 

というと、クロードは自分も腹を立てていたからお互いにチャラにしようと、あまり深く考えないようにと話します。

私は勝手すぎました…

 

と反省するブレアですが、クロードの話す一言一言に自分への配慮が感じられると思うと、もう一つ勝手なことを言ってもいいかと聞きます。

するとブレアは部屋の扉を開けて

 

なぜもっと早く来てくれなかったんですか?

と涙を流しながらクロードを見つめて話しました。

 

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」44話のネタバレあらすじはここまでです。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」44話の感想や見どころ

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」44話のネタバレあらすじはいかがでしたか?

今回はほとんど扉越しに話す展開になりましたが、クロードはなぜブレアを探していたのか、ブレアはなぜクロードに腹を立てていたのかを伝えることが出来ました。

お互いに頑固なので分かるまで少々時間はかかりましたがw

ブレアがクロエがお坊ちゃまになった夢を見たのは、当時のクロエが発現前の力のせいだったんですね!

クロードの未来を見てくれたのがブレアだけだったということに運命を感じますね♡

最後にブレアはなぜもっと早く来てくれなかったんだと、心の声が露わになり泣きながらクロードを見つめました!

ブレアのこんな姿をみたクロードは一体どうするのでしょうか?

 

次回「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」45話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー