仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった|61話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」前回60話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

ジェロンがビスター邸を訪れ、ブレアはジェロンと久しぶりにゆっくりと会話をします。

最近ジェロンが胸が痛いことを話し、その痛みは初めてクロエに会った時から続いていたことを知るとブレアは恋では?と感じました。

また最近クロードと会う時もジェロンは同じ様な胸の痛みを感じると話すので、クロードにクロエを重ねた恋をしているのではとブレアは察します。

その後ブレアはお客様を待つクロードに会いに行くと、突然大声を上げてブレアのもとにやってくる人が来ました。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

 

それでは、「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」61話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」61話ネタバレあらすじ

タイティの仕事にクロードは投資をしていた

ブレアに思いっきり走って抱きついてきたのはタイティでした。

タイティはクロードのことを悪党と呼び、ブレアがまた専属メイドになったことに対して悪党に捕まったと騒いでいます。

 

クロードは嫌な顔をし、投資者に向かっていう言葉かと呆れていました。

投資してるからって偉そうにしてないでよ!

 

価値のないものを選んでくるのに、支払っているじゃないか

とケンカ腰に話す2人に、ブレアは2人の関係は相変わらず変わらないなぁと思いましたが、投資の話は初耳だったので聞いてみます。

 

タイティは魔法の道具の事業を始め、財源を確保したかったクロードはこの事業に投資をしていました。

それで2週間に一度仕事の話でクロードとタイティは会っているようです。

 

クロードはタイティに使えないものばかり集めると文句を言うと、タイティは投資をする気がないとクロードに文句を言い返します。

投資までする価値がない

本当にケチね!

 

商売人のタイティがケチという程なので、クロードは実は相当ケチなのでは?とブレアは考えていると

ブレア、今の言葉を真に受けているのか?

 

私たち友達だし、私の言葉を信じるわよね!?

と今度はブレアを巡ってクロードとタイティは言い争いを始めるので、よく2人で仕事をしようと思いましたねと思わず口に出してしまいました。

 

スポンサー

ブレアはクロードの胸の痛みは失恋で、その相手は自分だ気が付く

クロードはため息をつきながら他に仕事が出来そうな人がいないと言い、タイティはムカつくけどビスター公子が選ぶものは人気が出ると言います。

その時ブレアはタイティは仕事も出来て賢く努力家なヒロイン向きだなぁと思いますが、クロードとはあまりにも仲が悪すぎました。

 

その時クロードはタイティが仕事の話をしているのにも関わらず、ブレアがクロードに目線をやるとクロードはチラ見して視線を合わせようとします。

クロードはブレアに座るように促しましたが、ブレアが座ってもタイティがギャーギャー騒ぎながら仕事の話をしていてもクロードはチラチラとブレアに目線を送ります。

 

ブレアはその視線を感じると、クロードの胸の痛みはジェロンと同じ失恋の痛みだと思いその失恋の相手は私だと思うとブレアは気が重くなりました。

ブレアは自分が自意識過剰だと思っていましたが、今までにあったクロードとの出来事を思い出すと、そのクロードの思いに気が付かなかったのが不思議だと感じます。

 

しかし自分に出来ることは何もないこと、今自分がクロードの思いに気付いたところで何も変わらないと思いました。

(お坊ちゃまの事は意識してないし、今までと違う風に見えるわけでもないな)

クロードが身近な自分への感情が恋愛だと誤解しているのではと思い、自分のことを諦めるかもしれないから今まで通りスルーしようとブレアは考えました。

 

タイティはピアセ伯爵令嬢(ヒフリー)を説得させる案を出す

ブレアがクロードとの接し方を考えている最中、クロードとタイティは仕事の話がスムーズになってきていました。

魔塔で注目されているピアセ兄妹に声をかけては?変わりものですが…

 

とタイティはピアセ伯爵令嬢を説得したほうが良いとクロードに提案すると、ブレアはピアセ伯爵令嬢は収穫祭の狩猟大会であったヒフリーだと勘づきます。

タイティは令嬢に関する情報があまりないと言うと、ブレアは知ってますよと話に割り込みました。

 

クロードとタイティはブレアが知っていることに驚きますが、ブレアは一旦頭を整理させます。

ヒフリーは狩猟大会でハイドに惚れて、ハイドの情報を得るためにお茶会に参加してると言おうとしましたが、実際にハイドに守ってもらえてもヒフリーの表情は完全に怯えていた表情でした。

 

もしかしたら自分のせいで小説通りに進まなかったのかもしれないと思ったブレアは、2人になんでもないですと言います。

でも知っていることが合ったら教えてください

違うかもしれないですが、ロイヤルティーパーティーに時々参加しているようです

 

とブレアはタイティに教えると、それは気軽に参加できるお茶会ではないとタイティは言いました。

招待されればいいことなのでは?

 

あれは男子禁制のパーティーで…

と言うとタイティはキラキラとした目線をクロードに送り良いこと思いついたと言いますが、クロードは内容を聞かずに断ります。

 

タイティではロイヤルのパーティーには参加できないというと、クロードはだから女装をするのかと疑問に思うと

前にダンスを踊るために男装…

と喋るタイティの口に、クロードはマドレーヌを突っ込みました。

 

スポンサー

突然ブレアはクロードのプロポーズを受け取った

そのやり取りにブレアは、タイティもクロードがクロエだったことを知っている人物と知ります。

クロードがクロエということを知らない人はジェロンだけのようです。

 

ブレアはハッキリと女装はしてはいけないと断りました。

呪いの事を思い出すと浄化の泉での出来事を思い出しクロードに辛い思いをさせられないと思いますが、タイティは他に方法が思いつかないと言います。

 

ピアセ一族と手を組むことがタイティにはとても重要なことで、今考えている魔法の道具の開発されたら人件費の削減に貢献できると考えていました。

ブレアはクロードの意見を聞くと、クロードはシベロが動き始めたから開発より即実績をあげたいと言います。

するとブレアは突然クロードに婚約しましょうと真面目な顔をして言いました。

 

 

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」61話のネタバレあらすじはここまでです。

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」61話の感想や見どころ

やはりタイティが久しぶりに登場しましたね!

今ではクロードと一緒に仕事をするようになり、相変わらず仲は悪そうに見えますがビジネスパートナーとしては合っているようです。

そしてブレアはクロードの自分に対する思いにようやく気付き始めました!

ブレアが言う通り気付かなかったのが不思議ですが、やはりメイドと主人の関係では何も出来ませんよね…。

一度これまで一緒にスルーをしようと考えていましたが、その考えは一変し最後に突然ブレアはクロードに婚約しようと言いました!

驚きの展開になりましたが、シベロが動き始めたという言葉にクロードの焦りなども感じ、ブレアが何か手助けできること=プロポーズを受けるという考えに至ったのでしょうか?

 

 

次回「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」62話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー