仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった|62話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」前回61話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

クロードはタイティの魔法の道具の開発に投資をして、タイティは2週間に1度仕事の話をしに来ていました。

うるさく2人が仕事の話をしている中、ブレアはクロードの胸の痛みが自分に失恋した痛みだったことに気付きました。

今気付いたと事で何もできないからスルーしようと思っていたブレアですが、シベロが動き始め仕事の実績を今すぐ上げたいというクロードに婚約の話を持ち掛けました。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

 

それでは、「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」62話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」62話ネタバレあらすじ

ロイヤルパーティーに招待されるためにブレアはクロードと婚約する

ブレアが婚約すると言うと、クロードとタイティは同時に大声で反応します。

本気か!?

ブレア!婚約って!?

 

タイティはクロードにブレアにプロポーズしたことに怒り、ブレアに公子の餌食になるととても嫌がりますが、ブレアはこれは偽りの婚約だからと言いました。

ブレアはこれは自分とクロードの問題だと言い、タイティは納得はしてませんが一旦部屋の外に出て話し合いをするようにと言います。

 

部屋にはブレアとクロードが2人きりになり、クロードは婚約を受けるのは本気なのかと何度も確認しました。

お坊ちゃまの婚約者なら招待状が貰えると思います。ピアセ伯爵令嬢にも会えるのではないでしょうか?

 

そのために私と婚約を…?

その他にもブレアはクロードの力になりたいことやクロードの未来を見ること、また力になることでお金が稼げると言い

本当に結婚するわけではないですからね

 

と言うとクロードは悲しそうにそうだなと返事をします。

ブレアは婚約すれば自分が好きなクロードが喜んでくれると思ってくれましたが、実際にはクロードはうつむき暗い表情を見せていました。

 

スポンサー

ビスター公爵にブレアは金を持って消えろと言われるが…

その後ビスタ―公爵の次男が婚約した話は世間にすぐ広まります。

社交界の場ではクロードの婚約の話で持ちきりになり、クロードとブレアが会場に到着すると2人のオーラに周りも思わず見惚れるほどでした。

賛否両論ではありますが2人の婚約に注目をします。

 

また後日ブレアはビスタ―公爵に呼ばれ、金目当てなら今すぐ消えろとまるで昼ドラのような場面に出くわしました。

お金を目の前に出されますが、ブレアはその少ない金では動かないと強きに出ます。

 

公爵様がいくらお金を出してもその3倍を自分に支払う約束をクロードがしてくれました

と公爵がブレアを消すためにいくらお金を出してもクロードからブレアに支払う金額が高くなるというシステムを作り出し、ブレアは公爵を黙らせることに成功します。

 

公爵の部屋から出た後ブレアは招待状が届いていないかチェックをしようとクロード部屋に向かいます。

すると既にクロードが帰っていて、クロードはロイヤルパーティーの招待状を見ていました。

 

クロードはロイヤルパーティーは誰でも招待されるのではと言いますが、ブレアはクロードと婚約したから招待されたと心の中で思います。

偽りの婚約をしてよかったですね!

と嬉しそうに言うブレアにクロードは朝、剣術の練習をしているときにデイスと話したことを思い出しました。

 

ロイヤルパーティーに招待されたブレアにクロードは本格的に準備を進めようとするが…

婚約は本気なのか?

クロードはデイスには関係ないと言いますが、悲しそうに自分は本気なのにブレアは本気じゃなく婚約は偽りだと心の中で思います。

 

何故あの子を繋ぎとめる必要がある?

クロードはデイスの言うことに耳を傾けませんが、デイスから勘違いしていると指摘されます。

 

デイスはクロードをおもちゃを欲しがって駄々をこねる子供とどこが違うのかと聞くと、ブレアをおもちゃ呼ばわりしたことにクロードは腹を立てました。

実際にクロードにとってブレアは大切な存在と思いますが、デイスにとってはクロードのしていることはただの所有欲にしか見えないと指摘されます。

 

愛と所有欲を同じように思っていることをなぜ分からない?

とデイスは少し悲しげな表情で言いますが、クロードは耳を傾けずその場から立ち去りました。

 

愛を知らないクロードですが、ブレアがいなくなるだけで気が狂いそうになると思うと偽りでもいいから婚約をしてそばに置いておきたいと思っています。

考え込むクロードにブレアは話しかけ、ロイヤルパーティーは3日後だからゆっくり準備をしようと言いました。

 

3日後だから指輪とドレスを合わせに行かないといけない

とクロードは言うので、ブレアは偽りなのになぜそこまでするのかと疑問に思います。

 

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」62話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」62話の感想や見どころ

ロイヤルパーティーに参加してクロードの役に立ちたいという思いもあり、ブレアは婚約したのですね。

これはクロードにとってはなかなか複雑な心境の婚約となってしまいました。

いくら好きでもブレアは何も思っていない偽りの婚約ですが、偽りでもいいからクロードはブレアをそばに置きたいようです。

しかしブレアがクロードに「偽りの婚約をしてよかった」や偽りの婚約と度々言うので、クロードは傷つくでしょうね…。

ブレアもクロードが自分のことが好きなことは知っているのに少々無神経な感じもします。

しかしブレアの思惑通りにロイヤルパーティーの招待が来たので、ブレアはクロードのために動くことが出来るでしょうね!

次回「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」63話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー