仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった|64話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」前回63話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。
ブレアはクロードに家まで送ってもらうと、ビスター邸に一緒に住めないのかと言われますがブレアは頑なに拒否をしました。

するとクロエ時代に渡したうさぎのぬいぐるみを持ってこいと言われ、またクロードはぬいぐるみに魔法をつけて肌身離さず持つようにと言います。

ロイヤルパーティーの当日になりブレアはクロードに見送られ、その際にクロードから手の甲にキスをされました。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

 

それでは、「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」64話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」64話ネタバレあらすじ

ロイヤルパーティーはとても和気あいあいとした雰囲気だった

ブレアはクロードの婚約者になりきらないと考え、それならとブレアはクロードの手にキスをし、いってきますとウインクをしました。

年下彼氏を惑わす魔性の女になりきろうとブレアは決意します。

 

ブレアはロイヤルパーティーの会場に着きましたがあまりにも和気あいあいとしていて拍子抜けしていました。

女同士の争いがあるのではと勝手に想像していましたが、話の内容は今後開く予定のパーティーの話などで、ブレアに婚約の話題を聞く人はいません。

とても自然にパーティーに飾る花は何がいいかとブレアにも質問をしたりと、優雅に時は流れていきますがブレアはヒフリーを探しに席を立ちました。

 

スポンサー

ブレアはヒフリーと再会すると、ヒフリーの憧れの人がブレアだと知る

その時ブレアはヒフリーを見つけると、ヒフリーも気づき2人は駆け寄りお互いに手を握ります。

ソフ子爵令嬢を探していました

 

と会えてよかったとヒフリーは頬を赤らめながら言うので、ブレアは自分に何か用があるのかと聞き返しました。

先日は助けていただきありがとうございました

 

とモジモジと恥ずかしそうに頬を赤らめながらヒフリーはブレアにお礼を言います。

収穫祭のことですか?

あの時は怖くて頭が真っ白になっててお礼が出来ませんでした…

 

と改めてお礼を言いつつもヒフリーはブレアが収穫祭の事を覚えてくれていて嬉しそうにしていました。

するとそこにヒフリーの友人のご令嬢がやってきて、ヒフリーの憧れの人はソフ子爵令嬢だと言われブレアは驚きます。

 

「とてもかっこいいお方だとピアセ伯爵令嬢から伺ってたんです!」

とブレアはヒフリーの友人からもパーティーに参加してくれたことにお礼を言われました。

 

すると友人は邪魔になるからと、ヒフリーとブレアを2人きりにしてあげます。

収穫祭の事を覚えてくれていたのですね

 

とても勇敢だったのでその時のことはよく覚えています

と相変わらずヒフリーはモジモジとブレアに話していました。

 

ブレアはあの時助けたヒーローはハイドだったのにと思いますが、あの時のヒフリーの顔面蒼白の様子を思い出すとハイドは視界に入ってなさそうと考えます。

ブレアはヒフリーに皇太子殿下が助けてくれたことは覚えてないのかと聞くと、ヒフリーはハイドのことも覚えていて感謝状を贈ったと話します。

 

ブレアはそれだけなのかと思いますが、ヒフリーのうるうるとした熱い視線を感じるとヒフリーはハイドではなく自分に惚れたことに気付きました。

一瞬引きますがこれなら上手く話が出来そうと心の中で思っていると、ヒフリーに今度うちに遊びに来て欲しいとお願いされブレアは約束をすることにします。

 

 

クロードが力を使ってブレアに未来をみせてあげる

ロイヤルパーティーから帰宅したブレアは部屋でゆっくりお茶を飲んでいると、クロードが部屋に入ってきました。

パーティーはどうだったか?ハニー

とスラっとクロードは言いますが、違和感があり過ぎてブレアはお茶を吹き出してしまい、またピアセ伯爵令嬢と3日後に家に招待されたと伝えます。

 

クロードからはよくやったと褒められると、手を貸してくれないかと言われ手を握られました。

急に言い出すのでまた手にキスをされるのかと思ったら、クロードは婚約指輪を差し出し指にはめてあげます。

 

なくしたり、捨てるなよ

そんなことするわけないじゃないですか!

 

とブレアは大笑いするとクロードもクスリと笑い

私のことも捨てないでくれ

と背後から夕日に照らされ輝くクロードにブレアはドキッとしました。

 

なぜ私がお坊ちゃまを…

とブレア困惑しますが、捨てたり逃げなければそれでいいとクロードは言います。

 

ブレアは帰ろうとするとまだやることがあるといいクロードはブレアを引き止めました。

未来を見てほしかったんだろ?

 

とクロードはブレアを隣に座るように促し、暇だから今見ると突然クロードは言います。

ブレアはクロードの力を見ることにドキドキし、自分はどうしてればいいのかと聞くと、ただジッとしていればいいと答えました。

 

手は離せないのですか?

力は相手に触れていないと使えないんだ

というので2人は手を繋いだままジッとし、ブレアは目を閉じます。

 

クロードの手の温もりと日に当たっているブレアはだんだん眠くなってきて、クロードは寝てもいいと言うとブレアはクロードの肩にもたれ掛かり眠ってしまいました。

クロードはブレアの寝顔を見ながら、どんな夢を見ているのか、ブレアの未来に自分がいるのかと思いながらブレアの髪を撫でます。

 

 

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」64話のネタバレあらすじはここまでです。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」64話の感想や見どころ

無事にロイヤルパーティーでブレアはヒフリーと再会することが出来ました!

ヒフリーはブレアを見つけてからずっと、頬を赤らめモジモジとして話すので相変わらず可愛いなと思いましたが、収穫祭でブレアがヒフリーをかばってあげたことでブレアは憧れの人となっていました。

助けてくれたハイドに惚れたのではなく、ブレアに惚れてしまったことは小説の内容をブレアが変えてしまいましたね!

またヒフリーとは会えるので事業の話も進みそうな予感もします。

そしてパーティー終わりにクロードはブレアに未来を見せてあげると突然言いました。

帰ろうとするブレアを引き止めたので、まだまだクロードはブレアと一緒にいたいのかなと思えますね。

一体ブレアはどんな未来を見ているのか気になります!

 

次回「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」65話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー