仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった|65話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」前回64話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

ロイヤルパーティーは和やかな雰囲気でブレアが想像していたより平和でした。

会場でブレアはヒフリーを見つけると、ヒフリーもブレアを探していて2人は再会を喜びました。

ヒフリーは収穫祭でブレアに助けられたととても感謝し、そのカッコ良かった姿はハイドより印象的でヒフリーはブレアを憧れの人とまわりに言っていたようです。

ヒフリーはブレアに家に招待してあげることになりました。

パーティーから帰った後にクロードはブレアに未来を見せてあげると言い、ブレアは目を閉じるとそのまま眠ってしまいます。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

 

それでは、「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」65話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」65話ネタバレあらすじ

ロイヤルパーティーの2日後は婚約式を簡単に行った

クロードは寝ているブレアにキスをしようと顔を近づけますが、ブレアが目を開け

寝るつもりじゃなかったんだけど…

 

と独り言を言いながらまたウトウトし始め眠ってしまいうので、クロードは顔を赤らめてため息をつきながら頭を抱えます。

ブレアはクロードに膝枕をしてもらってまた眠り始めました。

 

その2日後、婚約式当日になりますが2人は嘘の婚約で後で撤回するから簡単に執り行うことにします。

クロードを支持する一族の家臣達の前で指輪を交換して、短めの誓約文を読んで食事会を行いました。

ビスター公爵と公爵夫人は予想通り参加はしませんでしたが、シベロは参加しました。

 

 

スポンサー

シベロからしつこくされるブレアは、シベロの秘密を暴露する

シベロはブレアがクロードと一緒にいない時を狙い、ブレアに話しかけてきます。

しかしブレアは断りますが、シベロは何度もしつこくブレアに少しでもいいからと話がしたいと言い

 

単刀直入に聞きますが…

私は暴力を傍観するお方とはお話は出来ません

とブレアはシベロに話はしたくないときっぱり断りました。

 

小説の中ではシベロはクロエとビスター公爵の間を取り持ち優しい人ですが、今はクロードの敵だとブレアは思っていました。

本当に優しい人なら、クロエが公爵夫人に虐待されていた時、シベロは18歳だったのでに救いの手を差し伸べることも出来たのではと考えます。

 

小説ではシベロが公爵の跡継ぎを意識した時もクロエの事は助けず、クロエを気になり始めたのは公爵がクロエの配慮を始めたあとだったことにブレアは最低だと思っていました。

子爵令嬢は前に妹のメイドだとお聞きしましたが、もう過ぎたことです

 

このシベロの言葉にブレアはいらだちを隠しきれない様子で去ろうとしますが、シベロはまだしつこく追ってきます。

でもなかったことにはならないです。お嬢様に許してもらってないですよね?

もうあの子は関係ないと思います

 

私には関係ありますので、話があるのなら過ちを償ってからきてください!

ブレアはシベロが過ちを償うことはしないと分かっているので、もう二度と話しかけないようにときつく言いました。

 

また話しかけたら二度とお坊ちゃまとは呼びません

ブレアはビスター公爵にはお坊ちゃまは1人しかいないといい、

 

公爵とシベロお坊ちゃまは本当の親子関係ではありません

とブレアはシベロの秘密をここで暴露し、シベロはなんのことかわからないと衝撃を受けます。

 

シベロは公爵夫人と他の男の間に出来た子であり、シベロが10歳の時に知り、シベロが5歳の時に知った公爵は女遊びに走りました。

その時に公爵はクロードの母に出会い、クロードが誕生しています。

 

ブレアは黙っているつもりでしたがあまりにもしつこくされたので言い、公爵の本当の息子ではないシベロが公爵の跡継ぎになることを避けたいと考えます。

ブレアは言いたいことを言ってスカッとした表情をしてシベロから去りました。

 

 

ヒフリーの家に行くと、ブレアの婚約指輪は魔法がかけられた高額な指輪だと知る

翌日ブレアはヒフリーの家に招待されていたのでお邪魔していました。

ヒフリーには3人の魔法使いの兄がいます。

 

長男のヘデン・次男のヘイデン・三男のヒューイがいますが、3人とも共通して目の下にクマがあり、3人ともヒフリーにゾッコンでした。

ブレアはヒフリーの恩人と3人とも認めますが、ヒフリーは渡せないと言うのでブレアは何も言えずあっけにとられてしまいます。

 

ヒフリーは恥ずかしそうにしながら3人の兄を追い出し、ブレアと会話を再開させます。

とても3人はシスコンなので、ブレアはヒフリーがジェロンやハイドに惚れたのはへんな男兄弟に囲まれていたからなのかと思ってしまいました。

 

変わらず兄たちはヒフリーにべたべたくっつき、何か欲しいものはないかや自分の人生を半分あげようかと言いますが、ヒフリーは静かにするように言います。

するとヒフリーはもしよかったブレアに1人兄をあげましょうかとデレデレした様子で話しますが、ブレアは婚約者がいるので大丈夫と断りました。

 

ブレアは婚約指輪を見せると、次男のヘイデンがブレアの指輪に気付き

「この指輪は色々な魔法にかけられているものだ」

と言いますが、ブレアは指輪に魔法がかけられていることは知りませんでした。

 

「数百‥数千はしそう?」

その言葉にこの指輪がかなりの高額のものだということをブレアは初めて知りました。

 

ヒフリーも魔法の婚約指輪は初めて見たと羨ましそうに見ます。

ここまでお金をかける貴族はいませんよ

 

というのでブレアは高額な指輪に震えが止まらなくなっていると兄たちにヒフリーの恩人でそのお礼として指輪にかけられた魔法がどんなものか見てあげると言われました。

しかしブレアはそのお礼は別なことをお願いしてもいいかと聞いてみます。

 

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」65話のネタバレあらすじはここまでです。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」65話の感想や見どころ

シベロはあんなにしつこくブレアに付きまとってブレアから何を聞きたかったのでしょうか?

どんなに話しかけてもブレアはクロエの虐待を見て見ぬ振りしたシベロを許しませんでしたね!

しかもブレアはシベロはビスター公爵の本当の息子ではないことを暴露してしまいました!

今後のビスター公爵の跡継ぎにシベロはどう影響するのでしょうか?

クロードを守りたいという思いが強く出ていてとてもブレアが魅力的に感じました!

その翌日にはヒフリーの家に招待され、ヒフリーの3人の独特な兄にもブレアは初めて会います。

ここでブレアの婚約指輪もかなりの高額な魔法の婚約指輪ということが分かりましたね!

どんな魔法がかけられているのか気になりますが、ブレアは恩人のお礼としてタイティとクロードのビジネスの話を持ちかけるのでしょうか?

 

次回「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」66話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー