仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった|68話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」前回67話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

運河でクロードも好きだと伝えますが、自分と今後どうしたいのかは自分で決めるようにとブレアに言います。

その後ブレアは家に帰るとデイスが待っていて、突然デイスから自分も気にかけてほしい・婚約する相手に選んで欲しいと告白されました。

しかしブレアからは本気だというデイスに切実さが感じられません。

数日後ブレアはハイドから呼び出され、ハイドの宮殿へと向かいますが部屋にずっと放置されていました。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

 

それでは、「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」68話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」68話ネタバレあらすじ

部屋に待つように言われたブレアは帰らせてくれずそのまま泊ることになる

ハイドからは少しだけ待っていてと言われていましたが、全くハイドは戻ってくる気配はなく、部屋にはブレアとハイドのメイド達だけが残っていました。

いつ頃戻られるのでしょうか?

「今は会議中ですのでまだです」

 

と昼間・夕方・夜となってもブレアはいつハイドが来るのか聞きますが、メイドはずっとハイドは仕事や接待中だと答えます。

なぜハイドは自分を呼んだのかとイライラするブレアは、今日はもう帰るとメイドに伝えました。

 

するとブレアを返さないようにとハイドから命じられていると言われます。

必ずハイドは戻るから待っているようにと言われ監禁されたと感じ始め、さらには持ってきたうさぎのぬいぐるみも何も反応がありません。

 

メイドのマリーにも伝言を伝えていたのですぐ連絡が来ると思っていましたが、クロードからの連絡はないのでもしかしたらクロードに何かあったのかと思いました。

するとブレアのいる部屋にノックし、ハイドに仕える者がメイドと何か話をしていたのでもうそろそろ帰れるのかもとウキウキしますが

 

「殿下がここに泊っていくようにとおっしゃっていました」

と言われたのでブレアは正気なのかと思い、帰りたいと言いますが帰らせてはくれず結局そのままブレアは泊ることになります。

ブレアはうさぎのぬいぐるみを抱きしめて、明日は絶対に帰ると意気込みました。

 

 

スポンサー

監禁3日目にしてハイドがブレアのもとに訪れるが…

ハイドの宮殿に泊ること6日目になると、ブレアのもとにオーマン侯爵が訪れました。

ハイドは多忙でブレアに顔は出さず、クロードからも連絡はありません。

 

3日目にブレアはよくわからないままうさぎのぬいぐるみを見つめていると、ハイドがようやく現れますがぬいぐるみに話しかけても無駄だと話します。

ハイドはぬいぐるみに何らかの術がかかっていることを知っていました。

 

数か月前に宮殿全体に呪術の効果をなくす魔法をかけたから、そのぬいぐるみは使えないよ

以前に呪術で変装した人を宮殿に入れたことがあったから保安を強化したと話すと、ブレアはもしかしたらクロードの事かもと思います。

クロエのデビュタント時に女の子のふりをするために全身に呪術をかけていたことがバレていたと思いました。

 

連絡したくても出来ない状態になっているクロードが気になり、ハイドにクロードは元気かと尋ねるとクロードとシベロの後継者争いが激化しているとニヤリと笑いながら話します。

だからしばらくここにいるようにしてもらうよ

と言うとハイドは自分の言っている意味がわかるよねとブレアに釘をさし部屋を後にします。

 

 

ぬいぐるみの呪術を使えるのが南宮の池の向こう側だと教えられたブレアは池に行く

ハイドにあってから3日が過ぎ、オーマン侯爵が来てくれてブレアはどうしたら帰ることが出来るのかと落ち込みながら聞きますが、オーマン侯爵は謝ることしかできません。

ブレアはシベロの秘密をクロードに伝えたいけど呪術が使えないと思っていると、オーマン侯爵はうさぎのぬいぐるみに目をやります。

 

そのぬいぐるみにはどんな呪術がかけられているのですか?

意思疎通が出来るのですが、宮殿内では使えないようです…

 

と落ち込むブレアを見たオーマン侯爵は、ブレアを帰らせることは出来ないが連絡を取ることが可能と伝えました。

これしか出来ないとオーマン侯爵は申し訳なさそうに話しますが、ブレアは力を貸してくれたことに喜びを感じお礼を言います。

 

呪術をなくす魔法は宮殿全体ではなく、南宮の裏の池の向こう側なら連絡が取れると教えてくれました。

さっそくブレアはその池にと向かいますが、想像以上に池は大きくどうやって向こう側に行こうかと考えていると、メイドが豪華な船を用意してくれます。

その船はハイドの船のようでしたが、ブレアはその船を自分で漕ぎ進め魔法人の外に出るのかまだかと考えながら移動していると、うさぎのぬいぐるみがピクリと反応しました。

 

 

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」68話のネタバレあらすじはここまでです。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」68話の感想や見どころ

まさかブレアはハイドの宮殿に何日も滞在することになっていたのですね!

シベロとクロードの後継者争いが激化していると言いますが、なにもハイドの宮殿に何日もハイドは現れずブレアを放置する必要があったのでしょうか…。

さらに呪術が使えないようにとハイドは魔法をかけているので簡単にクロードと連絡が取れなくなっていましたね。

しかしオーマン侯爵はブレアと信用しているので、魔法がかけられていない穴場を教えてくれました!

これが今のブレアには唯一の救いになるでしょう!

そして話の最後に船で池を進んでいるときに、うさぎのぬいぐるみに反応があったので次回の話ではやっとブレアはクロードと話すことが出来そうですね!

 

次回「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」69話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー