仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった|69話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」前回68話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

ブレアはハイドの宮殿に行くとそのまま宮殿に監禁されることになりました。

ハイドにクロードとシベロの跡継ぎ問題が激化したからここにいるようにと言われます。

しかも宮殿には呪術が使えなくなる魔法をかけられていて、うさぎのぬいぐるみでクロードと連絡することが出来ない状態でした。

途方に暮れるブレアにオーマン侯爵が訪れ、南宮の裏の池の向こう側なら魔法が届いていないからぬいぐるみが使えると教えてくれます。

早速ブレアはハイドが用意してくれた船を使って池を進んでいきました。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

 

それでは、「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」69話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」69話ネタバレあらすじ

魔法陣の外に出たブレアはクロードと連絡が取れた

(魔法陣の外はまだかな?)

と思いながらブレアは船を漕いでいくと、うさぎのぬいぐるみの耳がピクリと反応し、はぁとため息をつくとぬいぐるみはブレアの方に歩いてきました。

 

大丈夫だったか?

とぬいぐるむはブレアの手をぎゅっと握るので、思わずそのしぐさにブレアは可愛いと思います。

 

なぜ連絡がつかなかったのか、ハイドに嫌なことをされているのではとクロードは心配していましたが、足を縛られて助けに行けないと話しました。

足が縛られていることをブレアは気にしますが、クロードは気にするなと言います。

 

私は大丈夫なのですが、クロードは平気ですか?

なぜ連絡が取れなかったんだ?

 

ブレアは周りに誰もいないことを確認すると、クロードにハイドもクロードがクロエだったことを知っていたのか聞きました。

クロードは何も返事をしなかったので、ブレアは知ってたんだと勘づきます。

 

以前呪術で変装して宮殿に侵入した人がいるから、宮殿内は呪術がかからないように魔法をかけたみたいなんです

ブレアはそう聞いた時にクロードのデビュタントを思い出したと言うと、うさぎのぬいぐるみはうなだれてしまいました。

ムカつく奴だとクロードは言いますが、ブレアはオーマン侯爵が魔法陣の外を教えてくれてクロードと連絡が取れることが出来たと教えます。

 

 

スポンサー

既にクロードはシベロが実の子供ではないことを知っていた

ブレアはクロードに今そっちで何が起きているのか聞いてみました。

上のお坊ちゃまと何かあったんですか?

 

皇太子に聞いたのか…気にしなくていいのだが、あいつをお坊ちゃまと呼ぶな

今は呼び方はどうでもいいと思うブレアですが、クロードはとても気にしていて怒っています。

 

でも心配しないことは出来ません

勝手に心配してろ

クロードは心配するのを止める権利はないといいながら、うさぎのぬいぐるみの耳がピクピク動きます。

 

ブレアは話を変えてあいつ(シベロ)の話をクロードにしました。

あいつは実はビスター公爵の子供じゃないんです

知っている

 

ブレアはクロードが知っていたことにとても驚きます。

クロードは公爵がクロードを迎えに来た日からそのことは知っていました。

でもクロードが前に家を出たがっていたのは、クロードと公爵の契約がシベロが爵位を継承するまでだったからだと話します。

 

なぜ公爵が血のつながりのない≪あいつ≫に後を継がせようとしたのに、今になって変わったのですか?

小説の内容では公爵はクロエが大人になっても爵位の話はしなかったのですが、なぜ今になてクロードを選んだのかブレアは気になりました。

 

髪を公爵の目の前で切ったからか、あいつを信用出来なくなったか

クロードはあいつが実の子供ではないことは周りにも暴露したと話します。

 

暴露してどうなったんですか!?

周りは大慌てであいつは証拠を出せと騒いだが、公爵が証言した

もうそろそろ収まるだろうとクロードはいうので、ブレアはホッとしました。

 

するとぬいぐるみはブレアの頭をなでると

必ず迎えに行くから待っていてくれ

と言うのでブレアはその場にクロードがいるように錯覚し、しばらくぬいぐるみを見つめると笑い、わかりましたと返事をします。

 

 

ハイドがブレアにお願いを聞いて欲しいと、ハイドの叔父のタイアド大公の話をする

ブレアは池から帰るとハイドに南宮の池を渡ったことを追及されます。

お忙しい皇太子殿下がどのような用件でしょうか?

と今までハイドが来なかったのに急に現れてくるので、嫌味を交えながら言いますがハイドはブレアの向かいに座りました。

 

お願いを聞いてくれたら家まで送る

私ごときが皇太子殿下のお願いなんて力になれませんわ

 

とブレアはお断りすると、ハイドは大笑いしブレアはいつも予想の斜め上を行くからブレアを見ていると楽しいと話します。

ブレアはハイドがディスってきてると思っていると、ハイドは今は心の中を呼んでいないから心配しないでと言い、ブレアはハッとなり返事をしました。

 

オーマン侯爵から池の事を聞いたそうだね

とハイドはオーマン侯爵が打ち明けてきたと話すと、侯爵を仲間にしてしまうブレアの力に驚いたと言います。

 

君を評価するから、帝国の未来もかかる重要なことをお願いしたい

突然の重い話にブレアは驚き、そのお願いの内容を恐る恐る聞いてみました。

 

子爵令嬢の婚約者にも関係している話だ

とハイドは自分の父には弟が1人いて、叔父であるタイアド大公を知っているかと聞きます。

 

大公様を知らないわけありません。会ったことはないです

ブレアは小説でハイドとタイアド大公は敵対していることを知っていました。

 

叔父は皇帝の座を狙っているんだが、僕が継ぐべきだと思っている

ブレアはなぜ帝国の将来の話を私にするのか、なぜクロードも関係しているのかと考えているとまた世の中が小説通りに進み始めたのかと驚きを隠せませんでした。

 

叔父がビスター公爵の次男に目をつけているから、君を頼るしかない

ハイドは特殊能力は神の権能と言うことは知っているかとブレアに聞きます。

 

ブレアも知っていますが、大公が狙うのは神の祝福と言われる特殊能力を持つ人たちでした。

祝福は使い方によっては災いとなると言われ、大公はハイドを悪の道へ引きずり込もうとしていましたが、大公は皇太子のハイドにはなかなか近づけませんでした。

 

その時に大公はハイドが恋に落ちた異能力者であるクロエにターゲットを変えましたが、小説ではその話が始まるくらいに打ち切りになります。

叔父が悪神の力を借りて、ビスター公爵の次男を狙ってくるだろう

 

ブレアは小説通りに大公がハイドを陥れるためにクロードを選んでいると言うことに、困惑してしまいました。

ブレアはハイドに話しかけようと思いますが、小説通りにまた戻ってしまったので頭の中でいろいろと考えてしまいます。

そんなブレアを見たハイドは頭を整理したい時は、体を動かすべきだと言いました。

 

 

「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」69話のネタバレあらすじはここまでです。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」69話の感想や見どころ

やっとブレアはクロードと会話をすることが出来ましたね!

足を縛られているということが少々気がかりですが、シベロが実の子でないことを暴露し後継者争いはもうすぐ収まりそうと聞き、ブレアも安心できましたね。

しかし安心したのも束の間、今度はハイドの叔父タイアド大公がクロードを狙っていると記されてしまいました!

ハイドと敵対しているタイアド大公ですが、ハイドはクロードの婚約者であるブレアにお願いがあると頼みます。

ハイドが皇帝の座につけるよう、また大公がクロードを狙うのを阻止するようにお願いされるのでしょうか?

ブレアにとってはかなり荷が重すぎることですが、このお願いを引き受けないと家に帰してはくれなさそうですね…

ブレアはクロードやハイドを守るために、どう動いていくのでしょうか!?

 

次回「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」70話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー