ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」9話ネタバレあらすじや感想

自分と一緒にいるせいでひどい目にあっていると思ったクロエは「私と関わらずに済む場所に逃げろ」と言います。

でもブレアはクロエの専属メイドでいたい!と頼み続け、メイドを続けることにしました。

足の怪我が酷くなった様子にクロエが気付き、ブレアを椅子に座るように命じます。

そして椅子に座ったブレアの前にクロエが座り、ブレアはその行動に驚きました。

 

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」9話ネタバレあらすじ

クロエがブレアの足の怪我を治す

クロエはブレアの前にひざまずき「じっとしてろ」と言いました。

この状況にブレアは同様を隠せません。

「動くな。背筋を伸ばせ」と言うので、ブレアはその通りにしました。

何が始まったの?と思うと、クロエはブレアの怪我部分に触れます。

痛む足に顔を歪ませたブレアはクロエに声をかけますが、「静かに」と言われてしまいます。

しばらく怪我した足を見つめたクロエは、自分の指を口に持っていき噛みました。

突然の出来事にブレアは驚きを隠せません。

指から血を流したクロエは「静かにしろと言っただろう」と相変わらずな表情で答えます。

血を出すクロエを見たブレアは青ざめた表情で

「なっ何をしているんですか!?」と言うと

クロエは怪我の部分に、血を出した指で紋章のようなマークを書きだしました。

痛みはあるかブレアに聞くと、ブレアは痛みがなくなったことに気が付きます。

「何をされたんですか!?」とクロエに問うと

しばらく無言だったクロエが

黒魔術

と一言で答えました。

それを聞いたブレアは驚き取り乱します。

クロエが黒魔術を使えることは小説にも書いていなかったのにと思いますが

連載が打ち切りになった小説の設定なんか分からない、いくらでも小説の展開は変えられるのでは?とブレアは気付きました。

クロエのことは何でも知っていたはずなのに、衝撃の展開でブレアは動揺してしまいます。

「治すことはできない。痛みを止めただけだ。早く手当てをしろ」とクロエは言い、慌ててブレアは返事をします。

「骨にヒビが入っているかもしれない」とクロエがいうと、どうしてわかるのか聞き返しました。

すると「実験したから」とクロエが答えます。

「実験?どうやって・・・」とブレアは言うと、

「実験体で」とクロエは言いました。

とても恐ろしい顔つきでクロエはブレアを見て「おまえ」と恐ろしく一言いうと

ブレアは叫び、怖がります。

それをみたクロエは「プっ」と笑いブレアをからかっていました。

「実験体にされる前に早くいけ」と静かに笑ながら帰るように促しました。

クロエが恐ろしく感じるブレアは、急いでクロエの部屋から立ち去ります。

部屋を出る所でクロエが

「足首が良くなれば頼みたいことがある」

とブレアにお願いを頼みました。

そして去り際にブレアはクロエにお礼を言い部屋を後にしました。

スポンサー

ブレアはクロエの頼みを受けある場所へと向かう

足が治ったブレアはクロエの頼みを受けて外出していました。

その場所までの地図をクロエから受け取っていましたが、読みにくい字で地図もあっているのか分からず悩んでいました。

クロエは公爵邸から出たことがないはずで、幼い時に公爵に引き取られる前までは外出は自由にしていたが、その時の記憶を頼りに書かれた地図など

黒魔法と同じで小説の内容と全く違うことに、私が知らない何かがあるかもしれないとブレアは思います。

外出の目的は黒魔術用品を受け取ってくることであり、ブレアは怖がっている様子でした。

そして目的地であるだろう場所にたどり着きました。

路地の突き当り右側にある家の扉を3回叩き

その向かいの家の扉を2回叩く

それから最初に扉をたたいた家の扉をもう1度叩け

という命令に従い家の扉をブレアは叩いていきます。

叩き終わっても何も変化しないので不思議に思っていると、ブレアの背後から誰かが扉を開けに来ました。

ブレアはデイスという男に出会う

「若いお嬢さんがどうして・・・」

とブレアの背後に白いフードを被りマントをまとった怪しげな人が立っていました。

黒魔法使いなのかなと思いびっくりしているブレアに

「そこは偽物だ。こっち」

と招かれ、家に入っていきました。

地図でも合っている場所だけど、この人について行っていいのか分からずもブレアはついていきます。

すると突然魔法がかかり、家の中の造りが変わります。

誰もいなかった部屋も、人がたくさんいてにぎわっている様子に変化しました。

あるおじさんがブレアの姿を見て、白いマントを着た人に声をかけます。

「ん?若い女?デイス、おまえのツレか?」

その時ブレアはデイスと、知っている名前を聞いて驚きます。

デイスという男は、魔塔の賢者で次期トップと影で囁かれている者であり、クロエを取り巻く3人の男の1人でした。

ブレアはなぜデイスがここで登場してくるのか心の中で驚きます。

「お嬢さん、ここにはどういったご用件で?」

とデイスは優しい笑みでブレアに話しかけました。

スポンサー

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」9話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」9話では、なんとクロエが黒魔術で怪我を治すという驚きの展開になりましたね!

ブレアも実際に読んだ小説の内容と違っていたこともとても気になるところです。

そして新キャラの「デイス」の登場も、ブレアが読んだ小説とは違う感じの登場のようですね・・・。

これからクロエがどんな黒魔術を使ってくるのか、またデイスとの出会いでどのような展開が待っているか次回に期待しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

[sc name=”bottom”]
スポンサー