お嬢さんの執事|19話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「お嬢さんの執事」18話のおさらいからです。

 

本物のシャルロッテを探して、皇宮へ向かったランスロット。

 

皇宮の奥で、メフィストと名乗る悪魔の男と出会いました。

 

 

メフィストから、シャルロッテが居なくなった理由を突きつけられ、一度は、生きる気力を失ってしまいます。

 

しかし、シャルロッテから自分が心の底から本当に望んでいた答えを聞き・・・

\その他のあらすじはこちら/
「お嬢さんの執事」全話あらすじリスト

それでは、「お嬢さんの執事」19話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「お嬢さんの執事」19話ネタバレあらすじ

救いの手

 

どうして、そんなに簡単に僕を捨てるの?僕のことが必要だって言ってよ!

 

ランスロット心はは、誰かの救いの手を求めて、ずっと暗闇を彷徨っていました。

 

 

「大切な人を心配するのに、理由が必要なの?」

 

心にあった壁が壊れ、暗闇に光が差し込んできます。

 

 

真っすぐに見つめてくるシャルロッテに、自分の姿を重ねます。

 

「あなたにとって良いことなんかないでしょう。僕がいきなり剣を向けたらどうするんですか?」

 

 

 

(押しキャラに命を狙われる・・・?)

 

シャルロッテは、その場面を想像して、それも悪くはないかもしれないと心の中で喜びます。

 

「大丈夫よ。それでも後悔しない!ランスロットが私を攻撃するときは、何か理由があるはずだから。それに、一緒にいるこの瞬間だけで十分なの!」

 

スポンサー

ランスロットの誓い

シャルロッテの言葉を聞いたランスロットは、最近の出来事を思い出しました。

 

 

よく考えてみると、倒れたあの日から、シャルロッテお嬢さんの言動には、おかしなところがたくさんあったはず。

 

シャルロッテお嬢さんと信じ込んでしまうほどに、彼女から親しみを感じていたのだと気づきます。

 

 

(まるで、僕のことをよく知っているかのような・・・)

 

「だからね、絶対に自暴自棄にならないで。あなたをすっごく大事に追ってることを忘れないで欲しいの」

 

シャルロッテの心を見透かしたような切ない笑顔を見て、ランスロットは、彼女のことをもっと知りたいと思い始めます。

 

 

「僕が、ずっとそばにいてもいいんですか?」

 

嬉しそうに返事をする声と月明かりに照らされた明るい笑顔・・・

 

ランスロットは、ほんの一瞬だけ、見知らぬ女の姿が映った気がしました。

 

 

心の底から彼女の側に居たいと思い、星空の下で誓います。

 

「お嬢さんが許して下さるのなら、いつまでもお側に居ます」

貴方のことが知りたい

満天の星空を見て、子供のようにはしゃぐシャルロッテ。

 

その姿を見たランスロットは、誓いを立てたあの日のことを思い出していました。

 

 

(自分が誰なのか、きっと知られたくないんだろうけど。)

 

 

以前なら、シャルロッテお嬢様とは違う姿に違和感を覚えていたのに、今では、愛おしく感じます。

 

温かい言葉、大切だと感じさせてくれる仕草・・・

 

ランスロットは、シャルロッテのおかげで、誰かに思われることがこんなに幸せなんだと知ることができたのです。

 

 

(どうすれば、僕のことをもっと思ってくれるんだろうか・・・いつになったらあなたのことを話してくれるのか・・・)

 

「お嬢さん、僕に何か話すことはありませんか?」

 

 

しかし、シャルロッテは、別にないと言って、そっぽを向いてしまいました。

 

(無理に聞き出そうとすれば、また消えてしまうかもしれない)

 

ランスロットは、焦らずに慎重に聞き出そうと心に決め、話題を逸らすため、”蛍のような”魔法を使って見せます。

 

「すごい・・・本物のホタル見たい」

 

 

喜ぶシャルロッテを見て、ランスロットは、心の中で呟きました。

 

(お嬢さん、あなたが誰なのか知りたいのです・・・)

 

 

ピッコマ漫画「お嬢さんの執事」19話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「お嬢さんの執事」19話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「お嬢さんの執事」19話の感想と見どころです。

 

今気づいたのですが、ランスロットは、シャルロッテを「シャルロッテお嬢様」と「シャルロッテお嬢さん」で分けているのですね。

 

本当は、初めからシャルロッテに期待して、気づいていないふりをしていたのかもしれませんね。

 

 

ランスロットの問いに、シャルロッテがどう答えるのか気になっていたのですが・・・

 

やっぱり、まだ話しませんでした。

 

 

そして、今回の話で一つ気になったことがあります。

 

「何か僕に話すことはありませんか」とランスロットが聞いて、シャルロッテがないと答えた後。

 

シャルロッテが、話したいことはいっぱいあるけど、まだ話せないと心の中で言います。

 

ランスロットも心の中では、焦ってしまったと、言うのですが・・・

 

 

その後の1コマ。

 

シャルロッテとランスロットが、結末を思い浮かべるシーンがあるのです、ランスロットは、自分たちの末路を覚えているということでしょうか。

 

ということは、魔法で時間を戻しているか、ランスロットも魂だけループしているか・・・

 

(そんなことできるのか分かりませんが・・・)

 

おそらく、今後のストーリーに関わってくると思うので、心にとめておきたいですね。

 

 

 

さて、今回の見どころは、シャルロッテの無償の愛で、ランスロットの心が晴れていくところでしょうか。

 

ランスロットがシャルロッテを好きになっていく、その心の変化が良く描かれていると思います。

 

 

この2人には幸せになって欲しいです。

 

ランスロットの純粋な想いがいつか暴走したりしないことを祈るばかりです。

 

 

次のシーンで、ランスロットの想いを知ったシャルロッテもはっきりと自分の気持ちを伝えてくれるでしょうか。

 

今は舞踏会中なので、それが終わるまではないとは思いますが、まだ行われていない婚約式の話も聞けるかもしれません。

 

今後の展開が、とても楽しみですね。

 

愛しの推しの悲惨な運命を変えるため、小説の主人公になった平凡な会社員の少女が奔走する、お嬢様と執事のラブロマンス!

皆さん、日常のしがらみから少し離れて、2人世界に浸ってみませんか?

それでは、ピッコマ漫画「お嬢さんの執事」第20話お楽しみに♪

 

\その他のあらすじはこちら/
「お嬢さんの執事」全話あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「お嬢さんの執事」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー