お嬢さんの執事|45話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「お嬢さんの執事」44話のおさらいからです。

カンデンティアを習得するため、魔塔へと向かうことになったランスロットとシャルロッテ。

カンデンティア乱発による神聖力中毒を防ぐため、安全な広い場所で耐性をつけることが一番いいと言うことになったのです。

 

ランスロットから訪問の知らせを受け取った魔塔の魔法使いたちは、大慌てで準備を始めます。

果たして、2人の到着までに準備は終わるのでしょうか。

そして、2人の初旅行の行方は・・・?

 

\その他のあらすじはこちら/
「お嬢さんの執事」全話あらすじリスト

 

 

それでは、「お嬢さんの執事」45話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「お嬢さんの執事」45話ネタバレあらすじ

アラーシュの忠告

シャルロッテは、ケースに荷物を詰め、旅の準備をしていました。

 

突然、後ろから声がかかり、驚いて振り向くと、そこには、ランスロットに厨房へと送られたはずのアラーシュが、キャンディーをなめながら立っていました。

 

「忠告することがあって、戻って来たんだよ」

重要なことなのか、なめていたキャンディーを口から取り出し、話を続けます。

 

「マナの祝福を受けたランスロットは、生まれたときから、マナを自由自在に扱うことができるんだ。

しかし、彼は、その対価としてほとんど愛されることなく育った。

だから、自分に手を差し伸べてくれる人に心を開き、すべてをささげて愛してしまうんだ。

つまり何が言いたいか・・・盲目的な愛は毒にもなるんだよ

 

シャルロッテは、しばらく黙ってアラーシュのことを見つめていましたが、ムードを壊したことに対して怒りだしました。

アラーシュは、2人のことを応援していると言いますが、この1週間のアラーシュの行動を見る限り、そうは思えません。

 

良いムードになったときに限って、横やりを入れてくるのです。

相手にすれば、こっちが疲れるだけだわ

 

シャルロッテは、ずっと気になっていたことを聞いてみました。

「本当に、ランスロット何も覚えていなのね?時々ランスロットの目が、何かを知っているように見えるの」

 

「覚えてないのは間違いないよ。時間を戻してはただ意味もなく繰り返しているんだ」

アラーシュが嘘をついているとは思えません。

 

でも、笑いかけてくれるランスロットの目には、シャルロッテではなく、夢莉が映っているように感じることがあったのです。

スポンサー

僕だけを見て欲しい

一方、ランスロットはというと、窓のそばに立ち、考え事に耽っていました。

 

あの人の正体がなんであろうと、本当に心から・・・お嬢さんが好きだ。この手で守ってあげたい。もう二度と失いたくはないんだ・・・)

シャルロッテは、ランスロットの言葉を聞かず、カンデンティアを完成させると言って、大人しく守らせてはくれません。

 

(面倒なことはすべて後にして、このまま2人でどこかへ行ってしまえたらいいのに・・・

誰もいない世界で、僕だけを見ていて欲しい)

もしそうなっても変わらず、笑顔を向けてくれるかと、そんな思考に囚われてしまいました。

魔塔へ

ー翌朝

メイドのルファーに見送られ、2人は魔塔へと出発します。

見送りの際、ルーファーの心配そうな表情に、少しだけ、感慨深い気持ちになってしまいました。

 

初めは、本の中での世界という認識だったのが、今では、もうこの場所が自分の一部になった感じがします。

前のシャルロッテが、残していってしまったものに過ぎなくても、ここに来ることができて良かったと胸を張って言えそうです。

 

「お待ちしています。お嬢さん!」

ルファーの声を聴きながら、目を閉じました。

 

暫くして、ランスロットの声で、目をそっと開きます。

そこには、言葉にできないような絶景が広がっていました。

 

青い海の上に、白亜の城。

 

「思ったより明るくて素敵ね!」

「お嬢さんがいらっしゃるので、少しだけ手入れをしたんですよ」

新婚旅行のような、ほんわかした空気の2人。

 

魔塔のさわやかで美しい外見とは裏腹に、内部には、悲惨な惨状が広がっていました。

 

 

ピッコマ「お嬢さんの執事」45話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「お嬢さんの執事」45話の感想や見どころ

ピッコマ「お嬢さんの執事」45話の感想です。

ようやく今回の話ではっきりしました。

 

ランスロットは、以前のシャルロッテではなく、夢莉を愛してしまっているということです。

夢莉が召喚された目的は果たせていますが、アーラシュが危惧することが現実になりそうな予感がしますね。

 

アーラシュは、「盲目の愛(純粋な愛)は、毒にもなる」と言っていました。

それに対して、ランスロットは「このまま2人きりでどこかへ行ってしまいたい」「誰もいない世界で自分だけを見て欲しい」と言っています。

 

また、魔塔へと向かう前に、シャルロッテはこの世界に愛着を持ち始めていると言う描写がありました。

これは、ランスロットの意見とは、対照的になっています。

この対比が今回の見どころですね。

 

今までの言動も含めてみる限りでは、ランスロットは、シャルロッテ以外見えていないのでしょう。

 

このままだと、良くない方向へ、歪んでいってしまう可能性もありますね。

 

婚約式の一件から落ち着いたように見えますが、ほんの少し不穏な空気がちらついていて、次の展開が気になります!

 

愛しの推しの悲惨な運命を変えるため、小説の主人公になった平凡な会社員の少女が奔走する、お嬢様と執事のラブロマンス!

皆さんもご一緒に、日常のしがらみから少し離れて、もっと、2人の世界に浸ってみませんか?

それでは、ピッコマ漫画「お嬢さんの執事」第46話お楽しみに♪

 

 

\その他のあらすじはこちら/
「お嬢さんの執事」全話あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「お嬢さんの執事」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー