悪役皇女様はお菓子の家に住みたい|28話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「悪役皇女様はお菓子の家に住みたい」27話のおさらいです。

 

カルノに突き飛ばされたことで、過去にアレクセイに突き飛ばされたことも思い出し、アーシャは悲しみに暮れます。

 

そして心労のせいか、アーシャは寝込んでしまいました。

 

 

寝込むアーシャの元にアレクセイが見舞いにやって来て、しばらく看病をします。

 

しかし、アーシャは熱の影響か意識が遠のき、そのまま三日間寝込むことになりました。

 

 

三日間寝込み、少し体調が良くなったアーシャでしたが、そこへ怯えた様子の侍女が登場し「カルノ・ノイシュテッター様がいらっしゃいました」と告げました。

 

 

突然の来訪に驚くアーシャでしたが、カルノは突き飛ばしたことのお詫びをしたいと言います。

 

その言葉を聞いたアーシャは、病み上がりにも関わらずカルノとどこかに出かけようとするのでした。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「悪役皇女様はお菓子の家に住みたい」
全話あらすじリスト

 

ここから「悪役皇女様はお菓子の家に住みたい」28話のネタバレあらすじです。

スポンサー

ピッコマ漫画「悪役皇女様はお菓子の家に住みたい」28話ネタバレあらすじ

 

冗談のつもりだったのに

アーシャとカルノは並んで皇宮の廊下を歩いていました。

 

「私と一緒に厨房なんて…後悔しないでくださいよ」

 

カルノはため息混じりに言いました。

どうやら二人は厨房に向かっているようです。

 

 

「いたた…足首が…」

 

アーシャはわざとらしく言いました。

カルノの罪悪感を刺激しているようです。

 

 

「おんぶしましょうか?」

 

「私と〜っても重いのよ?カルノが大変かも」

 

アーシャはわざとらしく目を潤ませながら言いました。

 

 

「姫様くらいなら平気ですよ」

 

「本当に大丈夫ですか?小麦粉一袋分くらいの重さはありますよ?」

 

 

 

「どうぞ」

 

カルノはアーシャの前でしゃがみ込み、おんぶをする体勢を取りました。

 

 

(冗談のつもりだったのに…)

(もう知らない!)

 

アーシャはどうにでもなれと言う気持ちでカルノの背に身を預けました。

すると、アーシャの体は簡単に持ち上がります。

 

 

「意外と力持ちなんですね」

「感心しました」

 

 

「私も感心してます」

「私を困らせるために躊躇いもなく恥を晒す姫様に」

 

「恥!?」

 

カルノの反撃にアーシャには怒りマークが浮かんでいます。

 

 

 

すると、どこかを飛び回っていたフェーヴがアーシャの元に戻って来ました。

 

(ついに歩けなくなったか!?)

 

(手は握れないくせにおんぶはしてもらうのか!?)

 

フェーヴの怒涛の質問攻めです。

 

(いや…ちょっとカルノを困らせるために…)

 

 

(厨房に行くのか?今日は何を作るんだ?)

 

(今日はダックワーズよ!)

 

そして二人は厨房に到着すると、扉を開けて中に入りました。

 

スポンサー

パベル固まる

「姫様!?怪我でもされたんですか!?」

 

 

厨房に入るや否やいきなりパベルが声をかけてきました。

 

おんぶされているアーシャを見て心配している様子です。

 

 

「さっきリースがスープを取りに来た時は怪我をされているとは言ってませんでしたが…」

 

「あ…リースと入れ違いになっちゃったか」

 

 

「そ…それより姫様…この方はまさか…」

 

 

「今日手伝ってくれるカルノ・ノイシュテッター様よ!」

 

「カルノ!こちらはシェフのパベルよ!」

 

「二人とも仲良くしてね!」

 

 

カルノを前にしたパベルの表情はだんだんと青ざめていきます。

 

 

「カ…カルノ様がなぜ厨房に…菓子作りは私が手伝うだけでいいではありませんか…」

 

パベルの体はカチコチに凍ってしまいました。

 

「ダメよ!今日はカルノも手伝うの!」

 

こうなると少しパベルが気の毒です。

 

 

 

 

「パベルは卵とアーモンド粉、お砂糖を用意して」

 

 

「私は何を?」

 

「まずは手洗いよ!」

 

 

こうしてお菓子作りの準備は着々と進んでいきます。

そして、カルノは泡立て器を持って凛とした表情で立っていました。

 

(驚くほど似合わないわね)

 

 

「どうすればいいんですか?」

 

カルノは片手に泡立て器もう片手にボールを持ち、アーシャに手順を聞きます。

 

「泡が立つまで回すんです」

 

「卵の白身をですか?」

 

「そう!クリーム状になるまで回し続けて!」

 

アーシャの指示を受けて一生懸命かき回すカルノですが、なかなかクリーム状になりません。

 

「メレンゲは私がやりますよ姫様!と言うか私がやっちゃダメですか?」

 

「カルノがやるの!」

 

いても立ってもいられなくなったパベルは伺いを立てますが、アーシャはすぐさま拒否しました。

 

 

(なんでここまで怖がるのかしら?)

(カルノより私を怖がるべきじゃない?皇孫なんだし)

 

そう考えるアーシャを尻目に、パベルは何かを祈るように手を組みブルブルと震えながらカルノを見守っています。

 

 

そしてようやくメレンゲが完成し、お菓子作りは進みます。

 

「お上手ですね」

 

 

「お料理が好きって言ったじゃない」

 

そう言いながらアーシャは搾り袋を使って器用に生地を鉄板に流していきます。

 

 

「手首痛いって言ってませんでした?」

 

(あ!)

 

「いたた…これカルノがやってくれません?」

 

「…」

 

アーシャはお菓子作りに夢中になり、設定を忘れていたようです。

 

 

 

そして紆余曲折を経て、美味しそうなダックワーズが完成しました。

 

カルノの精霊

「今回はカルノも手伝ってくれたからお菓子を分けてあげる!」

 

 

「いや、いいです」

 

「それ口癖なのね?」

 

「毒なんか入ってないわよ?一緒に作ったから分かるでしょ?」

 

「そういう訳では…」

 

「いたたた…!手首が痛い!」

 

アーシャはわざとらしさを通り越して、もはや脅迫になりつつある演技でカルノを困らせます。

 

これにはたまらずカルノもため息を吐きました。

 

「いただきます…ありがとうございます」

 

 

「パベルは食べないの?いつもすぐ食べるのに」

 

「えっ!」

突然話を振られたパベルは言葉を返すことができませんでした。

 

 

「はいこれ…」

そう言ってできたてのダックワーズをパベルに差し出すアーシャでしたが、カルノはその手をパッと握りました。

 

 

「ちょっと…人の分まで…」

 

「喉が渇いたので飲み物を頼む」

 

アーシャの言葉を遮るようにカルノはパベルに言いました。

 

 

「はい!!分かりました!!」

 

飲み物を持ってくるように言われたパベルはダッシュで厨房を出ていきました。

 

 

 

「姫様…彼に酷いことをするのはやめてあげてください」

 

「なんで?これ美味しいのに?」

 

 

「そういう話ではありません」

「姫様は私の精霊を知らないようなので言いますが…」

 

 

「知ってます、死の精霊ですよね?」

 

ズバリ言い当てたアーシャの言葉を聞いたカルノは、すぐに次の言葉が出て来ませんでした。

 

 

そして「ご存じでしたか…」と小さな声で呟きます。

 

カルノの背景が紫色の花で彩られました。

 

(この色…一体なんだろ?)

 

(驚き?)

 

(奇跡…?)

 

 

「有名じゃないですか、帝国民で知らない人がいるんですか?」

 

「いや…皆は普通俺のことを…」

 

 

(人間ってのは本当に…生きてたって大したことできないのになんで死を恐れるんだ?)

 

(しかもカルノと契約しているのは死の精霊なんかじゃないぞ?)

 

 

(えっ!?)

感覚の大精霊であるフェーヴは、カルノの精霊が死の精霊であることを否定しました。

 

 

ここまでが、ピッコマ漫画「悪役皇女様はお菓子の家に住みたい」28話のネタバレあらすじとなります。

スポンサー

ピッコマ漫画「悪役皇女様はお菓子の家に住みたい」28話の感想や見どころ

「悪役皇女様はお菓子の家に住みたい」28話の感想です。

 

まさかあのカルノ・ノイシュテッターと一緒にお菓子を作る日が来るなんて思ってもいませんでした…

泡立て器を持ち、凛と立つカルノの表情はいい味が出ていました!

 

しかし、今回はパベルにとって気の毒な回になりましたね…

終始カルノに怯えるパベルが少し可哀想に思えてきました…

 

そして、カルノの契約精霊は死の精霊ということが分かりましたが、なぜ恐れられているのかがはっきりしましたね。

 

 

フェーヴは死の精霊ではないと言いましたが、果たしてカルノの精霊の真実の能力は一体なんなのでしょうか?

 

気になりますね!

 

 

「悪役皇女様はお菓子の家に住みたい」29話が待ち遠しいです!

 

\全話あらすじはこちら/
「悪役皇女様はお菓子の家に住みたい」
全話あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「悪役皇女様はお菓子の家に住みたい」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー