お兄ちゃんたちに気をつけて!|14話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」13話のおさらいからです。

エルンスト夫人がアリナやハリにあげていたあめは、アリナの痛みを和らげるために使っていた麻薬でした。

そのことをユージンは知っていたので、ハリから必死に取り上げていたのでした。

 

ユージンがあのあめが麻薬なのに、なぜハリにもあげたのかと聞くと、エルンスト夫人はあれは普通のあめだと言い張りました。

ユージンは少しは自分たちの事も…と思っていましたが、まだ傷の癒えないエルンスト夫人の事をどうすればいいのかと考えていました。

 

\全話あらすじはこちら/
「お兄ちゃんたちに気をつけて!」あらすじリスト

 

それでは、ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」14話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」14話ネタバレあらすじ

絶対に忘れない

「なにやってるの?」

キャベルはユージンに問いかけました。ユージンは”アリナのあめ”が入れてある入れ物を持っていました。

 

ユージンは咄嗟に片付ける為だと答えました。

ユージンはアリナのあめを何とか見つけ出しましたが、エルンスト夫人はまたハリにあめをあげてしまう、このままではダメだと思っていました。

エルンスト公爵に忘れなさいと言われましたが、ユージンは忘れることはできませんでした。

 

以前、街へハリの薬を買いにみんなで行った時のこと。

エルンスト夫人に言われて、ユージンとハリは2人で薬を取りに行きました。

手を繋ぐように言われ繋いで歩いていましたが、ユージンはハリも気まずいだろうなと感じていました。

 

そしてあの時ユージンは、

「元いた場所に帰りたいか」

とハリに聞きました。

もちろんと返事したハリでしたが、それは元の大人の時間に戻りたいと返事をしていたのでした。

 

ですが、ユージンが聞いたのは、エルンスト家に来る前の元いた場所のことでした。

ハリがもちろんと答えたので、ユージンは帰りたいのは当たり前だと思いました。

そしてそれなら、いっそのことハリを帰してやろうと考え、手を離しハリを置きざりにしてしまったのでした。

 

初めから捨ててやろうと思っていたわけではなかったようです。

俺は間違ってない…

最初からこうすればよかったんだ

ハリから離れたユージンはそう自分に言い聞かせていました。

 

ですが…

 

本当に…?

俺は一体何を…?

 

ユージンはハリの一言で正当化しようとした自分は最低だと、その場に座り込んで泣き崩れました。

でも…ハリだってこれくらい覚悟してたはずだ

飢えから救ってやったじゃないか

暖かい部屋だって与えてやった

だから相応の代償は覚悟すべき…

色んな感情が入り混じって、そんな風に考えてしまう自分にはっと我に返り、ハリは勝手にアリナの代わりにされ、被害者はハリの方だとユージンは思ったのです。

 

ユージンは自分を偽り、頼れる長男のふりをしながらずっと大切なことから逃げていたことに気づきました。

そしてハリを連れ戻しにいこうと、手を離してしまった場所へ戻ったのでした。

ユージンはおんぶして自分の背中で眠ったハリに、何度もごめんとつぶやきます。

 

初めての感情に何度も戸惑ってしまい、一度は手を離してしまったけれど、取り戻すことができたこの日を死ぬまで絶対に忘れないだろうと思いました。

 

 

…とここまでで、ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」14話のネタバレあらすじは終わりです。

スポンサー

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」14話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」14話では、今回もユージンの回想シーンでした。

ユージンが1度ハリを捨てたと思っていた時のことは、ユージンの気持ちではハリの事を思ってそうした部分もあったようですね…。

エルンスト夫人がまたハリにあめをあげて、次こそは麻薬を口にしてしまうかもしれないし、兄弟やユージン自身もハリに強く当たってしまうし、ハリは元の場所に戻りたいと言っているなら、そうした方がハリの為にはいいと考えたのですね。

長男と言ってもまだ子どものユージンは、アリナの死後から家族のためにと、たくさんの問題を背負いすぎていて、それもまた可哀想なことだな…と感じました。

 

1度読んだお話を別の視点から書いてくれるのは、あの時のユージンの気持ちはこうだったなどと分かることができて、いいなと思います。

 

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」15話もとても気になります。

 

\全話あらすじはこちら/
「お兄ちゃんたちに気をつけて!」あらすじリスト

 

 

最後に

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー