お兄ちゃんたちに気をつけて!|52話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」51話のおさらいからです。

ハリはダイス殿下と宮殿で何度かあっており、かなり親密な仲となっていました。

また、ある日のダイス殿下とハリのお茶会では、ダイス殿下がハリにプロポーズをしますが、ハリに断られてしまいます。しかしユージンは事実を知らず、”ダイス殿下とハリの噂”であると思っています。

この認識に違いが、今後のユージンとハリの仲に少しずつ変化をもたらします。

以上、「お兄ちゃんたちに気をつけて!」51話のおさらいでした。

 

\全話あらすじはこちら/
「お兄ちゃんたちに気をつけて!」
あらすじリスト

 

では、ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」52話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」52話ネタバレあらすじ

ユージンの違和感

”たまにハリをとても遠くに感じる時があった”

”しかしこれは長い間離れ離れになっていたせいであって時期に良くなるだろうと思っていた”

 

執務室でハリの護衛であるエダン卿が、ユージンに護衛結果の報告をしています。

「報告は以上です」

「分かったもう下がれ」

 

”久々に家で過ごせる日なのになぜだか疲れる”

気分転換にハリに会おうとユージンは庭園に向かいます。

 

”そういえばダイスがハリを妃候補に検討中だとか。どうせでたらめだろうが…”

ハリは成長し、外交活動を始めてから、あっという間に注目の的となるのでした。

”たとえエルンストでなくても成長したハリの姿は人々を魅了するのに申し分ない”

”それが記憶の中にある幼いころの姿とはあまりにも違っていて…”

スポンサー

ダイス殿下との会談

ユージンは、ダイス殿下とティーブレイクをしています。

「…今なんと?」

「あ…いや…だからまだこれは正式な話ではなく…

求婚とはいえ、私も冗談半分だったし何よりハリ譲にすでに断られ…」

 

”プロポーズをしただって?それも…ハリに?”

ユージンはダイス殿下の言葉にひどく動揺しています。

 

「あ…公爵?これはもう終わった話だからどうか誤解しないように…」

”なぜこんなにも心がざわついているのだろうか?”

”これは矛盾している。俺がこんな感情を抱いてはいけない”

”何より…この感情を誰にも悟られてはならない”

 

ダイス殿下とのティーブレイクを切り上げたユージンは帰路へ着く中…

「きゃっ」

目の前で女性がよろけて転んでしまいましたが、ユージンはこれをスルーします。

「大丈夫ですか?レディ」

「…いっそ次からは私めがけて転んでみては?」

「これでも私は困っているレディーを見捨てることは出来ない性分ですので」

とローウェンは女性に提案し、手を差し伸べますが

「なんですって…あなた今私に同情してるの?」と怒り出してしまいます。

 

そのままローウェンと女性を放置して外まで歩いていくユージンに、ローウェンが声をかけます

「ちょっとあまりにも冷たすぎるのではありませんか?ただでさえ評判が良くないのに…」

「だからなんだ」

「ハリ譲のように扱えとは言いませんが、せめて彼女たちを泣かせるようなことはしないでください!」

「くだらないことをいってないでお前ももう家に帰れ」

「え…?あの…もしや私のことは馬車に乗せてくださらないのですか?」

「俺も帰るからお前も好きにしろ」

「あんまりですぅ~」

深夜に帰宅すると…

どうやら今日は早く寝たようだ

深夜に帰宅したユージンはエルンスト邸の中を見渡して一息つきます。

 

”とりあえず顔を合わせずに済んでよかった…”

屋敷の中を移動する際、ユージンはハリが廊下の椅子に座って寝ていいる事に気付きます。

 

…ハリ

”以前なら抱っこしてベッドまで運んでやったが…”

”今は無理だ”

 

ユージンはハリに手の伸ばしますが、直前で思いとどまってしまいます。

”いつしか目の前の人に手を差し伸べるのが難しくなってしまった”

 

しかし、自分の想いが勝りユージンはハリの頬に触れます。

すると…

 

「ん…兄さん…?」

ハリが目を覚ましました。

 

”耳の翔のささやかれた声が彼の心臓を風るわせたと同時に、心臓に貫くような痛みを一緒にやってきた”

 

「いつ帰ってきたの?」

”この胸の痛みはなんだ…”

とユージンは自身の感情に困惑しています。

 

「…ついさっき帰ったところだ。それよりなぜここで寝ていた?」

「なんだか部屋が息苦しくて…それで外に出たらここで寝ちゃったみたい」

「こんなところで寝たら風を引く、早く部屋に戻って寝ろ」

「兄さんも早く休んでね」

 

ハリが自室に戻った後、ユージンは一人で自分の気持ちに向き合います。

”あの時、俺はどんな顔をしていたか それすら思い出せない”

”自然とこみあげてくる感情を強引に、静めるのに精一杯でもはや疲れ果ててしまった”

 

「…なんてザマだ」

 

”彼女が笑えば無償にうれしくて、そばにいてくれるだけでも世界がすべて輝いて見えるような…あの気持ち”

”あの気持ちは…彼女に妹として抱いていた感情ではなかったというのか…?”

”…いや何よりも二度とその手を放さないと決めたじゃないか”

 

「それでもダメだ…」

と独り言をつぶやくユージン。

 

以上、ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」52話のネタバレあらすじでした。

スポンサー

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」52話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」52話では、ユージンの気持ちがたくさん描写されていました。

また噂であった”ダイス殿下がハリを妃候補に検討している”が事実であることが判明して、衝撃を受けています。

どうやらユージンは、ハリに対して家族愛ではない、何か別の感情を抱えているようです。

これは。ユージンの心境の変化とハリの今後が気になりますね。

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」53話も楽しみです。

 

\全話あらすじはこちら/
「お兄ちゃんたちに気をつけて!」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー