お兄ちゃんたちに気をつけて!|57話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」56話のおさらいからです。

ラベンダー・コルディスからの招待を受けて、ハリは護衛のエダンと共にラベンダー邸のお茶会に参加しました。

ハリはラベンダー・コルディスからの罵倒とも言える悪口を正面からぶつけられましたが

毅然とした態度で次のように言い放ちます。

「私は別にあなたに認めてもらおうとは考えていませんし。その必要も感じません。だって私はハリ・エルンストだもの」

この言葉に面食らって、ラベンダー・コルディスは茫然としてしまいます。

以上、「お兄ちゃんたちに気をつけて!」56話のおさらいでした。

 

\全話あらすじはこちら/
「お兄ちゃんたちに気をつけて!」
あらすじリスト

 

では、ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」57話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」57話ネタバレあらすじ

ラベンダー・コルディスとの決着

「あなたは自分がどれだけ素晴らしい人物だとお思いなのですか?」

ハリは茫然としているラベンダー・コルディスに畳みかけます。

「身の程をわきまえなさい。ラベンダー・コルディス」

とハリは、コルディスへ向けて冷たい表情で言い放ち、退出します。

 

ガチャ(ハリが扉を開ける音)

 

残されたラベンダーは怒りの表情を浮かべて、自身の爪を噛みます。

そして、退出したハリの後を追います。

 

バンッ(扉を強く開け放つ音)

 

「待ちなさい。あなたは侯爵様についてどれだけ知っているの?」

とラベンダーは自身あり気に、ハリへ問いかけます。

「今、私の目の前にいる彼が一体誰なのかも知っているの?

 知らないわよね?だってあの人はあんたには何もかも隠しているもの!」

 

「ねぇユージン・エルンストが今までいったい何人殺したと思う?

 シューマッハ、アデルガール、レノルド。ここ数年で断絶した家門が一体いくつになるのか知ってる?」

 

「一体なぜそうなったか考えた?彼は見せしめをするかのように女子供も容赦なく全員殺したのよ?

 ほら、今あんたの隣にいる彼に聞いてみなさいよ。あんたは先頭にたって自分の家族を殺した人でなしなのかって!」

 

「そうでしょ?エダン・シューマッハ」

ラベンダーの大暴露によって、エダンが暗い表情を浮かべます。

 

「果たしてあんたが彼のすべてを知ってもそばに居続けられるかしら?

 彼が犯したおぞましい悪事を聞いても今のように笑いながら彼の顔を眺めていられるか見物だわ!」

ラベンダーは得意げに語りますが、ハリは冷静に応えます。

 

「それで?」

ビクッ(ラベンダーがハリに怯える)

 

「それがなんだっていうの?たとえあなたの言葉が全て事実だとしても私には関係ない

 だって私にとって彼は… ただのユージンだもの。それだけは私が死ぬまで変わらない」

ハリは毅然とした表情でラベンダーに反撃をして、その場を後にします。

スポンサー

エダンの正体

「…何もお聞きになられないのですか?」

エダンはハリへ問いかけます。

「なら、あなたが私に話たいことを話して」

とハリが口にするとエダンは少し間を開けてから自身の生い立ちについて語り始めます。

 

「私の本当名はエダン・シューマッハといいます。死んだシューマッハ伯爵の私生児で人並の待遇は受けられませんでした。

 腹が減ったら下水をもらって飲み、真冬でも物置小屋で寝なければならず…」

 

「しかし偶然にも剣の素質があるということが判明したおかげで待遇が少しよくなったものの

 それでもずっと人として扱ってもらったことはありませんでした」

 

「そんな中、エルンスト侯爵様に出会い、シューマッハ一族を破門させる計画に関わるチャンスをくださいました。

 私は躊躇わずにその計画に乗りました。その結果、自分の父親をこの手で殺めたのです」

 

「もし、この話を聞いて私の護衛がお気に召さないのであれば侯爵様に仰っていただいてもかまいません」

「ビショップ卿。私は護衛騎士を変えるつもりはないわ」

とハリがエダンに語り掛けます。

 

「こんなこと言うのは生意気かもしれないけれど、だけど自分をには生きる資格が無いなんて事は思わないで欲しい

 それにユージン兄さんだってあなたを信頼しているから護衛騎士にしたのでしょう?だったら私も信じるわ。」

エダンは、思わずハリから顔を逸らしてしまいます。

それでもハリは言葉を続けます。

「だから。これからもよろしくねエダン」

 

 

ユージンの本心

夕方にハリの元にユージンがやって来ました。

来てくれると思っていたわ。

「俺もお前が待っていると思ってた」

「やっぱり今日会ったことについて聞いたんだ。なら私がエダンに何を言ったのかもお見通しね」

ユージンは少し俯いて考えてから返答します。

 

「正直、お前がエダンにそのような答えを出すを期待しながら、エダンを護衛についてもらった。

 いや…俺は、過去の所業も含めてお前に受け入れてもらいたかったんだ。

 俺がどんなに悪事に手も染めていても大丈夫だとお前に言ってもらいたかったんだ。」

 

”私もうっすら予想はしてたけどわざわざ追求するつもりはなかった”

”時には闇に葬ったままの方がいい時もあるから”

 

「エダンにシューマッハを相続させる事もできたが、余裕が無くてできなかった。

 その上、他の家も取り潰しになるまで追い込んだ。どうだ?失望したか?」

ユージンは悲しそうな表情を浮かべて俯いてしまいますが、ハリはそんなユージンにハグをして励まします。

 

「これからはずっと一緒にいましょう」

”今まで何度も殺してきた心をこれ以上痛めなくてもいいように、今度は私がこの言葉をユージンに言おう”

 

「やりたいことがあるなら全部やればいい。欲しいモノがあるならそれがどんなものでも手に入れて構わない。

欲張ったっていい。諦めなくていい。これからはめいっぱい幸せになって」

 

ここまでがピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」57話ネタバレあらすじでした。

スポンサー

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」57話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」57話では、以前から、ヨハンの言葉などヒントは見え隠れしていたのですが…

ついにエダンの正体が明らかになりました。

なんとユージンが追い詰めた貴族の一員だったとは想定外で驚きを隠せません!!

今後もユージンの空白期間について、徐々に明らかになっていきそうで、今後の展開が気になります。

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」58話も楽しみです。

 

\全話あらすじはこちら/
「お兄ちゃんたちに気をつけて!」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー