お兄ちゃんたちに気をつけて!|64話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」63話のおさらいからです。

貴族会界隈で、元から人気のあったユージンですが婚約が破談となったことにより、以前にもまして女性からの問い合わせが殺到しています。ハリも外出するたびに、この対処に追われているようです。

そんな中、ハリとユージンの気持ちは、相互に向いていることに気付きつつあり、
ついに夜中のバルコニーで二人っきりの良いの雰囲気になりますが…

以上、「お兄ちゃんたちに気をつけて!」63話のおさらいでした。

 

\全話あらすじはこちら/
「お兄ちゃんたちに気をつけて!」
あらすじリスト

 

では、ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」64話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」64話ネタバレあらすじ

夜中のバルコニーで

夜中のバルコニーでハリは、ユージンに詰め寄らています。
二人の距離は、少しでも顔を動かせばキスできてしまう程、近いている中、ユージンがハリに話かけています。

「ごめん。でもお前は…」

「俺に隙を見せるべきじゃなった」

そしてユージンはハリの頭に両手を添えて、キスをします。
ハリは驚いた様子を見せますが、決して拒む態度は見せませんでした。

「不用心に使づいてくるお前を見る度…
俺がいったい何を考えていたかお前にはきっとわからない」

「なのにそんな俺に向かって”わがままになっても構わない…”なんて
そんな大胆不敵な言葉…俺がいったい何を考えているかわかったなら絶対に言えなかったはずだ」

「痛い思いはさせたくない」

そう言って、ユージンは再びハリとキスをします。
ここでハリは顔を赤らめて、目に涙を浮かべて若干の抵抗します。

「ユージン兄さ…も…もうやめて…」

「少しまえまではお前を泣かせてしまうんじゃないかと不安でたまらなかったんだが…
俺のせいで泣いているお前を見るのも…思ったより悪くないな」

「兄さん…」

「フッ。兄さん…か。まだ俺のことを兄と呼んでくれるのか?」

「言っただろ。もう後悔しても遅いと」

ユージンは優しい表情を浮かべて、再びハリにキスをします。

スポンサー

翌朝のハリは…

翌朝、ハリは昨夜のバルコニーの出来事を回想します。

…まさか機能のあれは夢だったとか?”

ハリは唇に残る感触を確かめるように、自身の唇を指でなぞります。

”…いや。夢じゃない”

コンコン(ハリの部屋の扉をノックする音)

「入っていいわよ」

「湯浴みの準備をいたします」と入室してきたメイドがハリに告げてきました。

「そうありがとう」

そこでメイドは、ハリの唇の違和感に気付き…

「あの お嬢様、唇が…軟膏も一緒にお持ちしましょうか?」と提案してきます。

ハリは内心、取り乱すものの何とか平静を装って返答します。

「い…いえ。気にしないで大丈夫だから」

その後、ハリはロビーに降りていくとヒューバートから
ユージンが4日間、エルンスト邸を開けることを聞かされます。

”むしろ良かったのかもしれない…
これでユージンがいない間、考えをまとめられる”

”だけど…やっぱり直接聞きたい…”

”もしかして、後悔してるの?
もしや、ただお酒に酔っていただけ?
機能のあの言葉って…ひょっとしてそういう意味?”

”だって急に何も言わずにいなくなるんでだもの…”

”そしたら私はどうすればいいの?”

エーリッヒとの対話

ハリはリビングでエーリッヒとユージンの婚約解消について話しています。

「一体どうなっているんだ?
兄さんが破談したと思ったら婚約者だった女性はダイス殿下と婚約を発表するなんて
お前なんか兄さんから聞いてない?」

「…ただ気にするなと言ってたわ」

「ふーん…帰ったら兄さんに色々聞こうと思っていたのに結局会えなかったし…」

と少し不貞腐れた顔でエーリッヒがつぶやくとハリは、部屋から退出してしまいます。

「…私ちょっと部屋で休むわ」

 

その後、メイドがユージンの服を運ぶ様子を見たハリは、
ユージンの服をメイドからもらい受けます。

「それってユージン兄さんの?」

「はいそうでございます。お嬢様」

「ならこっちに頂戴。私が兄さんの部屋に持っていくわ」

 

”ユージンのいない時間がこんなにも長いとは…”

”もう以前のように接することは出来ないなんて言われたらどうしよう…”

ハリはユージンの部屋に一人で入室すると、ひっそりとユージンの服のにおいを嗅ぎます。

 

そこへ不意にエーリッヒがやって来てハリに声をかけます。

「ハリ?お前…一体いつから?…」

エーリッヒは何かを察した表情でハリを見つめています。

ギリッと奥歯をかみしめて、ユージンの部屋を後にします。

「笑わせるな」

ここまでがピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」64話ネタバレあらすじでした。

スポンサー

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」64話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」64話では、ついにユージンとハリの関係に進展がありました。

今までも何度かフラグはありましたが、今回、ついにユージンとハリがキスまでたどり着きました。
また、ハリもユージンのキスを拒むことは無く、ユージン不在の間に服のにおいを嗅いでしまう程、ユージンのことを想っているのでした。

ただ、服のにおいを嗅いでいる場面をエーリッヒに見つかってしまい、エルンスト家内で一騒動が予想されます。

次回、ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」65話も楽しみです。

 

\全話あらすじはこちら/
「お兄ちゃんたちに気をつけて!」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「お兄ちゃんたちに気をつけて!」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー