ピッコマ漫画「お別れを希望します」21話ネタバレあらすじや感想

このページではピッコマ漫画「お別れを希望します」第20話の簡単なおさらいから、第21話のネタバレあらすじについてまとめています。

 

アイネの目の前に現れた女性。

その美しい顔立ちや雰囲気に、アイネは彼女がマリアだとすぐに分かりました。

マリアと会えたことに驚いた表情を見せるアイネとは逆に、マリアは悲しい表情を浮かべていました・・・

令嬢たちの陰口を聞いていたと察したアイネは、マリアを庇うように駆け寄り、噓の約束を理由にしてアイネを庭に引き離します。

 

マリアはアイネにお礼を言い、頭を下げます。

傍から見れば皇女に頭を下げさせているような状況に、アイネは慌てて頭を上げるようお願いします。

簡単に頭を下げてしまうような気弱いマリアに、アイネは大袈裟に皇女という地位の凄さ・・・そしてマリアの凄さを伝えます。

自分を気遣ってのことだと察したまマリアは、アイネの手を取り感謝を伝えます。

彼女はアイネを気に入ったようで、アイネを「宮廷に招待したい!」と言い出します。

他の男主人公との関係を考えて断ろうとするも・・・マリアの純白な笑顔に負け、宮廷に行くことになってしまうのでした。

 

それでは、ピッコマ漫画「お別れを希望します」第21話あらすじネタバレに参ります!

\その他のあらすじはこちら/
「お別れを希望します」
全話あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「お別れを希望します」21話ネタバレあらすじと感想

皇宮へ

皇宮はアイネが今まで見てきたどんな建物よりも豪華でした。

辺り一面は金箔に包まれ、床の大理石は眩しいように輝いています。

アイネは辺りの光り輝く装飾に呆気を取られながら、マリアの従者に付いていきます。

暫くすると、大きな入り口に到着します。

「他のお客様もいらしています」

と、扉を開ける従者。

アイネ「他のお客様・・・?呼ばれたのは私だけじゃなかったの?」

アイネは他にも客人がいることを不思議に思いながら、部屋の奥へと進みます。

先を進むにつれて、マリアの声が微かに聞こえてきます。

マリア「アイネ!・・・じゃなくてフォレグリーン嬢、待ってましたわ!」

椅子から立ち上がりアイネの元に駈け寄るマリア。

そのとき、アイネはもう1人の客人が——

 

アサドであることに気付きます。

スポンサー

アサドとの再会

アサドはマリアとアイネ、2人の父がきっかけでで招待されたようでした。

大公がマリア父の元に行ったらしく、その際に婚約者であるアサドのことを聞いたそうです。

それを聞いた父の進言で、アサドがこの場所に呼ばれた・・・とのことでした。

もちろんアイネとアサドの状況をマリアが知っている筈もなく、アイネは苦笑いを浮かべます。

マリアとの会話を楽しみにしていたアイネからすれば、暫く会っていなかったアサドは言ってしまえば迷惑な存在です・・・。

 

マリア「そうだ・・・2人とも、祝賀会に参加されますよね?」

マリアは二人の微妙な雰囲気に気付くこともなく、“祝賀会”の話を振ります。

アイネにとっては重要な行事、もちろんアイネは参加します。

しかし、アイネの頭にアサドの言葉がよぎります。

 

「祝賀会までそなたの決定を保留してほしい・・・ せめて、この気持ちに整理がつくまでは。」

 

彼女は頭を振ってアサドの言葉を頭から振り払い

 

アイネ「祝賀会の参加・・・ もちろんです!」

 

複雑な表情を浮かべる2人に、嬉しそうに話を進めるマリア。

なんとなくぎこちない雰囲気のまま、その日の席はお開きとなります。

アサドの真意

皇宮の出口へ向かうアイネ。

背中から「フォレグリーン嬢。」と、声が掛かります。

その瞬間、アサドがアイネを追い抜かすように目の前に現れます。

引き留めたアサドは、自分でも何がしたいか分かっていないような目をしていました。

 

アサド「・・・俺を、避けないでくれ。」

 

アサドの発言に、アイネは「ぷっ。」と笑います。

アイネは、しっかりと言葉にして“アナタに興味がない”ということを伝えます。

心は痛みますが、アサドの為を思ってのこと・・・内心溜め息をつきながら、アサドを突き放します。

ですが、アサドも引き下がりません。

アサド「すまなかった。だがこれだけは受け取ってほしい・・・ そなたの為に用意したんだ」

アイネに青色に光り輝くペンダントを渡し、先に皇宮を出ます。

 

その日の夜、アイネはベッドに横になってペンダントを見つめます。

そのペンダントには風の魔法が掛かっていました。

物に魔力を込めるのは、上級魔術師でも難しいレベルのものです。

膨大な手間と時間をかけて作ったペンダント・・・ アイネは「綺麗・・・。」とそれを見つめながら、眠りにつきます

 

ドアの陰からアイネを見つめる、視線には気付かずに。

スポンサー

ピッコマ漫画「お別れを希望します」21話の感想や見どころ

アイネとアサドはいつまでたっても進展しませんね!

見ているこっちがむずかゆくなります・・・。

あまり話の進展はありませんでした。

しかし、アサドが少しずつ、確実にアイネへの気持ちを実感している感じはしますね。

そして、最後に出てきた謎の視線・・・。

 

次回、どうなるのか!?

ピッコマ漫画「お別れを希望します」21話から感じた今後の考察

“謎の視線の正体”と“アサドとの今後について”について話そうと思います。

まず“視線”の方ですが、瞳の色が青かったですね。

シオンでほとんど確定だと思います!

アイネを“変”と言っている描写もありますし、確かめに来たのでしょうか・・・?

シオンか新キャラのどちらかになると思います!

 

次に“アサドとの今後”ですが、明るい未来はまだ見えないですね。

せめてアサドがもう少し自分の気持ちを前に出してくれればいいのですが・・・。

アイネの目的は端的に言えば「長生き」です。

少なくとも安全を確保できるまでは、色恋沙汰にはならないでしょう。

しかも、アイネ本人は結末を最後まで知りません。

個人的には結ばれてほしいですが、今のところは厳しいと思います・・・。

今後も期待ですね!

 

\その他のあらすじはこちら/
「お別れを希望します」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「お別れを希望します」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー