ピッコマ漫画「想像もできなかった令嬢の人生」35話ネタバレあらすじや感想

このページでは、ピッコマで連載されているウェブ漫画「想像もできなかった令嬢の人生」の第35話ネタバレあらすじを書いています。

スポンサー

ピッコマ漫画「想像もできなかった令嬢の人生」35話ネタバレあらすじ

目次1

それは結果的にオプィニオ皇子にとっていい影響をもたらすことになりました。

過去には、オプィニオ皇子の性格に難があると言われることも多かったのです。

しかし、最近ではそういった話も無くなってきていたのでありました。

むしろ最近の周りの評判は、以前に反してめっぽう良いものが多くなってきていたからです。

とても優しく優秀、そんな評価をされています。

そして、それは次の皇帝になるにはとても大切なことでもあります。

もし、陛下にそのつもりがなければ・・・

ピネア令嬢とロイドが結ばれてくれればよいのだけれど・・・

その頃、ドラポークス帝国の皇宮では、オプィニオ皇子の採寸が行われていました。

本当に大きくなったのねオプィニオ皇子。

自分ではあまり自覚がなく、本当にそんなに背が伸びたのかな?という程度の認識でした。

もっと背が大きくなりたいんだけど・・・。

給仕の者が部屋を去ると、オプィニオ皇子は母親に駆け寄って抱きつきました。

「お母様!」

「お母様、俺も早く聖霊と契約したいです・・・」

そう言うと、諭す様にオプィニオ皇子に向かって言います。

「もうすぐで誕生日なんだから、あとちょっと待ちなさい。」

「もう誕生日まで待ちきれません。早く誕生日になればいいのに・・・」

それを聞いた母親は、オプィニオ皇子に聞きます。

「ピネアに早く追いつきたいから?」

オプィニオ皇子は黙って、コクンと頷きました。

「ピネアととペリっクスはすでに契約しているのに、俺だけまだだから・・・」

「二人みたいに早くなりたいんです」

そう言うオプィニオ皇子を見て、オプィニオは、ピネアに負けている様な気がしているのかしら?と心配になるのでした。

「そういえば、最近ダンス頑張っているみたいね。先生が褒めていらっしゃったわよ」

そう褒めると、オプィニオ皇子は、

「ダンスは難しくて大変です。でも、ピネアと舞踏会で一緒に踊りたいから・・・」

舞踏会で子供は踊ることができないのに・・・

それを伝えることができずに、口籠ってしまいます。

「見てください!ピネアもこれで喜んでくれるでしょうか?」

そう言いながら、練習したダンスをちょっと自慢げに見せてくれます。

しかし、舞踏会で踊ることができないとも言えずに困ってしまいます。

「オプィニオは、舞踏会のパートナーにはピネア令嬢がいいの?」

そう尋ねると、オプィニオ皇子はパートナー?と、意味を理解していない様です。

「パートナーは、お父様とお母様の様にずっと一緒にいる人のことよ」

そう説明すると、なんとなく意味を理解したように嬉しそうに笑顔で

「ピネアとパートナーになりたいです!」

と言いました。

スポンサー

パートナー

「じゃあ、正式に申し込まないとね!」

そう言う母の言葉に、申し込むと言う意味を理解していません。

母が耳打ちでどう言う意味なのかを説明すると、急に不安そうな表情に変わります。

「ピネアに嫌だって言われちゃったらどうしよう・・・」

「この間もらった手紙に、新しいお友達ができたと書いてありました。」

「皇子、そんな弱気ではいけませんね。」

「いくら友達ができようと、ピネアの最初の友達は皇子なのですから」

「他の人に先を越される前に申し込まないとね。」

「オプィニオは、世界で一番かっこよくてチャーミングよ。だって私に似てるんだからw」

「もっと自信を持って。きっとピネア令嬢もお誘いを待ってくれているわ。」

そういうと、パァッと笑顔になり嬉しそうな表情に変わります。

「本当ですか?」

そう言うと

「誕生日に、オプィニオがチュってした時に笑っていたでしょう?」

「まんざらでもないってことよ。必ず、ピネア令嬢の初めてのパートナーになるのよ!」

なぜか力の入った母親から、ミッションを課せられてしまったオプィニオ皇子。

パートナー

お母様から言われた通りにやるだけでは難しそうだと思ったオプィニオ皇子は、父親にも相談することにしました。

オプィニオ皇子が訪ねていくと、嬉しそうに相談を聞いてくれました。

「ピネア令嬢にパートナーに申し込みたいって?」

「モタモタしてたら、他の男に取られてしまうかもしれないな。」

そう言う父親に、オプィニオ皇子はどうやってお母様を誘ったのか訪ねます。

「花をあげたな」

そう言う父に、どんな花をあげたのかと訪ねます。

しかし、それは教えられないと言います。

と言うのも、あげる相手に似合う花を選んだ方が良いという理由からでした。

彼女に似ている花を探してごらん、というアドバイスをもらうことができました。

そして、時は経ち・・・

誕生日まであとわずかというころ、オプィニオ皇子はまだ花を探していました。

庭にも

薬草を育てる音質にも

裏の山にも

ピネア令嬢に似合うお花が見つからない・・・

スポンサー

ピッコマ漫画「想像もできなかった令嬢の人生」35話の感想や見どころ

ピネア令嬢に似合う花を探すため、必死に探し回っているオプィニオ皇子の姿が健気でしたねw

もうぞっこんのオプィニオ皇子は、ピネア令嬢に似合うお花を見つけることができるのでしょうか?

もし見つけられたなら、どんな花に決めるのでしょうか?

気になるところです。

スポンサー