ピッコマ漫画「星武神王」14話ネタバレあらすじや感想

これは「武道を究め、最強の頂点を目指す!」16歳の少年・季星河の清々しい成長を描いた胸熱の王道ストーリー!

前回ピッコマ漫画「星武神王」13話のあらすじのおさらい

杭の前に立ち右手にためた気を拳とともに打ち出す星河。

木杭だけでなく壁にも穴をあけてしまいます。

やはり星武神訣を試したあの夜に2重天の境地に達していましたね!

その光景を見た安雪雲と梁玉。

梁玉のほうは、安雪雲に諭されても最後まで星河の実力をまだ認めようとしませんでした。

星河は徐副院長に直接指導を受け、たったの2時間でメキメキと成長していきます!

扉のことにもそろそろ触れてほしい頃。

これからのストーリー展開が気になりますね!

 

それでは今回もピッコマ漫画「星武神王」14話ネタバレあらすじ&感想を書いていきたいと思います!

\その他あらすじはこちら/
「星武神王」全話あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「星武神王」14話ネタバレあらすじ

 星河、3重天に到達!

清々しいほどの晴天の空の下。

目を閉じ意識を集中して修行に勤しむ星河。

意識の奥底では・・・

真っ暗な空間にひびが入り、大きく割れてしまいました。

星河はゆっくりと目を開けます。

双星交合

青い気の塊と黄色の気の塊が両肩の上に浮いています。

これは、星武神訣によれば3重天に到達する際に現れる現象です。

しかし徐副院長の話では3重天に達するには、少なくとも12年はかかるはずでした。

星河もやはり何かがおかしいことに気づき始めたようです。

「これはあの時火の玉に打たれた後の意識の中の・・・」

「あの石碑に関係があるんだ!」

あの扉の向こう側の世界で火の玉に打たれたところでその時は終わっていたので分かりませんでしたが、どうやらあのあと石碑が目の前に現れたようですね。

(あの石碑は一体なんだろう。僕にとって有益なのかそれとも害があるのか・・・)

しばらく考え込んでいたところに誰かが屋敷の戸をノックしました。

スポンサー

 屋敷にやってきた安雪雲

星河は誰かが屋敷の戸を叩いていることに気づき急いでそちらに向かいます。

「ちょっと待ってください。今行きます」

戸を開けるとそこに待っていたのは安雪雲でした。

「あれ安・・・雪雲さん!」

「先輩って呼びなさいよ!私のほうが先輩なんですからね!」

安雪雲は星河の呼び方に頬を膨らませて可愛らしく怒っています。

「ハハそうですね。先輩どうぞ!」

星河は苦笑いを浮かべて屋敷の中へ通しました。

星河が屋敷に訪ねてきた理由を聞くと、安雪雲は星河のことをじっと見つめてきます。

(あれ?いったい何の用なんだろう?)

星河は小首を稼げていると、安雪雲がいきなり足を振り上げてきました。

何とか避けて、距離を取る星河。

「ちょっと安先輩。いきなり手を出すなんてあぶないでしょう」

「ここに来たのは君と手合わせするためよ」

どうやら安雪雲は星河の修練の成果を自分の身で確かめるために屋敷を訪れたようです。

 安雪雲と星河の手合わせ

いまいち意図がつかめていない様子の星河。

安雪雲は星河よりは早く武術を習い始めていました。

「こんなのいじめじゃないですか」

星河は抗議しました。

しかし、安雪雲は星河の抗議の声を突っぱねて、ものすごい気迫で攻撃を繰り出してきました。

星河はなんとか攻撃を受け流します。

避ける星河を追うように、安雪雲の細くてきれいな足が宙をかいていきます。

砂埃が舞って一度距離が開きました。

今回はここまでですね!

毎回良いところで終わってしまいます!

スポンサー

ピッコマ漫画「星武神王」14話の感想や見どころ

今回も気になるところはいくつかありました。

一番気になるのは石碑の下りですね。

 

まず石碑の記述について

石碑については今まで一度も言及されていなかったので、扉を開けたこと自体に意味があったのだと思ったのですが、火の玉の後に石碑が現れて、それが原因かもしれないと書いていました。

石碑に触れたなどの記述もないですし、何が書いてあったのでしょうか。

あいまいな記述なので、文字が書いてあるとかも本人も分からないのかもしれません。

星河の考えに、有益か有害かというものがありましたが、普通は有益ですよね?

だって強くなるために何らかの作用を与えていますよ?

有害の可能性ってなんでしょうか?

引っかかりますね。

 

次に石碑自体が何かについて。

石碑というくらいですから、何かを起動させるためのカギが書かれているとかでしょうか?

墓石も石碑になりますよね。

星河の中に誰かが眠っているとかでしょうか?

石碑に対して何か作用が働けば、その誰かが目覚めてさらに強くなれるみたいな感じですかね・・・

私はあまり頭が良くないので、これくらいしか思いつきません!

皆さんもぜひ考察してコメントしてみてください!

 

そして、安雪雲と星河のイベントが発生しました

”さん付け”におこる安雪雲かわいかったですね!

そこしか見てないんかい!

いくら手合わせのためと言ってもお昼間とは言え女の子が男の子のおうちに・・・

しかも突然押しかけてくるなんて!

わざわざ屋敷まで来る辺りがもう気になっている証拠ですよね。

何回か続いて恋心が芽生えていく(確信していく)のでしょうか?(恋人確定?)

でも星河だから、さらっと安雪雲の心を奪っていっちゃいそうですね!

まだ、気になる相手の領域ですからね。

次回の展開が楽しみです!

みんなで応援しましょうね!

\その他あらすじはこちら/
「星武神王」全話あらすじリスト

最後に

次回ピッコマ漫画「星武神王」15話は!

今回の続きで安雪雲と星河の本気の手合わせが見れますね!

でももしかしたら・・・手合わせの最中に星河が何かしでかすかもしれませんね。

気になる方は早く読みましょう!

 

ギャグもラブコメも盛りだくさん!疾走感あふれる王道熱血ストーリー!

様々な修練の中でいろいろな人に関わり自分を高めていく星河はきっと読む人の心を温めてくれるでしょう。

もうすでに読んだ方はもう一度!

まだ読んでいない方はぜひ一読!

皆さん、日々のしがらみは忘れて星武神王の世界にどっぷりと浸りましょう!

考察等なんでもいいのでコメントたくさんくださいね!

 

スポンサー