ピッコマ漫画「星武神王」21話ネタバレあらすじや感想

前回ピッコマ漫画「星武神王」20話のあらすじのおさらい

試練の地へ向かう一行。

道中、林鴻に修練の成果について聞かれます。

3重天に達したと曖昧に答える星河。

林鴻によると星武者は8重天から強くなるということのようなので、先はまだまだですね。

その情報源は古い書物のようで、もう焼かれて残っていないそうです。

試練の地に到着し、そこから第一試練区に向かいました。

その途中には不思議な古い柱が立ち並んでいます。

それは星柱といい星辰の力をためるための遺跡だったそうです。

その後、しばらくして梁剣が前から歩いてきました。

わざとぶつかってきてちょっかいをかけてきます。

林鴻が仲裁に入りましたが、この2人は戦うのでしょうか。

実力を証明するにはいい相手ですが、安月家の人間なのが面倒ですね。

さて、今回はお話がどう展開していくのでしょうか。

 

それではピッコマ漫画「星武神王」21話ネタバレあらすじ&感想を書いていきたいと思います。

\その他のあらすじはこちらから/
「星武神王」全話リストはこちら

スポンサー

ピッコマ漫画「星武神王」21話ネタバレあらすじ

 林鴻の隠れた実力

いきなり殴りかかってきた梁剣の拳をあっさりと止める林鴻。

「梁剣、そこまで言うなら私たちと一度正々堂々と勝負をしませんか。」

梁剣は手を振りほどこうとしましたが、力が強すぎて振りほどくことができません。

(こいつは俺より強いのか・・・)

梁剣がどのレベルなのか分かりませんが、林鴻は2重天だと言っていました。

その割には強い気がしますが、何とも言えません。

林鴻の実力を肌で感じたのか、あくまで星河との勝負だと主張します。

そして条件は1対1と完全に丸腰です。

星河はその挑戦を受けることに。

しかし、家族とはあくまで無関係の勝負だと条件を提示します。

もしこの勝負で星河が勝ったりした場合、たてついたことに対して家族を出されると星河にはどうしようもありません。

賢明な判断でしょう。

スポンサー

 星河と梁剣の一騎打ち

公正な勝負ということで、先生と生徒に証人になってもらうことになります。

「これはあくまでも生徒同士の手合わせで我々の家族には関係ありません」

林鴻がその場を仕切り、星河は褚先に許可を取りました。

天星学院では、生徒同士の勝負を認めています。

仕方ないという風に立会人を受ける褚先。

「勝負はいいが、2人とも手加減しろよ!」

梁剣はその言葉に不敵な笑みを浮かべています。

そして、勝負の話を聞きつけた生徒たちが続々と集まってきました!

安雪雲の耳にも入り、雨凝をつれて星河の元へ向かいました。

 星瞳(せいどう)の力

梁剣と星河は向かい合います。

梁剣の攻撃を避ける星河。

「俺の攻撃が全部読まれてるのか」

「梁剣、あなたの動きは遅すぎる」

これは星河の能力、星瞳の力です。

相手の動きを読むことができるようです。

ずっと避けるだけだった星河ですが、ようやく反撃に転じます!

力を込めて梁剣の腹に一発!

見事にど真ん中ストレート!もう爽快ですね・・・

読むだけでストレス発散できます!

今回はこれでおしまいですね!

スポンサー

ピッコマ漫画「星武神王」21話の感想や見どころ

梁剣は意外と呆気ないですね。

めちゃくちゃメンチ切ってきた割に星河に一発入れられちゃいました。

星瞳、便利で良い能力ですね。

詳しいことは分かりませんが、相手の動きを読めるようですね。

攻撃あたらないとかもう無敵じゃないですか。

一騎打ちを始める前、星河が褚先先生に監督をお願いするシーンがありましたよね?

この一騎打ちの挑戦を受けることについて、後悔はないかと聞いているコマがあります。

最初は普通に家柄の関係性についていっているのだと思っていました。

でも、何だか不自然な気もします。

これは何か別の意味がある気がしてならないのです。

今後の展開に引っかかってきたら面白いのになと思っています。

単純に家柄のことを言っているのかもしれませんが・・・

その家柄のことでも、星河はいつも判断を間違えないのでそこが賢いと思います。

梁玉に虐げられた時に梁玉を名指しで出さなかったところ。

今回、真っ先に家柄は関係なく自分たちの間の一騎打ちだと初めに承諾させたこと。

これは梁玉への牽制にもなります。

それに梁剣は武道家らしくまっすぐに受け止めましたね。

これが梁玉だったら面倒なことになりそうですが、梁剣は意外と誠実なのかもしれません。

梁玉も言うほど悪役ではないですけどね!

 

そして、もう一つ気になることが。

林鴻です。梁剣の最初の一撃を片手で止めていました。

梁剣は自分より強いと直感で感じ取っていましたが、本当に2重天ですか?

あの腕に宿っている何かがとても強い力を持っているのでしょうが・・・

その力に触れられたくない割に結構まとめ役のような感じで表に出てきているのが気になります。

 

梁剣が星河の一撃を受けたところで終わってしまいましたが、もう少しだけ粘って2人の激闘を見たいです。

でも星河が勝利するのでしょうね。

こうも名入りのキャラクターがあまり活躍しないと何かある気がしてなりません。

というか何かあるでしょう確実に!

早く続きが読みたいです!

\その他のあらすじはこちらから/
「星武神王」全話リストはこちら

最後に

次回ピッコマ漫画「星武神王」22話は!

まだ梁剣は本気ではなかったようです!

もう少し熱い戦いが見れそうですね!

次回も楽しみです!

 

ギャグもラブコメも盛りだくさん!疾走感あふれる王道熱血ストーリー!

様々な修練の中でいろいろな人に関わり自分を高めていく星河はきっと読む人の心を温めてくれるでしょう。

もうすでに読んだ方はもう一度!

まだ読んでいない方はぜひ一読!

試練日編突入の星武神王!星河無双の激熱バトルを楽しみましょう!

スポンサー