逃亡フィアンセを調教する道|124話125話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「逃亡フィアンセを調教する道」123話のおさらいからです。

 

「逃亡フィアンセを調教する道」123話では、久しぶりに、怜と澪が2人の時間を持つことができました。

ところが、怜に命じられ護衛をしていた男2人組の邪魔が、入ってしまいます。

結局、子供たちのいる雲龍湖へと向かうことになりました。

屋敷へ着くと、子供たちには会えましたが、怜の主治医である中村医師も同席しています。

怜や咲月の容態に何かあったのでしょうか。

\全話あらすじはこちら/
「逃亡フィアンセを調教する道」
あらすじリスト

それでは、「逃亡フィアンセを調教する道」124話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」124話ネタバレあらすじ

 

突然、咲月が泣き始めました。

澪がどうしたのか尋ねると、首を振って言いました。

 

「お父さんとお母さんに、会いたかったの!」

 

寂しかったのか、なかなか泣き止んでくれそうにありません。

怜に話をつけて、明日には帰れるように手配すると約束を交わします。

しかし、樹輝が反対してきました。

 

「咲月も俺も、ここを離れてはいけないんだ!」

 

樹輝の真剣な表情に、澪は咲月に尋ねました。

 

「どうしてここにいなきゃならないの?」

 

咲月は、何か知っているのかはぐらかして、外に行きたいだけだと告げました。

澪は、今から行こうと誘いますが、咲月の意思を聞く前に、樹輝が顔をしかめて反対しました。

湖の近くは風も強いという理由で、強引に咲月の手を引っ張ります。

 

「咲月、行っておいで!お母さんも後で一緒に行くから!」

「わかった~外で待ってるね!」

 

樹輝は、怒ってそっぽを向いてしまいました。

澪は、樹輝をなだめて言いました。

 

「怒らないの。まだ子供なんだから、そんな険しい顔しないで!」

「俺は、みんなと違うから!」

「うん、そうね・・・幼いころから苦労を掛けて子供でいられなかったのね。」

「母さんこれ以上自分を責めないでよ!父さんと母さんが一緒にいる限り、俺はずっと幸せなんだ!」

 

澪は、樹輝が落ち着いたのを見て、湖へと向かいました。

しかし、咲月は見当たりません。

しばらく探していると咲月の声が聞こえました。

 

声のした方へ急いで行ってみると、咲月が明日をする向いてうずくまっていました。

 

ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」124話のネタバレあらすじはここまでです。

ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」125話ネタバレあらすじ

咲月が、膝にけがをしてうずくまっていました。

しばらく痛がっていましたが、急に様態が悪くなってしまいます。

 

「急げ!」

 

咲月は、担架で屋敷の救急室に運ばれてしまいます。

澪は、咲月が白血病だと知りません。

 

「これは、一体どういうこと?」

 

別荘の中に病院があるなんて誰も思わないでしょう。

澪は、何が何だかわからず、呆然と立ち尽くしてしまいました。

すると、突然後ろから怜に声をかけられます。

 

「これは何?この人たちは、咲月を助けてくれているの?」

「咲月は、膝を怪我しただけよ!なのになんでこんな大騒ぎになっているの?」

 

怜は、澪を落ち着かせるために、体調が割るだけだと説明します。

中村医師も、その話に口裏を合わせました。

 

「咲月ちゃんの免疫に異常が見つかりまして、少々厄介な病気ですが、薬で治療することができます。3から5年ほどかかりますが・・・」

 

それを聞いた澪は、自分が側にいると訴えますが、中村医師に止められ、怜にも樹輝と休むように言われてしまいました。

澪が部屋を出ていったあと、部屋に残った怜は、医師に本当のことを尋ねます。

帰ってきた答えは、予想通り悲惨なもの。

 

「きちんと生着しなかったのか、再発の兆しが見られます。ジョージ先生に来てもらうべきかと」

「ならばすぐに呼んで来い!咲月には最先端の治療を受けさせる!万が一のことがあれば、お前をこの世から葬ってやる」

 

怜は、中村医師の胸ぐらをつかんで怒鳴りました。

 

翌日ー

 

澪は、近くのスーパーへ怜の側近の高松を連れてやってきました。

治療食を自分で作ると言い張り、食材を集めます。

澪は気づいていませんが、近くをうろついている黒スーツの不審な男の姿が。

それに気づいた高松が、澪に逃げるように言いました。

 

黒スーツの男は、一体誰なのでしょうか。

澪を付け回すのなら、西園寺家のものか佐久間の関係者当たりが妥当でしょうね。

とても楽しみです。

 

ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」125話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」124話125話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」124話125話の感想と見どころです。

 

怜の方が調子が悪そうにしていましたが、咲月の方が急を要する事態になってしまいました。

この話を読んだとき、咲月の様態が悪いから外へ出さなかったと解釈したのですが、そうではないのかもしれません。

咲月が悲惨な状態だということを知ったのは、中村医師に尋ねてから。

ということは、やはり子供たちを別の何かから守っているのかもしれません。

 

澪にも護衛をつけていましたし、最後の黒服の男も気になります。

円満だった4人家族は、これから一体どうなってしまうのでしょうか。

外に出ないようにといった樹輝は責任を感じてしまいそうですね。

 

とても面白い展開になってきています。

これからの盛り上がりが楽しみですね。

 

それでは、ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」126話は・・・

 

黒服スーツの正体がわかるかもしれませんね。

クライマックスに向かっているような盛り上がり。

気になりすぎて、眠れなくなりそうです。

 

 

それでは、ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」126話もお楽しみに♪

 

 

\全話あらすじはこちら/
「逃亡フィアンセを調教する道」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc n何か知っているのでしょうか

スポンサー