逃亡フィアンセを調教する道|133話134話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「逃亡フィアンセを調教する道」132話のおさらいからです。

 

「逃亡フィアンセを調教する道」132話では、怜が、澪を追いかけて翔の家までやってきていました。

澪は、いつまでも愛人として束縛しようとする彼に、思わず冷たく突っぱねてしまいます。

しかし、彼が見せたのは、今まで見たこともないような悲しい表情。

ー俺から離れないでくれ

怜の気持ちは伝わったとは思いますが、澪の気持ちは、もう決まっているでしょうね。

\全話あらすじはこちら/
「逃亡フィアンセを調教する道」
あらすじリスト

それでは、「逃亡フィアンセを調教する道」133話134話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」133話ネタバレあらすじ

澪は、怜に連れられ、高嶺邸に戻ってきました。

ベッドに押し倒され、服を脱がされてしまいました。

 

怜、明日はあなたの結婚式よ?

私たちは、これで最後・・・

だったら、最後くらい思う存分愛し合ってもいいわよね・・・

 

澪は、怜のもとを離れる覚悟を決めていたようです。

本当は、怜の気持ちも理解していたのでしょう。

澪が思っているほど怜の想いは浅くはないと思いますが、そのあたりはまだはっきりとわかりませんね。

 

「澪、ずっと俺のそばにいてくれるんだよな?」

「うん・・・」

 

澪は、頬を赤らめてうなずきました。

 

嘘をついてごめんなさい。

ベッドの上でかわす言葉は信じちゃダメなのよ・・・

私はあなたの愛人にはなれないの

 

次の日、怜の結婚式が開かれました。

もちろん式には、澪の姿はありません。

澪どころか、来賓の一人もいませんでした。

 

「怜、どういうこと?こんな結婚式あんまりだわ」

「もし無事に結婚したいなら黙っとけ!」

 

怜は、ごみを見るような目で睨み返します。

 

「どうせ、柊澪のためなんでしょ?どうして彼女にかまうの?お腹の子供のために仕方なくなんでしょう?」

「でも、どうしようもないじゃない!親は選べないわ」

 

そこへ、吉田さんがやってきます。

 

「旦那様、柊さんたちがいなくなってしまいました。親子で一緒に家を出たのかもしれません」

 

怜は、西園寺を残し、家を飛び出しました。

 

 

ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」133話のネタバレあらすじはここまでです。

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」134話ネタバレあらすじ

西園寺綾は、高嶺邸に取り残されてしまいました。

 

今日は私たちの結婚式よ・・・

それなのに私をそっちのけで、柊澪を探しに行くなんて

 

澪への不満が日ごとに積もっていますね。

西園寺は、澪のことを逆恨みし、奥歯をかみしめ、怜が帰ってくるのを待っていました。

部屋のドアがノックされ、怜が帰ってきたのかと思い、声を掛けました。

ドアを開けて入ってきたのは、怜ではなく、かつての愛人。

颯という青髪のひょろっとした男。

 

「彩さん、ようやく見つけましたよ」

「颯?どうして、私に近づかないでって言ったわよね。遠くに行く資金も渡したじゃない!」

「でも、やっぱりあなたからは離れられません。僕の気持ちは知っているでしょう?」

「それに、高嶺がどんな人物かわかっているんですか?裏社会の人間ですよ?」

 

颯という男は、西園寺の手を取り言いました。

 

「あなたも、僕たちの子供も、命を懸けて守ります!高嶺夫人の地位が欲しいのなら、柊澪を殺しますよ」

 

一方、澪は高嶺邸を離れ、母が用意した家に移ってきました。

 

「実はこれ、南さんの家なの」

「南さんて身寄りのないおじいちゃんでしょ?どうしてこんな家持ってるの」

 

母は、何かを隠すようにそっぽを向いてしまいました。

側にいた樹輝に袖口を引っ張られました。

 

「父さんが、西園寺さんと結婚するから離れないといけないの?父さんは、俺たちのことどうでもよくなったの?」

 

澪は、樹輝の問いに言葉を詰まらせます。

そういえば、雲龍湖で療養中の咲月は、どうなるのでしょうね。

どっちにしても、怜が探しに来るなら関係ないかもしれませんが・・・

 

ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」134話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」133話134話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」133話134話の感想と見どころです。

 

やはり、西園寺綾は何か隠しているようです。

西園寺の愛人の颯という男が出てきました。

「僕たちの子供」とはっきり言っているので、西園寺は嘘をついているということになりますね。

怜は、このことを知っているのでしょうか。

下手に出ると、澪に被害が及びそうだからというのは考えそうなことです。

 

怜が裏社会の人間だと聞いた西園寺は、焦った様子で、「あの事がばれる」と言っていました。

あの事とは、いったい何なのでしょうか。

裏社会とかかわりがあるということは、もしかすると、澪の父親と何か関係があるかもしれません。

まだ、残っている謎はそれしかないですよね?

 

一方、澪は、高嶺邸を出て、母が用意してくれた家へ移りました。

南さんの家と言ってますが、南さんは、お母さんの庭の手入れの仕事の手伝いをしているおじいさんです。

彼はいったい何者なのでしょうか。

 

まだまだ、気になるところは盛りだくさん!

これからの展開に、注目していきましょう!

 

さて、ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」135話は・・・

 

西園寺綾の愛人の颯が澪と接触するのが先か、怜が探し出すのが先か。

物語も、もうクライマックスに近づいているような気がしますね。

きっと怜は、守ってくれはずです。

二人が結ばれる日が、楽しみですね。

 

 

ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」135話はお楽しみに♪

\全話あらすじはこちら/
「逃亡フィアンセを調教する道」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー