逃亡フィアンセを調教する道|56話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「逃亡フィアンセを調教する道」55話のおさらいからです。

高嶺社長に押し倒され、思わず泣いてしまう澪は高嶺社長に思わず無理やりはヤらないって言ったのにと思わず言ってしまいます。

その言葉に我を取り戻した高嶺社長は澪から離れ、部屋を出ようとします。

 

その時、高嶺社長の携帯電話に1本の電話が鳴ります。

その電話は佐久間大和について調べていた部下からでした。

その内容を聞いた後、泣き続ける澪の髪を優しくなぜ「子供たちは俺が面倒を見る」と言い残し部屋を出ます。

 

高嶺社長は澪に執着し危険に曝していたこと、高嶺社長の母親と同じでなく自分を顧みず愛する存在を守ろうとする人がいるということを思い、夜空の中歩くのでした。

 

\全話あらすじはこちら/
「逃亡フィアンセを調教する道」
あらすじリスト

 

それでは、「逃亡フィアンセを調教する道」56話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」56話ネタバレあらすじ

咲月の病状

高嶺社長は澪の部屋を出た後、そのまま咲月のいる病院へ向かいます。

 

咲月の担当であろう女医は

「高嶺様咲月ちゃんの血液に異常が見つかりました」

と高嶺社長に伝えます。

 

高嶺社長は

「原因はなんですか」と返します。

 

それに対し、

「詳しくは精密検査をする必要があります」

「血液の疾患なら輸血が必要になるでしょう。治療もかなり難しくなります」

 

そして、女医は神妙な顔つきで

「ご家族に連絡した方がいいかと・・・」

と報告をします。

 

高嶺社長はカルテを目にしながら

「分かりました」

「子供のことを頼みます」

と女医に伝えます。

 

そのあと、高嶺社長は咲月の病室に顔をだします。

咲月はぬいぐるみを抱きしめながらベットから上半身を起こし、不安そうな顔をしながら高嶺社長に質問をします。

「お父さん、なんで咲月注射しなきゃダメなの?」

 

高嶺社長は咲月に

「怖いのか?」

と尋ねます。

 

咲月は

「うん・・・」

「お母さんはどうして来てくれないの?」

と尋ねます。

 

咲月はしょんぼりとした寂しそうな顔で

「咲月が・・・病気だから・・・嫌われたのかなぁ?」

とつぶやきます。

 

高嶺社長は表情を変えない様にし

「君のお母さんは今どうしても手が放せない用事があるんだ」

「でも彼女は利益のために子供を見捨てたりはしないから安心しろ」

と伝えます。

 

それを聞いた咲月は高嶺社長に

「お父さんはそんな人にあったことあるの?」

と不思議そうに返します。

 

それを聞いた高嶺社長は過去を思い出してしまいます。

 

男性が嬉しそうなにやけた顔で幼少であろう高嶺社長に

「たった数百万で自分の子供を売ったのか?」

と話している場面が頭の中で再生されます。

 

咲月は今にも泣きそうな不安そうな顔で

「お父さんも私たちのこといつか見捨てちゃう・・・?」

と言います。

 

それを聞いた高嶺社長は咲月を優しく抱きしめ、

「そんなわけないだろ!」

と強く答えるのでした。

 

それを聞いた咲月は不安の表情が少し緩みます。

スポンサー

澪を迎えに来た大和

とある日、晴れた街の中澪は自宅マンション前で大和が車で迎えに来ます。

 

澪は大和に

「一体どこへ行くつもり?」

と尋ねます。

 

大和は一言

「手続きだ」と答えます。

 

澪は心の底から嫌そうな顔で、

「・・・何の?」と返します。

 

それに対し、大和は澪の左腕を引っ張り澪を無理やり車に乗せようとし、

「結婚に決まってるだろう。早く行くぞ!」

と即します。

 

大和の側近の二人の男性が澪を車に乗せようとし、澪は大声で

「はい!?ちょっとそれ犯罪でしょ!」

と叫びます。

 

建物の曲り道から

「澪!?」と澪を呼ぶ声が聞こえます。

 

その声の主は澪の友人、香織でした。

香織はちょうど澪が二人の男性に無理やり車に乗せようとしている場面を目撃し、

「あんた誰!?私の友達をどこへ連れて行く気なの!」

と叫びます。

 

澪が振り向き香織の方をみて

「香織!」と叫びます。

澪を無理やり乗せた車は香織を無視し、大和は

「出せ!」と運転する部下に命令をします。

 

香織は発進しようとする車へ向かい

「待ちなさい!澪を返して!あんたたちなんか怖くないわよ!」

と叫びます。

車中で

発進する車内で澪は青ざめた顔をします。

(どうしよう・・・香織は彼らがどんなやつか知らないわ・・・)

(彼女まで巻き込むわけにはいかない!)

澪は自分の安全より、友人である香織の心配をするのでした。

 

「逃亡フィアンセを調教する道」56話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」56話の感想や見どころ

今回「逃亡フィアンセを調教する道」56話は咲月の診察結果からはじまりました。

血液の病気の可能性があり、そのせいで高熱が続いていたようです。

澪に会えない寂しそうな咲月の様子がせつなくなる回です。

またその様子を見た高嶺社長が咲月を抱きしめる場面では高嶺社長の優しさを感じました。

咲月も高嶺社長を本当の父親と知らないとはいえ、安心して甘えられる存在であるのがよくわかります。

また、大和は決めたらすぐに行動する性格なのか、それとも少しでも早く籍を入れる事情があるのかいきなり結婚の手続きをすると言い出します。

かなり強引です。

たまたまなのか現れた、香織によって見つかってしまいます。

少し前の話でもかなり香織は友達おもいな性格のようなので、これをきっかけにまた話の展開が変わりそうです。

強引な大和が、香織になにをするかわからないといった風に香織の心配をする澪は、どう動くのでしょうか?

次回、「逃亡フィアンセを調教する道」57話をお楽しみに!

 

 

\全話あらすじはこちら/
「逃亡フィアンセを調教する道」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「逃亡フィアンセを調教する道」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー