野獣のような皇太子に愛されすぎてる|15話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

このページでは「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第14話のあらすじおさらいと第15話ネタバレあらすじをご紹介しています。

♡「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」14話あらすじおさらいからです!

 

皇太子は入浴中のはずでした。

皇太子の入浴中に、数名の内官が部屋に、入って行きました。

 

その部屋に入って見ると武巳が一人、剣を持ち真顔で立っていたのです。

そして生きている者は、彼以外に誰もいなかったのでした…。

 

♡ここまでが、ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」14話あらすじのおさらいでした!

 

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

 

♡それではさっそく「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第15話ネタバレあらすじ参りましょう。

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」15話ネタバレあらすじ

武巳の言い訳

「許可もしないのに、俺の身体に触れたからだ。」

と、ついこの前言っていたのに!またやったのか!

 

江は倒れそうになりながら、皇太子にたずねます。

「こ…皇太子様…死体は…?」

「殺してねー。」

 

「…はい?」

「だから…殺してなんかねぇ~て」

 

「それではなぜそんなに、機嫌がいいのですか?」

「…悪いか?」

 

「いや別に…」

 

皇太子は江の言葉を聞き終わると、少し考えてたずねます。

「…柳宰相は仕事が、忙しいのか?」

 

ああ。教育担当者選出の為、行宮全体が慌ただしいです。」

「おそらく今日からは、食事を取る時間もないと、思います。」

 

「…ほう…」

皇太子は何かきちんと聞いているのか、解らない様な返事をします。

 

江は昨日の御前会議で、皇太子がお願いしたと言う、軍人の福祉の話しを直接聞きました。

その場に居た人たちも柳 忠と江も、本当に皇太子本人の考えなのかと思っていたのです。

 

皇太子は、おう…と短いですがハッキリと、答えました。

しかし江はどうしても信じられず、宰相である自分の父がなにか、失態を冒したのかと思いました。

 

父親への復讐の為にわざと、忙しくしているのではないかと、思っていたのです。

 

いやそんなはずはない!

獣の様なこの人が、こんなに回りくどいことを、する訳がない!

 

江はそんな風に、思うのでした。

スポンサー

福祉…?復讐…?報復…?

作戦を考えるだと?誰かをハメる為に?…切り裂くならまだしも、こんなこと…

「おう」

 

「!私の父に復讐する為に!それでわざと忙しくさせたのですか?」

「父は何をしたのですか?」

 

「いや、そうっちじゃねー。福祉の方だ。」

 

江はもう一度聞きます。

「福祉…?復讐でも…報復でもなく…本当に軍人の福祉の為にですか?」

 

「ああ、そうだ。福祉だ。」

そして皇太子はニタリとして、また信じられない事を言います。

 

「それと柳宰相の事は、好きになったぞ。これからは、仲良くしようと思う。」

「へーそうですか…」

 

十分に気を付ける様に、父上に言わないとな…

と江は本当に思いました。

 

そして一番大事な事を言いました。

昼食の時間に兄弟が宮に来るので、席を外したい胸を皇太子に話します。

 

すると皇太子はこんな風に言います。

「お前の弟は、山に草むしりに、行ったんだろ?」

「あの、皇太子様…三男は草むしりに、行ったのではなく、薬草のですね採取に山に行ったんです。」

「それとこれから宮に来るのは、三男ではなくて、末っ子の妹です。」

 

「…ああ、12年ぶりに目を覚ましたと、言っていた妹か?」

「はい!私の申し上げた事を、記憶しているとは、珍しい事もありますねぇ。」

 

「耳にタコが出来る位に聞いたぞ。」

 

「そうでしたか?失礼しました。」

江が言った言葉も無視して、皇太子が話しを続けます。

 

「…妹も淑女になったか?」

「はい!もう17ですから…花蓮が目を覚ましてからというもの、わが県はお祝いムードです!」

 

「もうすぐ祝祭も開催するそうだな…」

「はい!こんなにめでたい事はありません!今朝も食材の準備で、汗だくになってしまいました。」

 

「汗臭かったのは、それでか…」

「出勤前に入浴してきたんですが…」

 

そでのあたりの匂いを、嗅いでいる江を見ながら、皇太子は言います。

「入浴していないと思った…」

 

皇太子様は嗅覚も獣並みなんだな…

皇太子の機嫌が良いうちに…

皇太子の機嫌が良いうちに、青龍宮の装飾をしてしまおうと、思う江でした。

 

今が時だ…寝床を触らなければ、大丈夫だろう…

早急に供造署長に、手紙をしたためました。

 

 獣のおもな領域である所の、3階は手を触れずに、静かに装飾をお願い致します。

そして獣が起きる気配が、少しでもしたらすぐに、私達を呼んで下さい。

注意事項

上の事項を破って起きる惨事については、護衛隊は責任を取りかねます。

ご了承ください。

護衛隊長 柳 江              

 

と書きすぐに門番に、届けさせました。

するとすぐに返事が来ました。

 

ご協力心より感謝します。

獣が眠りについた確認が出来れば、すぐに動きます。

今一度徹底して確認をお願い致します。

麻酔薬を同封します。

念の為お使いになる事をおすすめいたします。

供造署長

 

「いいよな…これで…」

 

取り合えず、ようやく青龍宮の装飾が出来る様です・・・

 

 

♡ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」15話ネタバレあらすじでした!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」15話の感想や見どころ

こちらでは「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」15話感想や見どころを、書いていきます!

 

こんにちは!

 

皇太子の話しを、少ししたいと思います。

皇太子はただ傍若無人な、人かと思っていました。

 

でも羽流の木の話しで、羽流の木でタバコのパイプを、作った事を話しています。

とても繊細な面も、あるのだと思いました。

 

この部分は、ネタバレあらすじの所では、入れません。

是非漫画で読んで頂きたい所なので、申し訳ありません。

 

もしかしたら…です。

軍人に対する福祉の話は、花蓮に会いたいからでなくて、本当に軍人の事を思ってなのかも知れないです。

 

皇太子の生い立ちなど、明らかになっていません。

これからいろいろなエピソードが、でてくるかもしれませんね。

 

今後の「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」も楽しみです!

 

♡ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」15話感想や見どころでした!

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」16話へ向けて

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」16話へ向けて、個人的考察を書いていきます!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

 

皇太子が御前会議で提案したことが原因で、柳 忠は軍人教育の担当選出の為忙しいのでした。

 

家にも帰れないほど忙しくなってしまい、花蓮が食事や着替えを持って、柳 忠に持っていきます…

 

青龍宮に行く事が出来のでしょうか…?

 

本日はここまでにしたいと思います。

 

くわしくはピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」15話16話をお読み下さい!

 

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、人気上昇中宮殿ロマンスファンタジーです!

 

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、第1話~第5話までは無料で読めます!

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第6話以降も”待てば0¥”で読んでいただけま

す!

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は毎週土曜日掲載です!

 

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー