野獣のような皇太子に愛されすぎてる|16話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

このページでは「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第15話のあらすじおさらいと第16話ネタバレあらすじをご紹介しています。

 

♡「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」15話あらすじおさらいからです!

 

この頃なぜか解らないですが、機嫌が良い皇太子でした。

江は皇太子の宮である青龍宮の装飾を、するのは今しかないと思い動きます。

 

今が時だ…寝床を触らなければ、大丈夫だろう…

早急に供造署長に、手紙をしたためました。

 

「いいよな…これで…」

 

取り合えず、ようやく青龍宮の装飾が出来る様です・・・

 

 

♡ここまでが、ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」15話あらすじのおさらいでした!

 

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

 

♡それではさっそく「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第16話ネタバレあらすじ参りましょう。

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」16話ネタバレあらすじ

海…冴えわたる直感

今日から忙しい父 柳 忠の為に、花蓮が行宮に着替えと食事を届けます。

 

「こちらが旦那様の下着で、こちらは重箱です。馬車の後ろに乗せますから…。」

「で…4人分の重箱を準備させてのは、なぜですか?他の人に分けるつもりでは、ないですよね?」

 

鋭い所をついてくる海です。

「こっ…江お兄様が…ご一緒に召し上がるかも、知れないでしょう?」

 

「そうなんですが~怪しいんですねぇ~」

 

海の感の良さに花蓮は、どきどきしてしまいます。

実は誰か違う人に食べさせる為に、重箱を4個準備したからです。

 

緊張の為に裳裾を、触っていました。

それを海にきずかれて、しまいます。

 

「裳裾に汚れでも、付いているのですか?さっきから触ってる見たいですが…。」

「しゅわしゅわになってる、じゃないですか~?」

 

「そう…シワ伸ばせるかと思って…」

どうして海って…こんなに感が冴えているのかしら…

 

海は花蓮の裳裾を撫でる様にしながら、手では伸ばせないので、今日はそのまま出かける様に言います。

シワになっている所さえなければ、完璧なのにと言いながら、海は花蓮の全体を見ました。

 

「お嬢様…なんでこんなに、美しいのでしょう!」

と笑顔で言いつつ、次はきつく言います。

 

「宮に行ったら、絶対に被衣を脱がないで下さい!そしてお坊ちゃまに、ピッタリくっついて下さい!」

「美味しい物をあげると、誰かに言われても、ついて行ってはダメですよ!」

 

「同じ事を20回くらい言ってるわ…私は子供じゃないのよ…」

花蓮のこんな話しを聞いて、まだ20回しか言ってないですかと、驚いた様に言います。

 

そしてまた再び、迎えに来る柳 忠に、くっついている様に言います。

花蓮は少し嘘を付いた為、後ろめたい気持ちに、なりました。

スポンサー

宮中の獣の噂

海のしつこいほどの話しを聞き終えて、宮に向かう馬車に乗り込みます。

 

花蓮は馬車の中で赤い髪の男がいる、青い屋根の建物はなんなのか、お父様に聞こうと思いました。

そう思って直ぐに考え直します。

 

どうしてそんな事を聞くのかと、言われるだろうと思いました。

そんな事を言われたら、赤い髪の金の瞳の男に会った事も、言わなくてはいけません。

 

そうしたら、大騒ぎになる事は、目に見えています。

「今日は青い屋根の宮には行けないし…聞かないでおこう…。」

 

行けるかもと思って重箱は、持って来たけどお兄様が、ずっと一緒だったら行けないわね。

 

「ん…残念ね…」

不意に口を突いて出ました。

 

えっ!残念?どうして?

まさか!あの人に合えないから⁈

 

反射的に口元に手を、持って行く花蓮でした…

別の理由…

内宮入り口に着くと、2番目の兄江が、花蓮を待っていました。

 

「お兄様!」

江は花蓮の肩に手を乗せて、寒くなかったかと、慰労します。

 

花蓮は江に外で、待って居なくても良いのにと、言いました。

すると江は真面目な顔で、言いました。

 

「宮中にはね、獣が居るんだよ…花蓮…だからけして一人で、歩き回つてはダメだよ。」

誰かが飼っているのが、逃げたのかしら…不思議だわ…」

 

江はハハハハと笑って、出会ってしまうと危ないから、一人で歩き回らないようにと言いました。

 

「お兄様。わかりました。」

そう言うと花蓮は、ニッコリと微笑みました。

 

宮中に獣が居るなんて、海に話したらびっくりして、心配するだろうから秘密にしないとね…

 

江に柳 忠の居る行宮に、案内してもらいながら、歩いて行きます。

するととても素晴らしい風景が、目には入ります。

 

花蓮はとても煌びやかなんですねと、江に言いました。

「行宮は桓帝国で、一番大切な所だからね。」

 

他国からの視察団がくれば、一番初めに確認するのも、ここだからと説明しました。

 

花蓮がお父様は良い所で、お仕事をされているんですねと、言うと江は花蓮の言葉をさえぎります。

「花蓮…騙されてはいけないよ、見た目は煌びやかだけど、中は地獄そのものなんだよ。」

 

「それは…なぜですか?」

江は行宮で一日で何人も、過労によって倒れている、外見に騙されたら大変な事になるよと話します。

 

続けて江は場所だけではなく、ここに居る人も同じなのだと言います。

そして皇太子と言わずに、皇太子の話しをします。

 

花蓮はさっき言っていた獣が、人間である事に気が付きます。

 

自分も生まれ変わる前に、獣のような人を見たことがあると、花蓮は思いました。

花蓮の顔からは笑みが消え失せます。

 

江はそんな花蓮の顔を見て、こんな風に言います。

兄は大丈夫だから心配ないよ。だからそんな顔はしないでおくれ。私が父上に怒られてしまう。」

 

花蓮は笑って見せて、密かに思います。

江お兄様。頑張ってください。

 

そうして柳 忠の居る階に、上がって行くと、柳 忠の声がします。

「花蓮!わが娘!こちらへおいで!」

 

見ると手を大きく広げている、柳 忠が居ました。

柳 忠は花蓮に暖炉前に座る様に言い、ここまで来るのに大変だっただろうと、慰労の言葉を掛けます。

 

花蓮を連れて来た江の事など、目に入らない様でした。

 

重箱を開けながら、「食事にしましよう。お兄様もご一緒にどうぞ。」言います。

柳 忠は愛する花蓮の持って来た、食事に手を付けようとします。

 

江はこのタイミングで腰を上げます。

「食べないのか?」

 

皇太子の提案した軍人の福祉の件で、自分も午後しばらく軍総部に、行かなければいけないと言います。

柳 忠はなぜお前が、行かなければいけないのかと、江に聞きます。

 

言い出しっぺの皇太子が言うだけで、動かないので具体的な事を、決めなければいけないと話します。

 

江は皇太子は福祉だと言うが、どう考えてもその様に思えないのです。

理由もなく、絶対にあんな事をしない、人なのです。

 

周りの人達は誰も気が付いていません。

 

きっと別に理由があるに違いない…

 

江と周りの人達は、そのように思うのでした。

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」16話ネタバレあらすじでした!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」16話の感想や見どころ

こんにちは!

ここではピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」16話感想や見どころを書いていきます。

 

花蓮の周りの人達の、花蓮に対する愛情の深さを、考えたいと思います。

まずは海ちゃんです!

 

以前も書きましたが、花蓮に対する愛情の為、予知夢まで見てしまいます!

「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」16話の初めでは、お弁当を4つ準備した理由を探っています。

 

結構当たっているのが、またすごいです!

 

続いて花蓮の二番目の兄、柳 江です。

とっても良いお兄さんです!

私もこんなお兄さん、欲しいです!

 

早くから入口で花蓮が、来るのを待っていました。

「僕の妹はなって可愛いんだ!!!」

心の中で叫びます。

 

最後は父 柳 忠です。

花蓮が目の前にいたら何も見えなくなります。

 

「わが娘~!おいで~!」

と言って、抱きしめます。

 

息子が居ても、もう目に入りません!

 

野獣にだけ愛されすぎてるのではなく、家族やその周りの人にも愛されすぎてる花蓮ですね!

 

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」16話感想や見どころでした!

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」17話へ向けて

ここではピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」17話へ向けての考察を書いていきます。

ここまで読んで下さり、ありがとうございます!

 

皇太子がなぜ、軍人の福祉を考えたのか?

それは誰にも、わかりません。

 

本人に聞いても、皇太子は「軍人の福祉だ!俺が考えた!」というばかりです。

別の理由があるに違いないと、思っていますが、どう考えてもわかりなせん。

 

何か特別な事があったのでしょう。

「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」16話最後のカットは、花蓮の姿で終わっています!

 

意味深です…。

 

この後が気になります!!!

 

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」17話もお楽しみに!

 

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、人気上昇中宮殿ロマンスファンタジーです!

 

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、第1話~第5話までは無料で読めます!

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第6話以降も”待てば0¥”で読んでいただけま

す!

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は毎週土曜日掲載です!

 

 

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

 

最後に

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー