野獣のような皇太子に愛されすぎてる|18話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

このページでは「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第17話のあらすじおさらいと第18話ネタバレあらすじをご紹介しています。

 

 

♡「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」17話あらすじおさらいからです!

 

一人になってしまった花蓮は、青龍宮に行って視る事にしました。

そこで素晴らし景色を見ます。

 

その景色を現実ではなく、夢ではないかと思いました。

それと同時に突然不安に襲われるのでした。

 

これが夢では有りませんように…自分が作り出した、幻想では有りませんように…

もしも幻想だとしたら…目覚める事が無い様に…

 

どうか…どうか…お願いだから…!

 

すると突然背後から、太い腕が見えました。

 

その腕に気が付き、花蓮は後ろを振り向きました…

 

 

♡ここまでが、ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」17話あらすじのおさらいでした!

 

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

 

♡それではさっそく「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第18話ネタバレあらすじ参りましょう。

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」18話ネタバレあらすじ

二人の心

花蓮の後ろにいたのは、炎の様に赤い髪の男、武巳でした。

二人は見つめ合います。

 

ふと花蓮は目をそらします。

武巳は花蓮のあごを持ち、瞳を見つめます。

 

花蓮の瞳の中に、何か映っています。

それは森と湖の様でした。

 

周りには森も湖も無いのに、瞳の中に何故森と湖が写っているのかと、不思議に思います。

 

「…なにか…?」

と言いながら、花蓮は武巳の手をほどきます。

 

「私…早く家に帰らないといけません。早く食事にしましょう!あっ、もうお食事は済ませましたか?」

花蓮の話しを聞いているのかいないのか、ジッと見つめている武巳です。

 

「あ。あの。ちょっと、離れてもらえますか」

身動きが出来ないほど近い、武巳に言いました。

 

「なんで?」

「…召し上がらないのですか?…」

 

*武巳…皇太子の名前。

スポンサー

反抗期の獣

武巳は”食う”と言うのですが、その場を動こうとしません。

花蓮がそれなら少しどいてくれないかと、言い切る前に武巳が、”いやだ!”と言いました。

 

「はい!?」

花蓮はびっくりして、声を上げます。

「嫌だと言っているんだ。」

 

…えっ!?

 

「なぜですか?」

「別に…」

 

?!?!?!

花蓮は言葉を無くします。

 

ああ。反抗期…そうだ反抗期だわ!…見た感じと違って…この人、子供の様だわ…

愛されずに大きくなったのかな?…それなら子供、相手にする感じで、いけばいいかしらね…

と花蓮は考えました。

 

武巳(皇太子)を知っている人が、聞いたらひっくり返る様な誤解です。

残念な事にその間違いを、教えてくれる人は、いませんでした。

 

武巳の頭を子供の様に、撫でる花蓮です。

なにか気分良さそうに、している武巳です。

 

「すみません。開けてもらえますか?」

花蓮は武巳に手伝って、もらおうと思います。

 

たくさん歩いて足が痛いし、重箱も重いので手伝ってもらえたら、また頭を撫でてあげると言いました。

 

武巳は重箱を持って、いそいそと戻って来てくれました。

武巳の母

花蓮は口元に野菜を持って行きました。

しかしこの前と同じ様に、”肉”と言い肉しか食べようとしない武巳でした。

 

「後で血管が詰まる事もあります…。野菜も食べて下さい。」

「肉」

 

「言いましたよね?私が毎日来たら、野菜も食べると…。」

武巳は毎日絶対に、一日も欠かさず来れるのかと、花蓮を見て言います。

 

「いいえ…。」

花蓮はひとこと言って、箸で肉をはさんで、武巳に食べさせます。

 

少しの量なら解らないだろうと、肉と一緒に野菜と摘まみ、口元に持って行きました。

本当に少しだったのに、武巳にはバレてしまいました。

 

花蓮は好き嫌いが多いと、小さい頃怒られただろうと、武巳に聞きました。

「誰が、俺を怒る?」

ニヤリとして武巳が言います。

 

花蓮は思いました。

ああ。殴ってやりたい!

 

「本当に一度も怒られなかったのですか?お母様にも?」

「当然の事だ…」

 

こんな食事の仕方をしていたら、普通は両親に怒られるはずです。

花蓮は不思議に思いました。

 

皇后と言いかけて、母親と言い直します。

武巳の母親は彼を産んで直ぐに、亡くなってしまいました。

 

武巳はその事を、表情一つ変える事なく話します。

淡々と事実だけを、言う様に話すのです。

 

その話しの内容と話しをする態度は、花蓮の心を締め付けるのでした…。

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」18話ネタバレあらすじでした!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」18話の感想や見どころ

こちらはピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」18話感想と見どころを書いていきます。

 

こんにちは!

 

とても気になっていましたが「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」18話で母親の事が出て来ました。

 

武巳の家族の事はここまでの話しで、出てきていませんでした。

それと肉しか食べない、すごい偏食ぶりが気になります。

 

花蓮の家族は沢山出て来るのに、武巳は父親は蓮皇帝です。

それ以外は出て来ません。

 

武巳の母親は彼を産むと、すぐに亡くなります。

父親の蓮皇帝は武巳をとても愛しているものの、忙しくて武巳と食事も出来なかったでしょう。

 

子供は黙っていると、好きな物しか食べないので、偏食ぎみになるのは仕方ないかもしれません。

皇太子だったらお付きの人が、いるはずですね。

 

食事中にそばにいても、「野菜も召し上がって下さい…」とは言わなかったのでしょう。

 

これは個人的な興味で、もしかしたら物語には、関係ないかもしれません。

武巳の母親は、どんな方だったのでしょうか?

 

ちょっと気になっています…。

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」18話感想や見どころでした!

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」19話へ向けて

 

こちらはピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」19話へ向けて考察を書いていきます。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

 

産まれて初めての感情に、戸惑いながらその原因が、花蓮なのだと言う事に気づきます。

 

でも産まれて初めての感情が、なんであるのかはまだ、解らない様です。

 

武巳と花蓮の関係は、どの様に展開していくのでしょうか?

 

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」19話も合わせて、お読み下さい。

 

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、人気上昇中宮殿ロマンスファンタジーです!

 

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、第1話~第5話までは無料で読めます!

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第6話以降も”待てば0¥”で読んでいただけま

す!

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は毎週土曜日掲載です!

 

 

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリト

 

最後に

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー