野獣のような皇太子に愛されすぎてる|35話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

このページでは「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第34話のあらすじおさらいと第35話ネタバレあらすじをご紹介しています。

 

「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」34話のあらすじのおさらいからです!

 

皇太子を見送った後、海の声がしました。

「お嬢さ~ま!見て下さい!!!」

 

「花蓮…帰ってきたよ…」

懐かしい声がします。

 

「想兄さま!?」

 

柳家の3番目の息子、花蓮の3番目の兄、柳 想でした。

 

・・・

 

ここまでが、ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」34話おさらいでした!

 

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

 

♡それではさっそく「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第35話ネタバレあらすじ参りましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」35話ネタバレあらすじ

柳家の三男、柳 想

「想兄さま!!」

花蓮はやっと帰って来た、三番目の兄である柳 想に駆け寄り、飛びつきます。

 

「走るんじゃないよ…怪我をする…」

想はしっかりと抱き留めて、静かに言いました。

 

「兄さま。私が目覚めて随分たつのに…。なんでこんなに、遅かったんですか?」

花蓮も想も、泣いています。

 

「もう、治ったの?…」

「うん。兄さまの妹は、もう完全に、治りましたよ。」

花蓮と想は再会を、喜び合いました。

 

妹の柳 花蓮は小さい頃から一日も、健康だった事がなく、ある日結局倒れてしまいます。

その後そんな妹の為に、三番目の兄である柳 想が、薬草を探しに行って10年になりました。

 

それは本当に苦しくて、大変な道のりでした。

ただひたすら妹を思いながら必死に、さ迷い歩いた柳 想は、今やっとその報いを受けた様でした。

 

「お兄様…泣かないで下さい…。」

 

 

しばらくすると、海の声が響きます。

「はい、そうです!そのまま…そのまま、じっとしてください!」

想の伸び放題に伸びている、髪と髭を海と花蓮とで、切っている所でした。

 

「坊ちゃん。終わりました。」

「想兄さま。本当に良く、似合いますわ!」

 

少しすると父と江が、帰って来ました。

 

父は想の頭を見て、びっくりして開いた口が、閉まりません。

「想!お前…!頭はどうしたんだ…!」

 

「あれ?お前その髪はどうしたんだ。どこかで焼いたか?」

「そんなに短く切って…そんなに外で、苦労してきたのか?」

 

想の髪を現代の男性の髪型の様に、短く切りました。

花蓮の基準では普通の髪型だと思い、とても素敵な髪型だと思っています。

 

こちらの基準で見れば、短い髪の毛で外を歩くのは、良く無いようでした。

でも花蓮にとっては、他の人がどう見ようと、どうでもいい事でした。

 

なぜなら花蓮の目には、想が誰よりも、素敵だったからでした。

 

花蓮には花蓮の事を、本当に大切に思う、三人の兄がいます。

 

柳家の長男で一番目の兄、名を柳 唱と言います。

唱は外交に長けていて、主に使節として、活動しているのでした。

 

柳家の次男で二番目の兄、名を柳 江と言います。

江は剣術と戦術に長け、戦争で大きな功績を挙げていました。

 

そして柳家の三男で三番目の兄、名を柳 想と言います。

想は医術と薬学に、長けていました。

 

この三人の兄の中で、一番良く花蓮と散歩をしたのが、柳 想でした。

実は柳 想は初めから、医学に興味があった訳では、ありませんでした。

 

ある日想と花蓮が一緒に散歩に、出かけました。

その時に末の妹が倒れた日から、妹を生かす道しか他に、思い付かなかったのでした。

 

それは父親である柳 忠だけに、話していたのでした。

スポンサー

夜市の出来事

柳家の宴が盛況のうちに終わった、三日後の週末の事でした。

 

花蓮の入宮する前に、残念な気持ちを込めて、柳家の人達が皆で夜市にやって来ました。

人形劇か行われる場所は、沢山の人がいました。

 

「わ…本当に人が、いっぱいだわ。」

「もう少し早く、着ていれば…」

 

「海。遅れたのは、お前のせいだろ!花蓮が何処でみるんだ?ここでは見えないじゃないか!」

江の話しは無視して、海は言いました。

 

「江坊ちゃん。席があるか前の方を、見て来て下さい。想坊ちゃんもです。」

「海。お前の目には、前に席がある様に、見えるのか?」

 

「だから行って見て下さいと、言っているんです。前で”私は戦場の青い狼だと言って下さい。」

「柳家の坊ちゃんだと知って、皆どいてくれますよ。」

 

「私はお嬢様が座る、座布団を買って来ます。」

花蓮は海と一緒に、行くと言いました。

 

海はそうしたいけど、江と想がいつ帰って来るか、わからないので待っていて欲しいと言います。

「お嬢様、ここで待っていて下さい。消して他に、行かないで下さい。」

 

「うん・・・」

会いたくて…

人に押されて倒れそうになった、花蓮を支えてくれる人がいました。

「支えて下さって、ありがとうございます。もう放して頂いて結構です…」

 

「俺だ…」

「まさかと思ったんです。あなただったんですね!」

 

「こんな所で会うとは…ぶつかったのが、私だとどうして、解ったんですか?」

「臭い…」

 

「ここはこんなに人が一杯なのに、臭いで私だと解ったんですか?」

武巳は他の人は何処に、行ったのかと聞かれて、海は自分が座る座布団を探しに行ったと言いました。

 

どうして人形劇に来たのかと、花蓮は聞きました。

「お前に会いた、かったからだ…」

 

見つめ合う二人を見て、周りの人達に、口付けするのかと言われていました。

花蓮があちらの方に、行こうと言うと、武巳は花蓮の手を取りその方に急ぎます。

 

到着すると、呼び止める人がいました。

「本当に、不思議だね~。」

 

「一人の運命に…二人入ってる…。」

 

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」35話ネタバレあらすじでした!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」35話の感想や見どころ

こんにちは!

こちらはピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」35話感想や見どころを書いていきます。

 

私はやつぱり最初の場面を、書きたいと思います!

柳家三男、柳 想が帰ってきました!

 

初めは仙人の様でしたが、海と花蓮の手によってとても、イケメンだと言う事がわかりましたね!

柳家の人々家族も使用人も、全ての人が花蓮を愛しています。

 

その中でも柳家の三男の柳 想は、別格なのではと、思っています。

花蓮は直ぐ上の兄である想と、良く一緒に出掛けました。

 

そんなある日いつもの様に、想と共に出かけた時に、花蓮は倒れます。

それから眠り続ける花蓮の為、薬草を探しに旅に出ました。

 

静かに「もう…治ったのか?」と涙する場面は、感動です。

 

是非ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」35話をお読み下さい。

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」35話感想や見どころでした!

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」36話へ向けて

こちらはピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」36話へ向けて少しネタバレを書いていきます。

ここまで読んで頂いて、ありがとうございます!

 

少しネタバレ注意で、よろしくお願いします!

夜市で出会った占い師のおばあさんに、一つの身体に二人の人が、入っていると花蓮は言われます。

 

ご存じの通り花蓮は、伊原 悠だった頃の記憶も、持っています。

ですからおばあさんの、言う言葉に驚きます。

 

おばあさんの話しを、聞こうとしますが・・・

 

詳しくはピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」35話と合わせて36話もお読み下さい。

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」36話へ向けて少しネタバレでした!

 

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、人気上昇中宮殿ロマンスファンタジーです!

 

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、第1話~第5話までは無料で読めます!

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は毎週土曜日掲載です!

 

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー