野獣のような皇太子に愛されすぎてる|41話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

このページでは「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第40話のあらすじおさらいと第41話ネタバレあらすじをご紹介しています。

 

「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」40話のあらすじのおさらいからです!

 

なにやらまた、嬉しそうに、にやけている武巳です。

「で、殿下。とてもうれしそうですが…何か良い事でも…」

「うん。」

 

話したくてしょうがなかった様で、江の話が終わる前に、答えている武巳でした。

それなら先に聞いて見ようと、江は聞いてみます。

 

「手にしているその…紙。何が書いてあるのですか?」

武巳は意味深げに笑い、そして言いました。

 

「恋歌」

 

ここまでが、ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」40話のあらすじおさらいでした!

 

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

♡それではさっそく「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第41話ネタバレあらすじ参りましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」41話ネタバレあらすじ

恋歌

「恋歌ですか?」

「そうだ…恋歌だ。」

 

江はもしかして贈り物のお返しに、調教師のお嬢さんから贈られた、恋歌なのかと思いました。

そしてまさかその恋歌を、自分の妹が書いたとは、知るはずもありません。

 

「殿下…それはもしかして…お嬢さんにお礼に贈られた、恋歌なのですか?」

「うん。」

 

「お嬢さんが、お好きでしたか?」

「とても喜んでいたよ。」

 

「私が何と言いましたか!女性が100いたら、100全部好きだと思いますよ!」

江はハハハと笑い良く出来ましたねと言いながら、何を贈ったのか聞きます。

 

武巳は一言「石。」と、言いました。

江はお金と石を、聞き間違えたのかと思い、聞き直します。

 

「いや。石だよ。」

「え…?いっ…石ですか?」

 

江の頭の中は道や河原に、落ちている石を、思い浮かべていました。

そしてそれを打ち消す為に、言います。

 

「あっ!ああ。宝石の原石みたいな、物ですか?」

「初めて贈る物にしては、少々やりすぎのようですが…それでどのようなものを、贈られたのですか?」

「綺麗な石だ。」

 

「えっ…綺麗な石ですか…?あの…お金を払って、そして買われたんですよね?」

江は冷や汗をかきながら、武巳に聞いてみます。

 

「いや。買った物ではないが…」

 

なに~!地べたに転がっている物を、お嬢さんに贈ったのか⁉

江は頭を抱えながら、心の中で叫んでいました。

 

もう地べたに転がっている石を、拾ってきてお嬢さんに、贈ったと思っている江です。

何とか調教師のお嬢さんを、皇太子妃にしようと思っている江は、あせって大声になりました。

 

「そんな石をお嬢さんに贈って、どうやってお嬢さんと、繋がるんですか⁈」

江はこんな事では、調教師のお嬢さんの心が、皇太子の元から離れてしまうと思いました。

 

そうしたら可愛い花蓮に、目を付けるのではないかと、考えてました。

そうなったら、大変な事ですから、また贈り物をする事を提案します。

 

「贈る物は一回で、終わる物ではないと、ご存じですよね!」

「次の贈り物は、殿下は苦労されないで、私に…」

と言い切る前に、武巳はいいました。

 

「嫌だ!」

スポンサー

贈り物の石

江は言葉を失いながらも、次の贈り物は自分を信じて、任せる様に話しました。

 

武巳はサラリといいます。

「もういい。すでにもう一つ、贈った。」

 

「はい?…贈り物をまた、したんですか?」

「うん。」

 

江はお嬢さんの様子を、聞きました。

武巳は意味深げに、ニヤリとします。

 

その様子を見て江は、お嬢さんの反応が、良かったのだと察します。

そして今回は、何を贈ったのかを、聞きました。

 

「他の石。」

武巳の言葉を聞いて、倒れそうになる江です。

 

他の石を贈ったと聞いた江は、もうパニックに、なっている様でした。

そこに武巳が、言います。

 

「ああ。それから…。礼法教育はもうするな。」

「はい?…あ…それはどう言う…」

 

武巳は礼法教育を、これ以上しない様に、言います。

教育時間も減らすよに、江に言いました。

 

もちろんそんな事は、有り得ない話です。

「これは私が、口出しできないですし…。口出ししても、だめな事です。」

 

江の立場ではどうする事も、出来ない問題でした。

それを知ってか知らぬか、武巳は自分の所に来て、説明しろと騒ぎ立てています。

 

答えられない程の圧をかけられ、答えることなく、逃げてしまいます。

 

大騒ぎしている部屋の外で、入っても宜しいですか~と、力ない声がしました。

江は入る様に、言うと何があったのかと、尋ねました。

 

少し前に皇居で盗難がありましたが、続いてまた盗難が有りました。

二つとも皇后様が生きておられる時に、蓮皇帝が贈った物です。

 

蓮皇帝はとても、大切にしていた物がなくなり、激怒していました。

「それで私達に捜査する日を、決めろって?捜査するって事か?」

 

「捜査が始まった他の建物を見ると、そうではない様です。」

「前触れもなく襲って来る様でしたが、皇太子殿下ですので、礼を守ろうと…」

 

日にちが決まったら、私に獣を誘引して、欲しいと言う事だろ…。

 

「いつでも構わないと、伝えなさい。皇太子殿下も捜索に、協力する為に宮を守っていると、一緒に伝えなさい。」

 

江はそう言って、使いの者を返しました。

海の頬を、この様にしたのは誰ですか?

「礼法教育が無くなって、こうやってお父様と一緒に、食事をする時間が出来ましたね。」

「そうだな。部屋は寒くは無いか?ちゃんと寝ているのか?」

 

柳 忠はなぜ蓮皇帝が、食事に行って来いといったのか、わかりませんでした。

しかし久しぶりに、可愛い娘の花蓮と、食事と散歩を楽しんでいました。

 

そこに花蓮を、呼ぶ声がしました。

「ここに…ここにいたのですね…!」

 

鏡 恵那が息を上げて、走ってきました。

どうやら花蓮を、あちらこちらと、探していた様です。

 

「大変です!後園へ行って下さい!早く!」

「どうしたんですか?」

 

二人は柳 忠には聞こえない様に、小声で話しています。

海に大変な事が、起きたという事でした。

詳しい事は、後園に行きながら、説明すると言う事でした。

 

花蓮と恵那は柳 忠に、丁寧に挨拶をして、後園に急ぎます。

海の荷物から盗まれた物が出て来たと言う事でした。

 

「海!」

後園に着くと海は、盗まれた物の事で、責められている所でした。

 

「お嬢様!」

海は花蓮に、しがみつきます。

 

「この子の頬を、こんな風にしたのは、誰ですか?」

 

花蓮の声は、怒りで震えている様でした…。

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」41話ネタバレあらすじでした!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」41話の感想や見どころ

こんにちは!

こちらではピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」41話感想や見どころを書いていきます。

 

石です!

問題の石は、どうやら蓮皇帝が皇后様に贈った物の様です。

 

それも花蓮が入宮前に、武巳が贈った花蓮の瞳と同じ色の、石も連皇帝が皇后様に贈った物の様です!

宮内は大変な事に、なっているようです。

 

連皇帝は大暴れしているようで、傍の人達も大変です。

先の物語の少しネタバレをしますと、この石が花蓮の所にある事で、後で大変な事になります。

 

この話は、もう少し後に事ですが…

それまでお楽しみに!

 

可愛くて綺麗な絵のピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」41話をお読み下さい。

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」41話の感想や見どころでした!

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」42話へ向けて

こちらではピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」42話へ向けて少しネタバレを書いていきます。

 

ここまで読んで頂いて、ありがとうございます!

今回も「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」42話少しネタバレ注意で、よろしくお願いします。

 

海の部屋から、無くなった物が出て来たと、大騒ぎになっていました。

花蓮は海が人の物に、手を出す様な子ではないと、知っています。

 

でも他人の物が、海の部屋から出たのは、今の所事実なのでした。

濡れ衣である事を、照明しないといけません。

 

花蓮は悠として、生きていた時より、随分強くなっている様ですね!

そんな花蓮ですが、海の冤罪を晴らす事が、できるでしょうか?

 

頑張れ!花蓮!

 

詳しくはピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」41話と合わせて42話の公開をお待ちください!

 

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、人気上昇中宮殿ロマンスファンタジーです!

 

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は毎週土曜日掲載です!

 

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー