野獣のような皇太子に愛されすぎてる|45話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

このページでは「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第44話のあらすじおさらいと第45話ネタバレあらすじをご紹介しています。

 

まずは、「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」44話のおさらいからです!

 

「ここに有る金は、どの様にして手に、入れたんだ?」

のらりくらりしていたが、隊員は恐怖に勝つことが出来ず、本当の事を言いました。

 

花蓮が池に落ちた時に、誰が花蓮を池に突き落としたのか、そこに誰がいたのかを言います。

そして誰が居たかを、黙っている様にと、お金を受け取った事を言いました。

 

ここまでが、ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」44話のあらすじおさらいでした!

 

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

それではさっそく「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第45話ネタバレあらすじ参りましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」45話ネタバレあらすじ

蓮皇帝と柳宰相の噂

何を思ったのか柳 宰相は、秘書室長に自分は誰かと、聞きました。

秘書室長は少しも悩む事なく、桓帝国の宰相様だと言います。

 

「宰相だ!宰相とはなんだ!一国の大小事を管理する、国の最高の職責ではないか!」

と宰相が大声で言います。

 

秘書室長「お分かりでしたら、お仕事をなさって下さい。」

秘書室長が言わなけれならないほど、柳宰相は本来の仕事が手に付かないようでした。

 

柳宰相が仕事に手が付かない理由は、娘の花蓮が参加している、三揀擇が気にかかるからでした。

そんな話をしていると、蓮皇帝より使いの者が、やって来ました。

 

それに気が付いた、柳宰相は追い返そうとします。

「今、私達は忙しい。また無駄口を言うならば、良い言葉を言っている間に、戻りなさい。」

皇帝の使い「あっ、その・・・陛下が・・・」

 

「なぜまた呼ぶんだ!しばらく呼ばれなくて、どうしたかと思っていたが!して欲しいと言う事は、すべ

てしたのに。今日はなんの用なんだ!」

 

皇帝の使い「さっ、宰相様。そういう事では…」

後ろから聞き覚えのある、声がしました。

 

「宰相・・・近ごろは顔を見るのが、本当に大変だね。」

蓮皇帝でした。

 

秘書室長は膝を付き、蓮皇帝に挨拶をします。

柳宰相はと言うと、適当に前に座る様に言いました。

 

蓮皇帝は柳宰相の前に座ると、自分達の歳になれば、親友とお茶を飲む余裕もとお茶の催促をします。

しかし柳宰相が何か親友だ!と言い放ちました。

 

皇太子妃問題で相当すねているようだな。

 

「今回の皇太子妃選びで、宰相に付いての話しが色々聞こえて来たんだが…」

 

蓮皇帝が宮内で、耳にした話とは、こんな話でした。

宰相が娘を嫁がせたくなくて、皇帝に闇取引を提示したと言う話しです。

 

皇帝は自分の娘の行く手を阻む、無定見な人だとひそひそと話していたのを、耳にして恥ずかしかったと

言って来ました。

 

そんな話しを聞いた柳宰相は、何処の誰がそんな事を言っているのか、私の娘とどの様に暮らそうが関係

ないではないかと怒ります。

 

怒っている柳宰相とは逆に、蓮皇帝は落ち着いて言いました。

「そんな話しをしているのは、一人や二人じゃなかったが…。」

 

理由も無く脱落させる様にしたら、皇太子妃選びの審査の公正性が、疑われないかと言うのです。

 

柳宰相の方も、考えました。

うちの花蓮は誰が見ても、最高の花嫁候補だ。

それなのに何の理由も無く、脱落したなら皇太子妃を排出する為、内閣のやつらが喜ぶに違いない。

 

しかし毎日の様に、娘が脱落する事を願う行宮官僚は、私をカレイの目で見るに違いない。

娘を愛していると噂が、広がるだけだから間違えなく、示し合わせたと思うに違いありません。

 

どうせ皇太子妃の席は決まっていると、聞いていた柳宰相です。

ですから花蓮が三揀擇まで、上がるのも良いかも、知れないと思うのでした。

 

「考えて見れば、それもそうですね。」

「50年ぶりに初めて陛下の悩みに納得しました。陛下、任せて下さい。」

 

と言う柳宰相の言葉を聞いた、蓮皇帝はとてもびっくりしていました。

「どう言う意味だ?三揀擇まで送っても良いと言うのか?」

 

蓮皇帝が来た時とは変わって、柳宰相は落ち着いています。

柳宰相は陛下のお望みなら、そうしても良いと言いました。

 

「そうこうしているうちに花蓮が、皇太子妃になったらどうするつもりだ?」

「私と皇太子の目が似ているとしたら、間違いなく花蓮を選ぶのではないのか?」

 

柳宰相はそれを聞くと、とにかく最終選択では皇太子の考えに、従って下さいと言いました。

突然考えを変えた柳宰相を、不信に思った蓮皇帝でした。

スポンサー

初揀擇と噂

蓮皇帝と柳宰相が、皇太子妃問題の話しをしていた、翌朝の事でした。

病床に伏している花蓮の所に、初揀擇に通過したと言う、通知が届きます。

 

海が届いた通知を、まだ眠っている花蓮の横で、読んでいます。

なにか不機嫌そうな、海でした。

 

しばらくして目が覚めた花蓮は、初揀擇がどうなったかを、花蓮に聞きました。

花蓮が眠っている間に、初揀擇よりも大変な事が、おきた様でした。

 

「お嬢様!今、初揀擇が問題では、有りません!」

海はとても怒っている様で、器を机に音をたてておきます。

 

海が言うには噂が、流れている様でした。

それは花蓮が、池に落ちた事件の事でした。

 

他の候補者達が花蓮は、自分一人で池に落ちたと、言っていると言うことでした。

その上教育もさぼる怠け者が、初揀擇を通過したと、明尚宮達に抗議していると言う事です。

 

海は拳を握り言いました。

「お嬢様が起きたのですから、見せつけてやりましょう!泣き叫ぶほど恥を、かかせてやりましょう!」

 

「ちょと待って!その話しを聞くと、私も初揀擇を通過したと言う事?」

「そうですよ。」

 

海の言葉を聞いて鏡 恵奈さんは、どうなったかと聞きました。

海は花蓮を落とし入れた彼女たちが、通過したのに恵那様が落ちるはずは、無いじゃないかと教えてくれました。

 

恵那は王族しか使用する事が、出来ない図書館をまたしばらく、使用出来る事を喜んでいる様でした。

 

そして恵那が言っていた事を、海は花蓮に話します。

彼女達は口裏を合わせ、花蓮を助けた隊員も口止めをして、裏金をもらっていると言う事でした。

 

真実を明らかにする為に、花蓮は海に今日から女中の宿舎に帰って、皇太子妃はすでに内定しているとこっそり言う様に言いました。

花蓮と昼間の野獣

「タン。」と音をたて、海が部屋から出て行きます。

花蓮は少し不機嫌そうに言います。

 

「もうこれからは、昼間でも思い通りに出入りするのですか?」

「本当に…どう言うつもりなのか…」

 

被っている物を取ったのは、武巳でした…

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」45話ネタバレあらすじでした!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」45話の感想や見どころ

こんにちは!

ここではピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」45話感想や見どころを書いていきます。

「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」45話の見どころは、冒頭の蓮皇帝と柳宰相です!

 

江に皇太子妃はすでに内定していると聞いて、それを信じている柳宰相です。

どうせ決まっているのだから、花蓮が最終選考まで残っても、関係ないと思っていました。

 

皇太子の考えを聞く様にと、蓮皇帝に言います。

皆さまもご存じの様に、皇太子の心を掴んでいるのは、柳宰相の娘の花蓮です!

 

江はいつも皇太子の傍にいるのに、皇太子が心惹かれている女性が、花蓮だと言う事は知りません。

 

蓮皇帝は花蓮を、気に入っている様です。

そうと分かる場面は、いくつかあります。

 

「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」45話では、皇太子が自分の目と一緒なら…言う所にあらわれていると思います!

 

詳しくはピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」45話をお読み下さい!

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」45話感想や見どころでした!

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」46話へ向けて

ここではピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」46話へ向けて少しネタバレを書いていきます。

ここまで読んで頂いて、ありがとうございます!

「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」46話は武巳と花蓮のやり取りが、ほとんどです。

 

ドキドキ、ホンワカ笑えます!

とだけ書かせて、いただきます。

 

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」46話をお楽しみに!

 

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、人気上昇中宮殿ロマンスファンタジーです!

 

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は毎週土曜日掲載です!

 

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

 

最後に

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー